きなこダイエット 効果 方法


きなこダイエット 効果 方法 について

illust4085

きなこを牛乳や豆乳に混ぜて飲むとダイエット効果が期待できる、
というのがきなこダイエットですね。

飲むだけで痩せることができる簡単ダイエット、
とまでは言いませんが、ダイエット効果を実感している人は
たくさんいるようです。

では、なぜきなこダイエットは効果があるのでしょうか?

そして、どのような方法で実践すると効果的なのでしょうか?

 

きなこダイエットの効果

 

きなこは大豆からできています。

大豆にはダイエット効果が期待できる成分が
豊富に含まれています。

 

大豆に含まれている大豆イソフラボンと大豆サポニンには、
体内に脂肪がたまるのを防ぐ働きがあります。

 

また、大豆ペプチドには代謝を高くする働きがあります。

脂肪の燃焼が促され、脂肪が付きにくい体になることが
期待できます。

 

また、きなこはたんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンなどが
バランスよく含まれています。

栄養バランスが良いと代謝が上がりやすくなるので、
ダイエット効果が期待できる、という事になります。

 

また、きなこに含まれる大豆イソフラボンには、
美肌効果が期待できます。

 

つまり、美しく健康的に痩せることのできる効果が
期待できるわけですね。

 

きなこダイエットの方法

 

きなこダイエットの方法は、
小さじ1杯のきなこを200mlの牛乳か豆乳に入れて、
よくかき混ぜて飲みます。

飲むタイミングは朝食の5分前か小腹が空いたときのどちらかです。

おやつの代わりに飲むと、
おやつのカロリーを抑えることができるので、
ダイエット効果が高くなるでしょう。

 

きなこダイエットの注意点

 

牛乳は脂肪分が多いので、飲みすぎると太ると考えていいでしょう。

1日1杯200mlを限度としましょう。

 

脂肪が気になる方は、
低脂肪乳や飲むヨーグルトなどにするといいでしょう。

 

きなこをヨーグルトにかけて食べるのもいいでしょう。

 

また、大豆のサプリメントや健康食品などを摂取している方は、
大豆イソフラボンの過剰摂取に注意してください。

大豆イソフラボンの過剰摂取で
女性ホルモンが乱れ、悪い症状が出る可能性があります。

1日あたりの大豆イソフラボンの摂取量の上限は70~75mgです。

ちなみにきなこ小さじ1杯の大豆イソフラボンの量は約2gです。

きなこや豆腐、納豆など大豆食品だけから
大豆イソフラボンを過剰摂取しても問題はないだろうと
されています。

しかし、念のため、食品からも過剰摂取しないようにしたほうが
いいと思います。

 

きなこダイエットの結果

 

きなこダイエットを実践したら、便秘が解消されて、
1週間で2kg痩せた、という口コミがあります。

ヨーグルトにきなこをかけてかけて食べたら、
お通じが良くなった、という声がいくつかありましたので、
便秘が気になる方は、ヨーグルトにきなこをかけて食べると、
効果が高くなることが期待できますね。

 

おわりに

 

きなこダイエットの効果を実感できている方は、
たくさんいます。

しかし、効果を過剰に信用して食べ過ぎたら
太ると考えたほうがいいでしょう。

せめて食べ過ぎないように気を付けて、
きなこダイエットを上手に活用すれば、
ダイエット効果が期待できると思います。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*