マグロ ダイエット効果


マグロ ダイエット効果 について

a0002_011030

脂ののったマグロのお刺身やお寿司っておいしいですよね。

でも、脂ののっているまぐろって、なんだか太りそう、
なんて思っていませんか?

実は、マグロはダイエットにとって非常にありがたい食べ物なんです。

上手に使っていけば、簡単ダイエットにもつなげていくことができるんですよ。

では、マグロのダイエット効果について説明していきます。

 

マグロのダイエット効果

 

まず、マグロは高たんぱく低カロリーの食品です。

ホンマグロの赤身のお刺身1人前(約51g)で約60kcalです。
そして、たんぱく質が13.2g含まれています。

 

これを牛肉と比較すると、
牛肉の中でも比較的高たんぱく質低脂肪の
皮下脂肪なしの肩ロース生50gで約100kcal、たんぱく質約9g
となります。

牛肉の他の部位を比較すると、
さらにカロリーが高くなりたんぱく質は少なくなります。

 

マグロと牛肉を比較すると、
マグロがいかに高たんぱく質低カロリーという事が
わかっていただけると思います。

 

ダイエットでは、高たんぱく質低カロリーが非常に大切です。

たんぱく質が不足すると、筋肉が減りやすくなります。

そして筋肉が減ると代謝が下がるので、
太りやすい体になってしまうのです。

 

それで、高たんぱく質低カロリーのマグロは、
ダイエットにとって非常にうれしい食べ物になります。

 

また、マグロにはDHAやEPAといった栄養素が含まれています。

DHAとEPAには、脂肪が体に付くのを阻止したり、
内臓脂肪を減らしたりする働きがあります

また、DHAとEPAには、血液をサラサラにする効果がありますので、
代謝を上げて痩せやすい体になることが期待できます。

また、EPAには、満腹中枢を刺激する働きがあるので、
満腹感を得やすくなり、食べ過ぎを抑える効果が期待できます。

 

マグロのダイエット効果がなくなる調理法

 

マグロを油で揚げたり、
油をしいたフライパンで焼いたり炒めたりすると、
DHAとEPAが油に溶けだしてしまいます。

また、油を吸ってしまいますので、
太りやすい食べ物に変わってしまう可能性が高いです。

 

マグロは刺身や煮たり網焼きしたりしてして食べると、
ダイエット効果が期待できます。

 

ツナ缶で手軽にダイエット

 

マグロって高くてなかなか手が出ない、と思っていませんか?

マグロは、アジやイワシなどと比べると値段が高いですよね。

それなら、ツナ缶(シーチキン)を食べるといいでしょう。

ツナ缶は
油漬け(油とスープを一緒に漬けたもの)と水煮(スープと水で味付けしたもの)
の2種類あります。

油漬けは避け、水煮のツナ缶を食べるようにしましょう。

 

おわりに

 

プロテインの代わりに水煮のツナ缶を食べている
アスリートが少なくないそうです。

ですから、水煮のツナ缶は、
特に筋トレをしながらダイエットをしている人には
かなりおススメです。

また、たんぱく質を積極的に摂っておけば、
筋肉が落ちにくくなるので
太りやすい体になるのを防ぐことができます。

それにプラス、DHAとEPAの働きで、
ダイエット効果が期待できます。

簡単ダイエットのためにも積極的に食べたい食品です。

 

ただし、食べすぎてカロリーをたくさん取ってしまったら、
太る原因になりますので注意すべきですよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*