日テレ 世界一受けたい授業 いとうまい子 下半身スッキリエクササイズ


日テレ 世界一受けたい授業 いとうまい子 下半身スッキリエクササイズ について

 

2013年10月12日に日本テレビで放送された「世界一受けたい授業」で、
下半身太り解消エクササイズが紹介されていましたね。

そのエクササイズで、なんと、いとうまい子さんが、
たった3週間で下半身太りを解消した、という事ですね。

では、番組で紹介されていた下半身スッキリエクササイズを
説明していきますね。

 

下半身スッキリエクササイズのポイント

 

下半身太りの原因は、
骨盤のゆがみと筋肉の衰えにあります。

それで下半身スッキリエクササイズによって、
骨盤のゆがみを矯正し、下半身の筋肉を鍛えることで、
下半身太りの解消が期待できる、という事です。

 

下半身スッキリエクササイズ 準備運動ストレッチ

 

・左足を前に出して左手を前に伸ばします。
・体を左後ろにひねります。
・右足を前に出して、右手を上にの伸ばします。
・体を右後ろにひねります。

左右60秒ずつ2セット行います。

 

内またギュー、外またギュー

 

内またギュー
・まず、骨盤の幅くらいに脚を開けて立ちます。
・両足のつま先をひねってくっつけます。
・そのまま内ももに力を入れて、両ひざの間が埋まるように近づけます。
・息を吐きながら5秒間そのままキープします。

最初は10セットから初めて徐々に回数を増やしていくといいでしょう。

 

外またギュー
・内またギューの姿勢から、かかとはそのままつま先を外側に開きます。
・内ももに力を入れながら外側に開いていきます。
・おなかに力を入れ、息を吐きながら5秒間そのままキープします。

最初は10セットから初めて徐々に回数を増やしていくといいでしょう。

 

いとうまい子さんは、1日6セット実践していた、という事ですね。

 

フラ・エクササイズ

 

・骨盤の幅に足を広げて立ちます。
・両肩は動かさず、右の骨盤を前に左の骨盤を後ろに回します。
・そのまま3秒間キープします。
・両肩は動かさず、左の骨盤を前に右の骨盤を後ろに回します。
・そのまま3秒間キープします。
・元の姿勢に戻します。
・ひざの力を軽く抜きます。
・右の骨盤を上にあげます。
・元に戻して、左の骨盤を上にあげます。

最初は10セットから初めて徐々に回数を増やしていくといいでしょう。

いとうまい子さんは、このエクササイズも1日6セット、
歯磨きをしながら、洗い物をしながら行っていた、という事ですね。

 

人からサルへ サルから人へ歩き

 

・大股で大きく腕を振りながら歩きます
・少しずつ腰を落としていき猿のように歩きます
・腰を落としきったら徐々に腰を上げていきます
・初めの姿勢に戻ります。
・今度は後ろ向きに同じように歩きます。
・後ろ向きに歩きながら徐々に腰を落としていきます。
・腰を落としきったら徐々に腰を上げていきます。
・スタートの位置に戻ります

このエクササイズを1日最低3往復行いましょう。

いとうまい子さんは1日10往復行っていたという事ですよ。

 

このエクササイズで、普段はめったに使われない
ふくらはぎの下腿三頭筋という筋肉を鍛えることができる、
ということです。

また、下半身の大きな筋肉を鍛えることによって、
全身の代謝が上がり、痩せやすくなる、という事ですよ。

 

下半身スッキリエクササイズのいとうまい子さんの結果

 

いとうまい子さんエクササイズを3週間行った結果

ウエスト:74cm⇒67cm
ヒップ:90cm⇒89cm
太もも:51cm⇒50cm

そして、お尻のCTスキャンを見ると、
お尻の筋肉が増え、脂肪が減っていたのがわかりましたね。

 

それにしても、3週間でウエストが7cmも細くなったって、
すごいですよね。

ウエストってダイエットをしてもなかなか細くならないですよね。

なのに、ウエストを大幅に細くすることができた
下半身スッキリエクササイズは、すごいと思いました。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*