体内時計を改善するとダイエット効果が!


体内時計 ダイエット効果 について

tokei

時々耳にする「体内時計」ですが、
この体内時計が狂っていると体に様々な支障が出てしまいます。

そして、太りやすくもなってしまいます。

つまり、体内時計を改善すれば痩せやすくなる、
という事になるんです。

では、体内時計とはどういったものなのでしょうか?

そして、なぜ体内時計を改善するとダイエット効果があるのでしょうか?

また、体内時計は簡単に改善できるものなのでしょうか?

 

体内時計とは?

 

人間の体には1日周期でリズムを刻む
「体内時計」というのが備わっています。

それで、意識をしていなくても
日中は心と体が活動的になり、夜は休息状態に切り替わります。

 

しかし、体内時計は若干の誤差があります。

それで、体内時計を毎日調整しないと
何日もすると大幅に狂ってきます。

 

また、体内時計の乱れは朝日を浴びることでリセットされますが、
夜に明るい光を浴びていると体が朝だと認識してしまい、
その時点でリセットされてしまいます。

携帯、スマホ、パソコン、テレビ、蛍光灯などの光で、
夜なのに、体内時計が朝の時間になってしまうのです。

 

体内時計のダイエット効果

 

体内時計が乱れると、
食欲を抑えるホルモン(レプチン)の分泌が減り、
食欲を増すホルモン(グレリン)の分泌が増えます。

つまり、体内時計の乱れによって、
たくさん食べても満腹感を感じにくくなり、また空腹感を感じやすくなるので、
食べる量が増えてしまいがちになるのです。

ですから、体内時計がくるっていると太りやすくなるわけですね。

 

それで、乱れた体内時計を改善すると、
食欲に関するホルモンが正常に分泌されるようになります。

つまり、適量の食事で満腹感を感じやすくなり、
また、空腹感が感じにくくなります。

そうなると、自然と食べる量を減らすことができるので、
ダイエット効果が期待できるのです。

 

体内時計を改善するには?

 

体内時計を改善するキーワードは、「朝日・朝食・運動」です。

 

朝起きてから朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。

また、朝食を食べることで体内時計がリセットされます。

そして、日中に体を動かすと体内時計がリセットされやすくなります。

 

また、体内時計が乱れる生活習慣を改めるようにする必要があります。

 

まず、夜は部屋の照明を明るすぎないようにしたほうがいいです。

また、寝る前は携帯、スマホ、パソコン、テレビを避けるようにしましょう。

また、寝る前はリラックスする様にして熟睡できるようにしましょう。

 

おわりに

 

以前、「熟睡ダイエット」というのを紹介しました。

以前の記事:「熟睡ダイエット」とは?

簡単に「熟睡ダイエット」のことを説明すると、
熟睡することで自律神経の乱れを改善すると
食欲を増進するホルモンが適量になったり、
成長ホルモンが増えて脂肪が燃焼されやすくなるので、
痩せやすくなる、というものです。

体内時計のリセットには自律神経が大きくかかわっています。

ですから、体内時計と睡眠は切っても切れない関係にあります。

 

体内時計が狂っていると、
どれだけダイエットを頑張ってもなかなか痩せない、
という事にもなりかねません。

逆に、体内時計を改善することで、
簡単ダイエットへとつなげていくことができますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*