便秘は水の飲み方を変えるだけで改善される!?効果的な飲み方は?


 



水分不足は便秘の原因になる、ということを聞いたことはありませんか?

体の水分が不足すると、体内の各器官が正常に働かず、それが腸に悪影響を及ぼしてしまうので便秘になりがちだ、ということができます。

そして、水分不足になると便の水分も不足してしまい、かたくなって肛門まで送られにくくなるので便秘になりやすくなります。

 

それで、水分不足にならないようにするために、マメに水分を摂取している人が多いですよね。

ただ、その水分の摂り方を変えるだけで、便秘解消により高い効果を期待することができるんです。

また、水分不足を解消しただけでは便秘を解消できない人もいるんですが、そういう人でも水分の摂り方を変えただけでお通じの調子が良くなった、という人もいるんですよ。

 

そこで、ここでは便秘解消に効果的な水分の摂り方を紹介します。

 

便秘解消に効果的な水分の摂り方

 

便秘解消に効果的な水分の摂り方は以下の通りです。

 

 水道水よりミネラルウォーター

水道水には塩素が含まれていますね。

それで塩素には細菌を殺す働きがありますが、腸内の善玉菌を殺す作用もあるんです。

ですから、善玉菌を減らしてしまうので便秘を悪化する作用もある、ということですよ。

参考記事:水道水は便秘の原因に

ですから、水道水よりも塩素が含まれてないミネラルウォーターのほうが便秘解消に効果的だということができるでしょう。

 

 軟水より硬水

ミネラルウォーターは硬水と軟水に大きく2種類に分けることができます。

それで、多くのミネラルウォーターは軟水です。

しかし、便秘解消には硬水のほうが効果的です。

ミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムなどが含まれていますが、それらの成分は腸を刺激するので便秘解消に効果的です。

それで、カルシウムやマグネシウムは軟水よりも硬水にたくさん含まれています。

ですから、便秘解消には軟水よりも硬水のほうが効果的です。

 

 朝は冷たい水、それ以降は白湯かぬるい水

冷たい水は腸を冷やしてしまいますので、腸の調子が悪くなる原因となります。

ですから、できるだけ体温と同じくらいの温度の水を飲んだほうがいいです。

ただ、飲むときにわざわざ温度を測るのは大変だと思いますので、白湯(50℃~60℃)かぬるめの水を飲むといいですよ。

水を指で触れたときに冷たいと感じなければ、30℃以上はあるはずです。

体温と同じ温度の水に指を突っ込むと、ちょっとだけぬるい感じがします。

その感覚も参考にしながら、できるだけ体温くらいの温度の水を飲むといいでしょう。

ただし、朝起きたときには腸を強めに刺激して排便を促したほうがいいので、冷たい水を飲んだほうがいいですよ。

冷たい水のほうが腸への刺激が強くなります。

 

 水分はこまめに摂る

水分は一度に大量に摂ってしまうと、一度に大量に排出されてしまいますので、水分不足解消にあまり効果はありません。

それよりもこまめに何度も水分を摂ったほうが、水分不足を解消しやすいです。

少量の水分を何回かに分けて飲むといいでしょう。

 

 炭酸水を飲む

炭酸は腸を刺激して働きを促します。

ですから、炭酸水のほうが便秘解消には効果的です。

血液の流れも良くなりますので、そのことも腸の調子を良くする理由になりますよ。

 

これらすべてを実践するのは難しいかもしれません。

その場合は、できることから1つずつでも始めてみてはいかがでしょうか。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*