炭水化物抜きダイエットで体脂肪は減らない!?世界一受けたい授業にて!


 

2015年7月25日、日テレ(日本テレビ)で放送された「世界一受けたい授業」で、炭水化物抜きダイエットについて紹介されていましたね。

そこで、衝撃的なことが紹介されていましたので、その内容をまとめてみます。

 

炭水化物抜きダイエットの真実~世界一受けたい授業より

 

炭水化物抜きダイエットとは、炭水化物を一切食べないダイエットのことです。

実際には炭水化物をゼロにするのは難しいですので、極限まで減らすダイエット法だと考えてもいいと思います。

 

放送内容によると、炭水化物は脳の唯一のエネルギー源だという事です。

それで、炭水化物はその4倍の水分と結合してグリコーゲンとして筋肉の一部となり、貯蔵されるそうです。

それで、炭水化物が不足すると脳が働かなくなりますが、それを補うために筋肉に含まれるグリコーゲンを水分と糖質に分解するそうです。

 

という事は、炭水化物を抜くと、筋肉のグリコーゲンが減りますが、グリコーゲンは水分:糖質=4:1です。

ということは、炭水化物抜きダイエットで最も減るのは、体脂肪ではなくて水分だ、という事になるそうですよ。

という事は、水分は減るけど体脂肪は減らないので、結局体脂肪率は高くなる、という事になりますね。

 

あと、炭水化物を抜くと、死亡リスクが男性で1.5倍、女性で1.35倍高くなるそうです。

 

ここまでの話だと、「炭水化物抜きダイエット」は、やめておいたほうがいいのでは、と思いませんか?

 

これに対して、炭水化物抜きダイエット推進派は、
「炭水化物を抜いた分、たんぱく質を摂ればグリコーゲンは減らない!」
と反発するでしょう。

はたして、どちらが正しいのか??

 

ただ、私の考えを言うと、炭水化物抜きダイエットは、痩せるかどうかはともかく、日本人が健康的に痩せることができる、という臨床データがないんですよね。

糖尿病患者が炭水化物を抜くと良いかも、という事は分かりつつあるみたいですが、健常者が炭水化物を抜いて健康でいられる、という充分なデータがないんですよ。

という事は、幼少のころから炭水化物を食べ続けてきた日本人が、成人になって炭水化物を抜いたらどうなるかわからない、という事になると思います。

エスキモーは炭水化物を食べなくても健康的でいられるから、(日本人も)健康的になる、なんていう人がいます。

でも、小さい時から炭水化物を食べずに育ったエスキモーと、炭水化物を食べ続けた日本人とは違います。

20歳まででほぼ体質は決まるのに、それをいきなり大幅に変えるようなことをしても大丈夫なのか、疑問ですよね。

また、人種が違えば体質も違います。

日本人は外国人と比べると体質的にお酒が弱い、と言われていますが、これは人種によって体質の違うということですよね。

だから、外国人が健康的だから日本人も健康的だ、という事は言えないと思うんです。

 

という事は、炭水化物抜きダイエットは、健康的なのか不健康なのかわからないのでやらないほうがいい、というのが私の考えです。

 

栄養バランスのとれた食事を1日3食、腹八分目まで食べれば、太ることはないし健康的でいられる、という事はハッキリしています。

ですから、炭水化物を抜くよりも栄養バランスのとれた食事をしたほうがいいと思いますよ。

 

さて、話は「世界一受けたい授業」に戻ります。

番組では簡単に痩せる方法も紹介されていました。

それは「日常生活での動作を増やす」という事です。

・テレビのチャンネルを変える時は、リモコンを使わずテレビのボタンで行う。
・ティッシュなどは遠くに置いておき、取りに行く時に動くようにする。

など、日常生活での動作を増やすと良い、という事です。

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください