猫背 影響 体重 ダイエット


猫背 影響 体重 ダイエット について

nurse_cap

猫背だと、実は太りやすくなる、というのを
知っていましたか?

猫背だと見た目があまりよくないので矯正したい、
と思っている人は多いと思います。

しかし、猫背は体重にも影響をおよぼすのです。

ではなぜ猫背だと太りやすくなるのでしょうか?

そして、猫背を簡単に矯正する方法はないのでしょうか?

 

猫背が体重に影響を与えるわけは?

 

猫背だと肺が圧迫された状態になるので呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、酸素を取り込む量が少なくなります。

脂肪を燃焼するときは酸素が必要になります。

それで、酸素が少なくなると脂肪が燃えにくくなるので、
痩せにくくなるのです

 

そして、猫背だとリンパの流れが悪くなります。

体内の老廃物はリンパによって体外に排出されます。

しかし、リンパの流れが悪くなると
老廃物を体外に排出することができなくなるので、
体内に老廃物が溜まってしまうのです。

体内に老廃物が溜まると代謝が悪くなるので、
太りやすくなります

 

そして、猫背だと脂肪燃焼にかかわる「褐色脂肪細胞」の
働きが弱くなります。

褐色脂肪細胞は、肩甲骨周辺にたくさんありますが、
猫背だと褐色脂肪細胞が刺激されにくくなるので、
働きが弱くなるのです。

それで脂肪が燃えにくくなるので、
痩せにくく太りやすい体になってしまうのです

 

猫背の原因は?

 

猫背の原因で大きいのが、普段の姿勢の悪さです。

長時間背中を丸めて座っていると、自然と猫背になってしまいます。

また、最近はパソコンやスマホなどを長時間使用することで
猫背になる人が増えています。

パソコンを使っているときは背中が丸まりやすいです。

また、スマホを使うときは背中や首を曲げている人が多いと思います。

そういった姿勢が長時間続くと猫背になってしまうのです。

 

猫背のもう一つの原因は、
背中をまっすぐにするために必要な筋肉の衰えです。

背中をまっすぐにするには背中や腰、首、肩などの筋肉で
背骨を支える必要があります。

しかし、それらの筋肉が衰えると背骨を支えることができなくなるので、
猫背になってしまうのです。

運動不足になるとそれらの筋肉が衰えやすくなるので、
猫背になりやすくなってしまうのです。

 

猫背を矯正するには?

 

猫背を矯正するには、
まず普段から姿勢を良くすることを心がけましょう

いくら猫背を矯正するために整骨院に通ったとしても、
普段の姿勢が悪いとなかなか猫背を矯正できないでしょう。

スマホは、目の位置まであげて使うといいでしょう。

パソコンはブラインドタッチができるようになったうえで、
背筋を伸ばして使うようにするといいでしょう。

 

普段の姿勢を正したうえで、猫背矯正のストレッチを行えば、
猫背改善の効果が期待できるでしょう

猫背を矯正するには、背中、腰、肩の筋肉を鍛えるのが
一番だと言われています。

背中、腰、肩の筋肉を鍛えるストレッチを紹介します。

背中・腰を鍛えるストレッチ

・ふとんなどの上にうつぶせになる
・あごと足を上にあげながらえび反りのように背中を反らせる
・すぐに元の姿勢になる
・反って戻すというのをリズムカルに10回おこなう

これを1日5セットおこなうと効果的です。

肩を鍛えるストレッチ

・両脚を肩幅くらいに広げて立つ
・駆け足をするように両ひじを曲げる
・両ひじを後ろに勢いよく5回振り上げる

これを1日5セット行うと効果的です。

これらのストレッチを1日や2日行ったところで、
猫背を改善できるわけではありません。

毎日続けることで少しずつ猫背を改善することができるでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*