トランス脂肪酸 オリーブオイル ダイエット


トランス脂肪酸 オリーブオイル ダイエット について

olive-oil_2733880

以前、オリーブオイルのダイエット効果について触れたことがあります。

以前の記事:オリーブオイルダイエットの効果とやり方

オリーブオイルのダイエット効果について簡単にまとめますと、

オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」が、
インスリンの分泌量を調節するので体内脂肪が付きにくくなり、
また、便秘を解消する働きがあるので、
ダイエット効果が期待できます。

また、オリーブオイルの香りは、脳の満腹中枢を刺激するので、
満腹感を感じやすくなり食べる量を減らしやすいので、
ダイエット効果が期待できるのです。

 

さて、オリーブオイルは製法によって、
トランス脂肪酸が含まれているもの、含まれないものに
分かれます。

トランス脂肪酸は心臓病などの病気になりやすいと言われています。

オリーブオイルで簡単にダイエットできたけど、
心臓病になったらシャレになりませんよね。

ではなぜトランス脂肪酸は病気になりやすいのでしょうか?

そして、トランス脂肪酸が含まれないオリーブオイルとは
どういったものなのでしょうか?

 

トランス脂肪酸の危険性

 

トランス脂肪酸を摂取すると、
血液中の善玉コレステロールが減り悪玉コレステロールが増えます。

そうなると、血管の内側に悪玉コレステロールが溜まってしまいます。

それで動脈硬化(動脈が硬くなる)になってしまうのです。

 

動脈硬化になると血管が細くなるため
心臓から血液を送り出す際に心臓に負担がかかるようになります。

それで、様々な心臓の病気になりやすくなるのです。

 

また、脳の動脈硬化も進みますので、
痴呆症や認知症になりやすくなります。

 

その他、トランス脂肪酸によって活性酸素が作り出されるので、
ガンになりやすくなります。

そして、糖尿病になる確率も高くなる、と言われています。

 

トランス脂肪酸が含まれないオリーブオイルとは?

 

植物油は、高温高圧を加えるとトランス脂肪酸ができます。

つまり、オリーブオイルを作る過程で高熱で処理されたもの、
あるいは、高圧で圧縮されたものには、
トランス脂肪酸が含まれています。

「ピュアオリーブオイル」「オリーブポマースオイル」は、
製造過程で高熱が加えられるため、
トランス脂肪酸が含まれているのです。

製造過程で高熱が加えられないのが「エクストラバージンオイル」です。

「エクストラバージンオイル」でも、
圧搾方法で遠心分離機を使っているものには、
トランス脂肪酸が含まれています。

ですから、製造過程で遠心分離機を使っていない
「エクストラバージンオイル」には、
トランス脂肪酸が含まれていない、という事になります。

遠心分離機を使っていないものは
「コールドプレス」と表記されています。

コールドプレスのエクストラバージンオイルには、
トランス脂肪酸がほとんど含まれていませんよ

 

おわりに

 

「ピュアオリーブオイル」「オリーブポマースオイル」に
含まれるトランス脂肪酸は0.5%以下のものがほとんどです。

従来はトランス脂肪酸の含有量が2%以下なら
問題ないとされていました。

しかし、アメリカでは加工食品にトランス脂肪酸を使用するのを、
原則禁止する方向にあります。

そういった方向にあることを考えると、
オリーブオイルをダイエットで使う際には、
トランス脂肪酸のことを気にしたほうがいいのではないか、
と考えました。

コールドプレスのエキストラバージンオイルは、
500mlあたりで1000円以上しますので、かなり高いですが、
もし金銭的に余裕のある方は、
コールドプレスのエキストラバージンオイルの使用を
検討してみてはいかがでしょうか?

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*