夏に体が冷えて太りやすくなる原因と対策!手軽に冷えを解消!?


 

最近、夏になると耳にするようになったのが「夏の体の冷え」です。

夏で連日暑い日が続くのにもかかわらず、
体の冷えで悩んでいる人が増えている、という事ですね。

また、体が冷えると太りやすくなります。

暑くて運動量が減ってしまいですが、
体が冷えて代謝が下がるとさらに太りやすくなる、
という事になりますよね。

太るのを避けるためにも、
できるだけ体が冷えないようにしたいですね。

 

そこで、ここでは夏に体が冷える原因と、
冷えから体を守る方法を紹介します。

resize.php1312

 

夏の体の冷えの原因

 

夏の体の冷えの原因は以下の通りです。

 

 エアコン

夏に体が冷える原因の代表例ともいえるのがエアコンですね。

服装を工夫して
エアコンが効いているところでは重ね着をして、
暑いところに出たときはすぐに薄着になれるような工夫が必要ですね。

エアコンの効いた部屋でカーディガンを着ている女性は多いですが、
そのような工夫が必要です。

 

 冷たい食べ物・飲み物

かき氷や冷えた飲み物などは体が冷える原因となります。

暑いところに長時間いる場合はしょうがないかもしれませんが、
エアコンの効いた部屋では冷たい飲み物や食べ物は控えるべきです。

できれば、暑いところにいる時も、
食べ物を体温と同じくらいの37℃前後の温度にしたほうがいいですよ。

 

 睡眠不足

夏になると寝苦しくなりますよね。

それで、睡眠不足になってしまうと血液の流れが悪くなるので
体が冷えてしまいます。

寝る時はエアコンを上手に活用するなどして
ぐっすり眠るようにしたほうがいいですよ。

明け方までエアコンをつけっぱなしにしておくと
体が冷えやすくなるので、
タイマーを使って明け方前にはエアコンが切れるように
したほうがいいです。

 

 寒暖差

暑い外とエアコンの効いた涼しい部屋では温度差が大きくなりますよね。

その温度差に体がついていけず、
自律神経という神経の働きが狂ってしまうことがあります。

そうなると、血液の流れが悪くなって、
体が冷えてしまいます。

この場合も服装を工夫して、
なるべく体を寒暖差にさらさないようにすることが大切です。

 

 地産地消

地産地消とは、住んでいる地域で取れた野菜や果物を
旬な時に食べると健康的だ、という考えです。

夏が旬の食べ物は体を冷やす食べ物が多く、
冬が旬の食べ物は体を温めるものが多いので
その季節に合ったものを食べることができる、という事なんです。

しかし、エアコンが発達した現在は、
夏が旬な食べ物を食べると
体を必要以上に冷やす恐れがあります。

地産地消が健康的だからといって、
そればかりにこだわると体を冷やして
不健康になる事だってあり得ますよ。

 

夏の冷え対策~手軽に解消できる?

 

夏に体が冷えるのを防ぐには、
上で紹介したことを避けることが大切になります。

そして、体を温めることも大切になります。

お風呂はシャワーだけで済まさないで、
きちんと湯船に浸かることも大切です。

そして、体を温める食べ物を食べる事も大切です。

体を温める代表的な食べ物といえばショウガですね。

それ以外にも、にんにく、玉ねぎ、長ネギなどのネギ類、
トウガラシ、にんじん、ごぼうなども体を温めます。

そういった体を温める食べ物を積極的に食べるといいでしょう。

 

もし、食事を変えるのが難しいのであれば、
健康食品を使うと手軽ですよね。

「ぽかぽか女子のジンジャースムージー」は、
ショウガのスムージーです。

“冬専用”と書いてある通り、体を温める効果は高いですよ。

また、スプーンで混ぜるだけなので非常に手軽です。

夏の冷えを解消して太りにくくなりたい、
と思っているあなたにおすすめですよ!

 

詳しくは公式ページをご覧ください。

 「ぽかぽか女子のジンジャースムージー」公式ページへ

 



簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください