カリウム不足 むくみ


カリウム不足 むくみ について

201312021

主要ミネラルのひとつ、カリウムが不足するとむくみやすくなります。

そして、むくみを放置するとセルライトができてしまうのです。

ではなぜカリウムが不足するとむくみやすくなるのでしょうか?

そして、なぜむくみを放置するとセルライトができてしまうのでしょうか?

また、カリウム不足を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

カリウム不足がむくみの原因になる理由とは?

 

細胞と細胞の余分な水分が
体外に排出されなくなるとむくみます。

細胞と細胞の余分な水分はリンパ液と血液によって
体外に排出されます。

しかし、体内にナトリウムが増えると、
ナトリウムの濃度を下げようとします。

それで、水分を体外に排出しなくなります。

ですから、細胞と細胞の余分な水分も
体外に排出されなくなるのです。

 

体内のナトリウムが増える原因は塩分の摂りすぎです。

 

そして、カリウムには、
ナトリウムを体外に排出する働きがあります。

つまり、塩分を適量しか摂取していなくても、
カリウムが不足するとナトリウムを体外に排出することができなくなるので、
体内にナトリウムが増えてしまうのです

ですから、カリウムが不足するとむくみやすくなってしまいます。

 

むくみの放置はセルライトの原因に!

 

「むくみを放置するとセルライトに変わる」
という事を時々耳にしませんか?

これは若干正確性に欠ける表現です。

むくみは水分なのですが、セルライトは脂肪のかたまりですね。

水分が脂肪に変わることはありえませんので、
むくみがセルライトに変わることはありません。

ただし、むくみを放置すると、
むくんだところに脂肪や老廃物などがかたまり、
セルライトができてしまうのです

 

そして、セルライトはそんなに簡単に落とすことができません。

「体重は減っているけど、なぜか脚だけは全然細くならない!」
というのを時々耳にしますね。

それは脚のむくみを放置してしまって
セルライトができてしまったことが原因の場合が多いと思います。

体脂肪を落とす事のと比べたら
セルライトを落とすほうがはるかに難しいです。

 

ですから、むくみは早めに解消したほうがいいですよ

 

むくみの原因 カリウム不足を解消するには?

 

カリウムを多く含む食品は、
アボカド、バナナ、ほうれん草、枝豆、ジャガイモ、さつまいも、
納豆、ブロッコリー、キウイフルーツ、メロン、春菊、さといも
などです。

これらの食品を意識して多めにとるようにするといいでしょう。

 

ただし、これらの食品をゆでたり煮たりすると、
カリウムが溶けだしてしまいます。

食品に含まれるカリウムのうち
約30%が溶けだすと言われています。

ですから、ゆでるのであれば、
スープなどにして煮汁を一緒に飲むようにすると良いでしょう。

 

もし、普段の食事でカリウム不足の解消が難しいという事であれば、
サプリメントを飲むのも悪くないと思います。

 

おわりに

 

脚のむくみの原因として、
同じ姿勢で長時間いることはよく言われますよね。

また、塩分の過剰摂取もむくみの原因とよく言われますよね。

でも、カリウム不足がむくみの原因だという事は、
あまり言われないと思います。

いろいろ頑張っているのになかなかむくみが解消されない、
という場合は、カリウム不足を疑ってみてはいかがでしょうか?

 

また、全身がむくんでいる場合は病気の可能性があります。

どうしてもむくみが解消できない場合は、
病院に行ったほうが良い場合もありますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*