きのこを食べると体脂肪が減って痩せることができるってホント?


 

きのこには脂肪燃焼を促進する成分が含まれているので、ダイエット効果がある、と言われていますよね。

そこで、ここではきのこを食べると体脂肪を減らして痩せることができるのか、検証します。

a0002_010991

 

きのこで体脂肪が燃えてダイエットできるってホント?

 

きのこを食べると体脂肪が燃える、と言われている理由は、キノコキトサンが含まれているからです。

 

まずキノコキトサンには、腸から脂肪が吸収されるのを防ぎ、便と一緒に体外に排出する働きがあります。

そして、血液中の脂肪分(コレステロールや中性脂肪)を減らす効果も確認されています。

ですから、体脂肪が付きにくくなり、そして、体脂肪がエネルギー源として使われやすくなるので、体脂肪が減りやすくなる、ということになりますね。

 

体脂肪に直接作用して、分解や燃焼を促すのかは、まだ確認されていません。

ただ、血液中の脂肪分を減らすことで、間接的には体脂肪の燃焼を促している、ということが言えますよね。

 

きのこにはまだまだダイエット効果が!

 

きのこには、キノコキトサンが含まれているから、という理由だけでダイエット効果があるとされているわけではありません。

その他にもダイエット効果を期待できる成分がたくさん含まれています。

その成分は以下の通りです。

 

 食物繊維

きのこには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は腸の調子を良くするのでダイエット効果を期待することができます。

 

きのこ自体が菌そのものです。

それで、腸の善玉菌を増やす作用がありますので、ダイエット効果を期待することができます。

 

 ビタミンB群

きのこには、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群は、脂質や糖質の燃焼を促す働きがありますので、ダイエット効果を期待することができます。

 

 カリウム

きのこにはカリウムが含まれています。

カリウムは体内の塩分量を適切にする働きがありますので、むくみ解消などに効果的です。

 

 ビタミンD

ビタミンDには骨や歯を丈夫にする働きがあります。

ダイエット中は骨や歯がもろくなりやすいですが、ビタミンDを摂る事で、骨や歯を守ることができますよ。

 

ダイエットに効果的なきのこの摂り方

 

きのこを1日200g、晩ご飯の時に食べるとダイエット効果が高くなる、と言われています。

きのこ200gというとかなり多いですが、毎日食べ続けるといい、ということです。

 

ちなみに、きのこの種類はどれでも効果的だということです。

一時期、えのきダイエットが話題になりましたが、えのきに限らず、しめじでもしいたけでもまいたけでもなんでもいいそうです。

ただ、毎日1日200g同じものを食べると飽きると思いますので、日によってきのこの種類を変えるといいのではないか、と思います。

 

ダイエット効果を期待してキノコを摂る時の注意点

 

きのこには食物繊維が豊富に含まれていますが、食べすぎるとおなかがゆるくなり、下痢になります

食べ過ぎないように注意が必要です。

一度に200gも食べると嫌になると思いますが、それだけで充分です。

 

また、きのこさえ食べていれば痩せることができるのかといえば、そういうわけではありません。

晩ご飯で200gものきのこを食べると、満腹感を感じると思いますが、それでも無理してたくさん食べると太るでしょう。

結局は、摂取カロリーを減らさないと痩せない、と思ったほうがいいです。

ですから、きのこのダイエット効果を過信しないほうがいいですよ。

 

 

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*