温泉 ダイエット 効果 方法


温泉 ダイエット 効果 方法 について

a0002_006556

温泉に入ると健康に良い、なんてことがよく言われますよね。

そして、入り方次第ではダイエット効果もあるんです。

温泉を上手に活用すれば、
簡単ダイエットへとつなげることが出来るんですよ。

では、なぜ温泉にはダイエット効果が期待できるのでしょうか?

そして、どのように温泉に入るとダイエット効果が高くなるのでしょうか?

 

温泉のダイエット効果とは?

 

ほとんどの温泉は、血液の流れを良くする働きがあります

 

温泉でなくても、普通の入浴でも体を温めるので、
血液の流れを良くする働きはあります。

それにプラス、温泉の成分によってさらに血流が良くなるのです。

 

日本で一番多い温泉の種類は塩化物泉ですが、
入浴後皮膚の表面に膜ができるので体温を逃がしません。

ですから、血流の良い状態が長時間続きます。

 

また、炭酸泉は血液中に二酸化炭素を送ります。

そうすると体が有酸素運動をしていると認識してくれるので、
血管が広がり、血液の流が良くなります。

 

その他にもいろいろな温泉がありますが、
ほとんどの温泉には血流を良くする働きがあります。

 

血液の流れが良くなると、
代謝が上がるのでダイエット効果が期待できるのです

 

それともう一つ、温泉の入り方によっては
褐色脂肪細胞を活性化することができます。

褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼しやすくする細胞です。

つまり、温泉で褐色脂肪細胞の働きを活発にすることで、
脂肪を燃焼させやすくすることができるので、
ダイエット効果が期待できるのです

 

温泉に入ると汗をかくからダイエットに効果的だ、
と思っている方がいますが、
汗をかいたからといって脂肪は燃えません。

脂肪が燃えたときに体温が上がって汗が出ることがありますが、
汗が出たから脂肪が燃えている、という事ではありません。

汗は体温を下げるために出てくるものです。

温泉やサウナに入った後に体重が減るのは、
体内の水分が失われたためです。

早く水分補給をしたほうがいいでしょう。

 

ダイエットに効果的な入浴方法

 

温泉に入って体を温めれば、血液の流れはよくなるでしょう。

ですから、血流を良くする特別な入浴方法はないです。

好きなように入浴していただいて構いません。

 

ここでは、脂肪燃焼にかかわる褐色脂肪細胞を
活性化する入浴方法を説明します。

温度は42℃以上の高めの温泉にします。

そして、5分くらい入り、汗が出てきたら湯船から出ます。

2分くらい休憩をしてからまた入ります。

これを3回繰り返します。

3回繰り返した後、長めに休憩を取り、もう一度繰り返します。

1日2セット行う事で、効果が高くなります。

 

この方法で、3週間で2kg~3kg自然と痩せた人もいるんですよ。

 

褐色脂肪細胞は、温泉の成分とはあまり関係なく、
温度差によって活性化されますので、
自宅のお風呂でも実践することができます。

 

ただし、この方法は、血圧が気になる方は控えてください。

 

血圧が気になったり、その他健康面で気になることのある方は、
半身浴がおススメです

腰から下だけ20分~30分間つかることで、
体に負担をかけることなく血流を良くすることができるので、
ダイエット効果が期待できます。

 

注意点

 

温泉では無理は禁物です。

少しでも体調がすぐれなくなったら、すぐに休憩を取りましょう。

 

また、水分補給はマメにしましょう。

 

おわりに

 

温泉旅行に行ったときに、
入浴方法次第で痩せることができる!
と思ったあなた、
残念ながら1回、2回の入浴で体重は減らないでしょう。

継続して行う事でダイエット効果が期待できます。

しかし、毎日のように温泉に入るのって難しいですよね。

自宅では入浴はシャワーで済ませるのではなく
湯船につかることで、痩せやすい体になることが期待できますし、
入浴剤を使えばその効果はさらに高くなりますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*