ダイエット 空腹 対策


ダイエット 空腹 対策 について

metabolic_woman

なかなかダイエットできない大きな理由の一つに
「空腹感」がありますよね。

食事を減らしたり運動をしたりすれば、
どうしてもおなかが空いてしまいます。

それで、空腹感に耐える対策がいろいろありますが、
結局何をしても空腹感に耐えられず、
ダイエットをやめてしまう、なんてことを繰り返していませんか?

私はいろいろなダイエットを試してきましたが、
空腹感って本当に耐えられないですよね。

でも、空腹感のメカニズムなどがしっかりわかると、
ダイエット中の空腹対策がしっかりできるようになります。

ここでは、ダイエットの空腹対策に必要な知識を
紹介していきます。

 

そもそもダイエットとは?

 

ダイエットとは体重を減らすことですよね。

それで、体重を減らす、ということは、
体脂肪を減らす、ということになりますよね。

もちろん、筋肉や骨が減っても体重は減りますが、
そんなことはほとんどの方が望んでいないと思います。

体脂肪を減らすには、
体脂肪を燃やしてエネルギーに変える必要がありますね。

 

ここでは、
ダイエットとは体脂肪を燃やしてエネルギーに変えること
ということにします。

 

体脂肪が燃えるメカニズム

 

人間は、食べたものをエネルギーに変えることで
動いたり体を維持したりしていますよね。

そこで、まず食べたものをエネルギーに変える
メカニズムについて説明していきます。

 

まず、食べた物は胃や腸で消化吸収されます。

消化吸収された食べ物は血液によって肝臓に送られます。

そして、血液中の食べ物(主に炭水化物)がブドウ糖に変わり
細胞に送られエネルギーとして使われます。

 

もし、ブドウ糖があまった場合は肝臓などに蓄えられますが、
蓄えるスペースがなくなるとブドウ糖を脂肪に変えて、
体内に蓄えておきます。

ですから、必要以上に炭水化物などを食べると、
あまった物は体脂肪として蓄えられるので太ってしまうわけですね。

 

逆に血液中のブドウ糖が不足した場合、
肝臓などに蓄えられたブドウ糖をエネルギーに変えます。

それでもまだブドウ糖が不足すると、
体脂肪をエネルギーに変えていきます。

 

つまり、血液中のブドウ糖が不足し、
体内に蓄えられたブドウ糖がなくなって初めて、
体脂肪をエネルギーに変えていくのです

 

空腹感を感じるメカニズム

 

空腹感を感じるのは、
「栄養が不足しているから何かを食べて栄養を補給してください。」
と脳がサインを出しているからです。

具体的にどうなったら空腹感を感じるのかと言いますと、

・血液中のブドウ糖の量が少ない時(血糖値が低い時)
・その他栄養が不足している時
・体脂肪が減っている時
・脳の温度が低い時

などです。

 

その他、脳や神経、精神の異常によって
空腹感を感じやすくなることがあります。

そういう場合は病院などで治療をすることをおススメします。

ここでは説明を省略します。

 

ダイエットで空腹を避けるのは無理!?

 

ここで今までの話をまとめます。

ダイエットとは体脂肪を減らしてエネルギーに変えることですね。

体脂肪がエネルギーに変わるときは、
血液中のブドウ糖が不足し、
肝臓に蓄えられたブドウ糖がなくなった時ですね。

そして、血液中のブドウ糖が不足した時や、
脂肪がエネルギーに変わる時に、空腹感を感じてしまうわけですね。

 

という事は、ダイエットは必ず空腹を感じてしまう、
となってしまいますよね。

 

そうです、ダイエットで空腹感を完全に避けるのは無理です。

しかし、ダイエット中に空腹感を軽減することは可能です。

 

ダイエットで空腹感を軽減するには?

 

ダイエット中の空腹対策は、
空腹になる要因を少しでも減らすことによって
空腹を軽減すること
です。

 

 

しかし、上の4つの空腹を感じる要因のうち、

・血液中のブドウ糖の量が少ない時(血糖値が低い時)
・体脂肪が減っている時

の2つは取り除くと痩せることができません。

 

ですから、残りの2つ

・その他栄養が不足している時
・脳の温度が低い時

を解消すれば、空腹感を緩和することができます。

 

まず、脳の温度を高くするために、
なるべく暖かいところで過ごすようにするといいでしょう。

脳の温度が低いと
寒さから体を守るために体脂肪をためようと働いてしまうので、
空腹信号を出してしまいます。

脂肪は断熱材のような働きをして、寒さから体を守ります。

 

そして、ダイエット中は栄養不足にならないようにしましょう。

エネルギーの元になる炭水化物や脂肪は
減らす必要はありますが(摂取量ゼロは危険)、
それ以外の栄養素が不足しないようにすれば、
空腹感を軽減することができます。

 

という事は、
低炭水化物ダイエットが空腹感を軽減するダイエットになるのか?
と考えた方もいるのではないでしょうか?

確かに低炭水化物ダイエットは、
通常の食事制限よりも空腹感を軽減できます。

ただし、低炭水化物ダイエットを実践して、
炭水化物、脂肪以外の栄養素が不足しないようにするのは、
かなり難しいと思います。

私は低炭水化物を実践したことがありますが、
炭水化物が食べたくて食べたくてしょうがなくなって
我慢できずにやめてしまったんです。

 

低炭水化物ダイエットよりもしっかり栄養が摂れて、
空腹感を軽減できるダイエット法があります。

 

それは「酵素ダイエット」です。

酵素ダイエットで使う酵素ドリンクは、
たくさんの野草や野菜などを発酵して作られています。

私は酵素ダイエットで、3ヶ月で16.7kg痩せることができました。

その時に飲んでいたのが「ベジライフ酵素液」ですが、
「ベジライフ酵素液」は90種類もの野草、野菜などを
発酵して作られています。

ですから、かなり栄養が豊富です。

 

そして、1日3食のうち1食を酵素ドリンクに置き換えることで、
摂取カロリーを減らすことができるのに
栄養を豊富に摂取することができます。

ですから、空腹感を軽減させることができるのです。

 

酵素ダイエットの口コミを見ると、
「空腹感を感じることなく痩せることができた!」
というのが多いです。

これは、酵素ドリンクで栄養を十分に摂ることが
出来ているからです。

 

空腹感をゼロにできるわけではないので、
今まで食事制限をしたことがない人にとっては
ツラく感じるかもしれません。

しかし、今まで食事制限をして栄養を減らしたことのある人が
酵素ダイエットをすると、
食事制限と比べると全然ツラくないと思えるのです。

 

酵素ダイエットは、
ダイエットで空腹対策で悩んでいるのであれば、
かなりおススメのダイエット法です。

私の酵素ダイエット体験談を参考にしていただけるとうれしいです。

 

私の酵素ダイエット体験談

 

今口コミで人気の酵素ドリンクは?
酵素ダイエット 口コミ ランキング

 





 

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*