レモン 効果 ダイエット


レモン 効果 ダイエット について

lemon-2014_640

レモンはダイエット効果が期待できる食べ物です。

レモンにはダイエット効果を期待できる成分が含まれていますが、
使い方によってはさらにダイエット効果を高めることができます。

では、レモンのダイエット効果と効果を高める使い方について
説明していきますね。

 

レモンのダイエット効果

 

レモンはビタミンCが豊富に含まれる食品として知られていますよね。

ビタミンCには抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、体のサビと言われる活性酸素を取り除く作用のことです。

活性酸素は様々な老化現象を引き起こします。

活性酸素は肌の老化を進めたり、がんの原因になることなどが
よく言われていることですよね。

それにプラス、活性酸素は細胞を傷つけますので、
代謝が下がります。

また、活性酸素のせいで血液の流れが悪くなるのですが、
これも代謝が下がる原因になります。

つまり、活性酸素が増えると、太りやすくなってしまうのです。

ビタミンCの抗酸化作用によって、
代謝が上がりますので、ダイエット効果が期待できます

 

また、レモンにはクエン酸が豊富に含まれています。

クエン酸には脂肪や糖分の燃焼を促進する働きがあります。

また血液をサラサラにするので代謝を高くします。

ですからクエン酸にはダイエット効果が期待できるのです。

 

レモンのダイエット効果を高める摂取方法

 

レモンをそのまま食べても十分なダイエット効果が期待できます。

しかし、レモンは酸っぱいのでそのままでは食べにくいと思いませんか?

そこで、レモンを絞って、炭酸水や水、お湯などに
入れて飲むといいと思います

180ccの炭酸水や水、お湯にレモン1/2(約50g)の搾り汁を
入れてかき混ぜて飲むとおいしく飲むことができると思います。

レモンの搾り汁をお湯に入れて飲むと、
体が温まるのでさらに代謝が上がることが期待できます。

また、炭酸水には代謝を高くする働きがありますので、
炭酸水に入れて飲むとさらに代謝が高くなることが期待できます。

炭酸水のダイエット効果については以前説明しましたので、
そちらを参考にしてください。

以前の記事:炭酸水ダイエットの方法と効果

 

 レモンのダイエット効果を高くする使い方

 

フライを食べるときにしょうゆやソースをかけたり、
サラダにドレッシングなどをかけたりして食べると思います。

しょうゆやソース、ドレッシングなどの代わりにレモン汁をかけると
ダイエット効果が高くなるでしょう

特にレモンを揚げ物と一緒に食べると、
揚げ物の油が体に付くのを防ぐ働きがあります。

また、ソースやしょうゆ、ドレッシングはカロリーが高いです。

ドレッシングのカロリーは種類によって低いものもありますけどね。

レモン汁はカロリーが低いので、
レモン汁をかけて食べることでカロリーを抑えることができます。

 

また、レモンを調味料のかわりに使う事で、
カロリーを抑えたりすることができますので、
上手にレモンを使うとさらにダイエット効果を高くすることができるでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*