お米食べるダイエット 方法 効果


お米食べるダイエット 方法について

a0002_010943

「ご飯を食べると痩せる!」という“お米食べるダイエット

低炭水化物ダイエットが話題になっていますが、
炭水化物の食べる量を減らすと痩せる、という考えが一般的になっていると思います。

そんな中現れたのがご飯を食べて痩せる、という
にわかに信じられないようなダイエット方法を“お米食べるダイエット”を
提唱するのが「お腹からやせる食べかた」の著者 柏原幸代さんです。

ただし、ただご飯を大量に食べると痩せる、というものではありません。

では、どのようにご飯を食べれば痩せることができるのでしょうか?

柏原幸代さんの提唱するお米食べるダイエットの
方法や効果ををまとめてみます。

 

お米食べるダイエット 方法

 

お米食べるダイエットで大切なのは、お米とおかずの食べる比率です。

お米:おかず=6:4

この比率で食べると簡単に痩せることができる、という事です。

まず、この比率だと胃腸が活発になる、という事です。

そして、この比率が代謝が良くなって一番脂肪が燃えやすくなるので
痩せやすくなる、という事です。

「お米:おかず=6:4」さえ守れば、
3時のおやつを食べても大丈夫、という事です。

白米よりかは雑穀米のほうがダイエット効果が高くなる、
という事です。

 

お米食べるダイエット 効果

 

炭水化物:たんぱく質:脂肪の割合を60:15:25にするのが、
もっともカロリーの燃焼の効果が高くなる、という事です。

お米はカロリーをものすごく燃焼させやすい食品で、
この割合で食べるとすさまじくカロリーが燃焼する、
という事です。

 

お米食べるダイエット 結果

 

タレントのエド・はるみさんがお米食べるダイエットを実践した結果、
2週間で4.6kg痩せたそうです。

元々54.4kgだった体重が49.8kgまで痩せた、という事です。

そして、体脂肪率は30.4%から22.7%になった、という事です。

 

おわりに

 

“お米食べるダイエット”は今まで言われていたことと真逆なので
私はちょっと驚いています。

炭水化物:たんぱく質:脂肪の割合を4:3:3にすると、
脂肪が分解されやすくなる、と聞いたことがありますが、
“お米食べるダイエット”の理論だと、それとは割合も違いますね。

炭水化物を抜くと健康に良いか悪いかは意見が分かれていますが、
炭水化物を食べると痩せる、というのは初耳です。

お米食べるダイエットがどこまで効果がある
ダイエット方法なのか疑問が残るところですが、
興味がある方は試しに実践してみてはいかがでしょうか?

 

お腹からやせる食べかた

新品価格
¥1,365から
(2013/8/26 11:04時点)

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*