摂食障害 原因 ダイエット


摂食障害 原因 ダイエット について

a0001_017414

摂食障害とは、過食症と拒食症の2つのことです。

過食症とはおなかが満たされても食べ続けるのを
やめることができない事ですね。

そして、拒食症は全然食べることができない事ですね。

 

摂食障害の原因はまだはっきりしていませんが、
どうやらダイエットが関係しているだろう、という事がわかりつつあります。

では、摂食障害の原因がダイエットである、とされる理由について、
今現段階で分かっている範囲で説明していきます。

 

摂食障害の原因がダイエットとされる理由は?

 

摂食障害の原因はストレスである、という事はわかっています。

 

しかし、はっきりしていないのは、
ストレスがひどくなると胃が悪くなる人が多いです。

そして、胃潰瘍など胃の病気になる事が多いです。

 

それなのに摂食障害の人は
なぜか胃の病気にならないことが多いです。

うつ病になることはありますが、
胃の病気にならないことが多いのです。

 

そして、今分かっていることは、
摂食障害になる人はダイエットをしている人が多いということです。

しかも、摂食障害になる人のダイエット法は、
極度の食事制限をしている人が多いのです。

運動でダイエットをしている人で摂食障害になる人は、
ほとんどいません。

 

それで、今のところ
ダイエットでの極度な食事制限をして
食事に対しておかしな感情を持ってしまう事が
摂食障害の一つではないか、
と考えられています。

食事に対しておかしな感情とは、
食事を拒絶する感情が出たり、逆に執着心を持ったりすることです。

 

摂食障害の治療は大変!

 

摂食障害の治療はかなり大変です。

恐らく自力で摂食障害を治すのは非常に難しいと思います。

ですから、病院に行って治療をすることになると思います。

それでも治るのに何ヶ月もかかってしまう事が多いので、
非常に治療が大変なことは間違いありません

 

摂食障害になると、食に対して変な感情を持ってしまう事で悩み、
さらにストレスをためてしまうのでうつ病を併発することもあります

 

また、過食症になれば食べ過ぎで体調を崩しますし、
拒食症でも栄養不足で体調を崩してしまいます。

 

うつ病を併発したり体調を崩したりすると、
治療はさらに大変になってきますので、
ダイエットの際は拒食症にならない様にしないといけないですね。

 

摂食障害にならないためのダイエット法とは?

 

摂食障害にならないためには、
食事を減らさず運動だけで痩せるようにするといいです。

とはいっても、運動だけで痩せるのはなかなか難しいと思います。

そこで、摂食障害にならないためのポイントを説明します。

 

食事量は適切に

太る原因の多くは食べ過ぎです。

食べ過ぎは解消して食事量を適正にしましょう。

腹八分目が適正量だと思って大丈夫です。

ただ、普段から食べ過ぎの人がいきなり適正量にすると、
ストレスを感じ摂食障害になる可能性があります。

ストレスを感じない程度に徐々に食事量を適正にしていきましょう。

食事が適正量なら、自然と痩せることができますよ。

 

・食事制限は行わない

食事制限とは必要な栄養分を摂らないことです。

栄養バランスの取れた食事を必要な量は食べるようにしましょう。

 

1日3食必ず食べる

食べる習慣をきちんとつけることで、
摂食障害を防ぐことができます。

 

以上が摂食障害を防ぐポイントです。

食事は腹八分目でやめるようにすれば、
ゆっくりですが標準体重より多少重い、というところまでは
痩せることができるはずです

 

摂食障害になるとかなり大変ですから、
摂食障害にならないように普段から気を付けましょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*