唐辛子ダイエット 効果 方法


唐辛子ダイエット 効果 方法 について

a0007_002158

唐辛子(とうがらし)をたくさん食べると、
体が温かくなって汗が出てきて、
という経験をしたことはないでしょうか?

体の内側から温かくなったという事は、代謝が上がっている証拠です。

そうです!唐辛子には代謝を上げる働きがあるので、
ダイエット効果が期待できるんです。

唐辛子を上手に活用することで、
簡単ダイエットにつなげていくことができます。

では、なぜ唐辛子ダイエットは効果があるのでしょうか?

また、どのような方法で効果的に
ダイエットすることができるのでしょうか?

 

唐辛子ダイエットの効果

 

唐辛子にダイエット効果が期待できる理由は、
実は、あの辛さにあるんです。

唐辛子が辛いのは、
カプサイシンという成分が入っているからです。

カプサイシンには、アドレナリンの分泌を促す働きがあります。

アドレナリンは興奮に関するホルモンです。

アドレナリンの分泌が増えると、
体内の各器官が活発に働くようになります。

それで、代謝が上がるので、ダイエット効果が期待できる
という事になります。

 

なお、カプサイシンは脂肪を燃焼させる働きがあるので、
ダイエット効果がある、と言われることがありますよね。

しかし、カプサイシンが直接働いて脂肪を燃焼させる、
という事に関する人に対しての信用に値するデータはないそうです。

ですから、脂肪が燃えるのは、
代謝が上がるからなのか、
カプサイシンが直接脂肪を燃焼させる働きをしているからなのか、
今のところよくわかっていない、
というのが実際のところではないでしょうか?

 

唐辛子ダイエットの方法

 

1日2gの唐辛子を食べるとダイエット効果を期待できるでしょう。

どのタイミングでも、どのような食べ方でも構いません。

ただし、寝る3時間前からは避けたほうがいいですね。

唐辛子を直接焼いて食べるのもいいですし、
料理に一味唐辛子や七味唐辛子をふりかけてもいいです。

また、キムチを食べるのもいいでしょう。

 

ちなみに唐辛子2gは、
乾燥させた唐辛子なら4本、一味唐辛子なら小さじ2杯です。

唐辛子4本を炒め物に混ぜて食べると、
かなり辛くなると思います。

そして、一味唐辛子を1日小さじ2杯食べるのは、
なかなか大変だと思います。

ちょっと工夫してあらゆる料理に入れてみましょう。

 

唐辛子ダイエットの注意点

 

唐辛子を食べ過ぎると、胃に負担がかかります。

胃炎や胃潰瘍など胃に疾病のある方、
あるいは胃が弱い方は注意が必要です

そういった方が1日2g唐辛子を食べると、
症状が悪化する可能性が高いですから、
食べる量を減らしましょう。

また、胃に問題がなくても、
とうがらしの食べる量を1日2gまでとしたほうがいいでしょう。

 

そして、唐辛子は交感神経を刺激します

交感神経が刺激されると眠れなくなったりしますので、
寝る3時間前に唐辛子を食べるのは避けたほうがいいでしょう。

できれば、朝食と昼食で唐辛子2gを食べたほうがいいですが、
それは非常に難しいので、
朝食と昼食で多めに唐辛子を食べて、
夕食は少なめにしたほうがいいと思います。

 

また、唐辛子には食欲増進効果があります

それで、知らないうちに食べ過ぎてしまう可能性があります。

食べる量が増えたら太ると考えたほうがいいです。

ですから、食べる量が増えないように注意が必要です。

 

唐辛子ダイエットの結果

 

カプサイシンのサプリメントを飲み、ラジオ体操程度の運動をした結果、
3ヶ月で12kg痩せることができた、という人がいます。

逆に辛いものが好きなので、唐辛子はよく食べるけど、
体重が全然減らない、という人もあります。

唐辛子ダイエットを実践しているからといって、
食べ過ぎたりすると、ダイエット効果は期待できない、
と考えたほうがいいでしょう。

 

おわりに

 

唐辛子ダイエットは代謝を高くするので、
ダイエット効果が期待できます。

しかし、唐辛子の食欲増進効果で
食べる量が知らないうちに増えたら
太ると考えたほうがいいです。

食べる量には注意をして、
せめて食べる量が増えないようにすることで、
ダイエット効果を期待することができるでしょう。

どんなに効果的なダイエット法でも、
食べ過ぎたら太りますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*