湯豆腐のダイエット効果とレシピ~夏でも食べられる痩せるレシピ!


 

「湯豆腐を食べ続けたら1年半で15kg痩せた!」
というのは、タレントの辻希美さんです。

そうなんです!
豆腐にはダイエット効果を期待することができるんです。

しかも、湯豆腐で食べれば更なるダイエット効果を
期待することができるんですよ。

food_yudoufu

 

そこで、ここでは湯豆腐のダイエット効果と
ダイエット効果の高そうなレシピを紹介します。

 

湯豆腐のダイエット効果

 

湯豆腐のダイエット効果は以下の通りです。

 

 大豆レシチン

豆腐に含まれる大豆レシチンには体脂肪を落とす働きがあります。

そして、血中コレステロールと中性脂肪を減らして
血液の流れを良くする働きがあります。

血液の流れが良くなれば代謝が高くなりますので、
痩せやすくなりますよ。

 

 大豆サポニン

豆腐に含まれる大豆サポニンには、
血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

そして、胃腸からの脂肪の吸収を抑える働きがあります。

 

 アミノ酸

豆腐には人間の体を構成する20種類すべてのアミノ酸が
含まれています。

アミノ酸には脂肪燃焼を促進したり代謝を高くしたりする
働きがあります。

また、筋肉をつけたり、維持するのにもアミノ酸が必要ですが、
筋肉が増えると代謝が高くなるので痩せやすくなります。

 

 ビタミンB群

豆腐には、糖質(炭水化物)の代謝を促進するビタミンB1
主に脂質の代謝を促進するビタミンB2
主にタンパク質の代謝を促進するビタミンB6
が含まれています。

ですから、代謝を高くするので痩せやすくなります。

 

 鉄分

豆腐に含まれる鉄分は血液の原料となるものですね。

それで、鉄分を摂る事で貧血を防げば、
酸素を充分に体中に送ることができ
脂肪が燃えやすくなるので痩せやすくなります。

 

 大豆オリゴ糖

豆腐に含まれる大豆オリゴ糖は、
腸内の乳酸菌を増やし、腸の調子を整えます。

腸の調子が良くなると代謝が高くなりますので
痩せやすくなります。

 

 不飽和脂肪酸

豆腐に含まれる脂質は不飽和脂肪酸といいます。

これはお肉に含まれる脂質と違って体に付きにくく、
そして、血液中のコレステロールを減らし
流れを良くする働きがあります。

ですから、代謝が高くなるので痩せやすくなります。

 

 冷奴に比べ体を冷やさない

豆腐を冷奴で食べると体を冷やしますので、
代謝が下がります。

しかし、湯豆腐にすることで体が冷えにくくなります。

豆腐は大半が水分なので体を冷やしますが、
湯豆腐にすることで少しでも体が冷えるのを防ぐことができます。

とはいっても、体を冷やす食べ物には違いがないですけどね。

 

湯豆腐のダイエットに効果的なレシピ

 

では、ダイエットに効果的なレシピを紹介します。

料理のレシピといえば、「クックパッド」ですね。

そこで、クックパッドで湯豆腐のレシピを検索してみたら、
なんと、1,026品も出てきました。

それだけでてくると、「どれがいいんだろう?」
と、悩んでしまいませんか?

 

そこで、その中からダイエット効果の高そうなレシピを
厳選して紹介します。


VIVA日本★薬味豆腐

11a62944759f28115a4fd87c8f8b5862

Cpicon VIVA日本★薬味豆腐 by プユプユ

御馳走薬味がダイエット効果をさらに高めてくれそうです。

画像は冷奴のように見えますが、
湯豆腐でもおいしく頂くことができますよ。


豆乳と豆腐だけ!豆乳湯豆腐♡

12022165aa3c037ac5107dc3919d3cb2

Cpicon 豆乳と豆腐だけ!豆乳湯豆腐♡ by まきまきだよ

大豆の成分をたっぷり摂る事ができそうなレシピです。

ダイエット効果が高そうですね。

体を温めるものを摂ると、
さらにダイエット効果が高まりそうですね。


ダイエット湯豆腐

98da6733e5b9ef0caffc0a5f32483f72

Cpicon ダイエット湯豆腐 by けぇぴよ

体を温める白菜が入っているので、
豆腐のデメリットを補ってダイエット効果が高くなりそうです。


簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*