玄米ダイエット 痩せた 効果 方法


玄米ダイエット 痩せた 効果 方法 について

a0027_002663

白米やパンなどを玄米に変えるだけの簡単ダイエットとして
注目されているのが、玄米ダイエットですね。

しかし、残念ながら「痩せない!」という人もたくさんいます。

確かにどんなダイエット方法でも個人差がありますので、
なかには痩せない人がいて当然だ、と考える人もいるかもしれません。

しかし、方法や効果について間違った認識をしていることで、
痩せることができない、というケースも多いようです。

では、なぜ玄米ダイエットで痩せることのできる人とできない人が
出てしまうのか、検証していきます。

 

玄米ダイエットで痩せるには、効果・メカニズムを知るべき

 

まず、玄米ダイエットで痩せるためには、
玄米ダイエットの効果やメカニズムを正しく知るべきです。

 

玄米ダイエットで痩せるメカニズムは、
白米やパンを玄米に変えると、
炭水化物の吸収スピードがゆっくりになるので、
痩せやすくなる、という事になります。

白米やパンなどを食べると、
炭水化物が腸から急激に吸収されてしまいます。

炭水化物が急激に吸収されると、
血液中の糖の濃度(血糖値)が一気に上がります。

血液中の糖分はエネルギーとして使われますが、
余ったものは脂肪に変化して体内に蓄えられます。

という事は、糖の濃度が一気に上がると、
大量の糖がエネルギーに変わらないので、
大量に脂肪に変化してしまうのです。

そして、血液中の糖の濃度が下がると、
脳が空腹信号を出すので空腹感を感じます。

それで、また何かを食べてしまえば、
摂取カロリーが増えてしまい、太りやすくなります。

空腹感を我慢した場合、
血液中の糖の濃度が低くても脂肪をエネルギーに変えるので、
エネルギー不足になる、という事はありません。

ただし、脳は脂肪をエネルギー源にすることはできず、
糖分のみをエネルギー源にするため、
脳はエネルギー不足になります。

玄米は炭水化物が腸から吸収されるスピードが遅くなります。

そうなると、急激に糖の濃度が上がることはなく、
長時間糖の濃度が保たれます。

そうなると、空腹感が感じにくくなるので、
間食などを減らしやすくなる、という事にもなりますね。

 

という事は、白米を玄米にすると、
お腹が空きにくくなるので、間食が減るから痩せやすくなる
という事が言えるのです。

 

玄米ダイエットは、
糖質が脂肪に変わりにくいので痩せやすい、と
よく言われていますよね。

では、元々間食は一切せず、食事の量が変わらなかった場合は、
どうなるのでしょうか?

ここで、白米を例に出して説明します。

ご飯(白米)1膳には炭水化物が約55g含まれています。

白米を食べると、一気に血糖値が上がります。

そして、一部はエネルギーとして使われるけど、
大半は脂肪に変わります。

ここでは、炭水化物55gのうち10gがエネルギーとして使われたとします。

そうすると、45gが脂肪に変わるという事ですね。

そして血糖値が下がって空腹感を感じても何も食べなかったら、
脂肪に変わったものをエネルギーとして使います。

仮に35gの炭水化物が変化した脂肪をエネルギーに変えたとします。

そうすると、残りの10gの炭水化物から変化した脂肪が
体内に蓄積されてしまうのです。

 

これを玄米に変えた場合を検証しましょう。

炭水化物55gがゆっくり吸収されて、
脂肪に変化することなくエネルギーに変わった場合、
そして、上と同じく45gをエネルギーとして使った場合、
10gの炭水化物が余りますので脂肪に変わります。

 

つまり、白米を玄米に変えても、
運動量も炭水化物の摂取量も何も変わらなければ、
蓄積する脂肪の量は変わらない、という事になります。

 

白米だと脳のエネルギーが不足して、
エネルギー消費量が自然と減るけど、
玄米にすると脳がエネルギーを消費し続けるので、
消費エネルギーが自然と増える、
と考えることができるかもしれません。

しかし、血糖値がゼロになることは考えられないので、
脳のエネルギーが大幅に減ることは考えにくいです。

頭がぼ~とするのは、脳のエネルギーが不足しているサインです。

しかし、だからと言って脳のエネルギーがゼロになることはなく、
節約されるだけです。

体重に影響が出るほどエネルギー消費量は減らない、
と考えたほうがいいでしょう。

 

実は、玄米ダイエットはこんなに単純な話ではありません。

玄米にすると炭水化物の量が減るとか、
玄米にはビタミンやミネラルなどの栄養が含まれているとか、
ダイエットに効果的な要因はいろいろ考えられます。

しかし、実践した方々を見ると、
食事量が変わらなかった方は体重に変化がほとんどなかったので、
体重に変化が出るほど栄養素が含まれていない、
また炭水化物の量は減っていない
と考えたほうがいいと思います。

 

玄米ダイエットで痩せやすい人

 

玄米ダイエットは、長時間空腹感を感じにくいので、
間食などを減らすことができて痩せやすくなる、
という事になります。

という事は、間食や夜食を食べる人には、
かなり適している、ということができますね。

間食を夜食を食べなくてもお腹が減らなければ、
自然と食べなり、摂取カロリーが減るので痩せる、
という事になります。

また、夕食が多い方も、
昼食を玄米にすると夕食で空腹感が和らぐので、
夕食の量を減らしやすくなりますね。

 

つまり、たくさん食べないと空腹で我慢できない、
という人は、食べる量を減らしやすくなるので適している
という事が言えますね。

 

また、食べるスピードが早い人は、
満腹感を感じる前にたくさん食べてしまいがちです。

ですから、摂取カロリーが多くなりがちなので、
太りやすくなります。

それで、玄米に変えることでよく噛んで食べるようになれば、
たくさん食べる前に満腹感を感じることができるようになります。

つまり、どうしても食べるスピードを遅くできない、という人は、
白米などを玄米にすると自然とよく噛むようになるので、
食べ過ぎを防ぐことができ、痩せやすくなるということができます。

 

玄米ダイエットで痩せにくい人

 

玄米ダイエットで痩せにくい人は、
まず、すでに糖質のスピードを遅くするダイエットを
実践している人です。

食べる順番ダイエットがその典型例ですが、
炭水化物を食べる前に食物繊維を食べると
炭水化物の吸収が遅くなります。

それにプラス玄米にしたところで、
さらに吸収スピードが遅くなるとは考えづらいです。

 

また、満腹感を感じていても、
食べる量を減らさない人は痩せにくいでしょう。

 

おわりに

 

ダイエットは、栄養バランスの取れた食事を適量(腹八分目)食べ、
適切な運動をしていれば、
自然と標準体重までは体重が落ちます。

いくら、玄米を食べたからといって、
食べ過ぎを解消できなければ体重は減らないでしょう。

玄米ダイエットは、食事量を適切にするための方法だと
考えておいたほうがいいでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*