なすのダイエット効果~体を冷やすけど痩せることができるの?


なす ダイエット効果 について

 

「なすにはダイエット効果がある!」
と聞いて、あなたは疑問に思いませんでしたか?

「秋なすは嫁に食わすな!」
と言われていますが、
それはなすは体を冷やすからです。

体を冷やすことはダイエットにとっては良くないこと、
それなのにダイエット効果があるってホント?
と思う人は多いのではないかと思います。

 

確かになすは体を冷やす作用が強いです。

それでも、なすにはダイエット効果を
期待することができるんです。

 

そこで、ここではなすのダイエット効果について紹介します。

a1200_000005

 

なすのダイエット効果

 

なすにダイエット効果があるとされている理由は以下の通りです。

 

 水分が豊富

なすの約94%が水分です。

それで、水分不足になると太りやすくなります。

ですから、なすを食べることで水分を補給すれば、
ダイエット効果を期待することができます。

 

 カロリーが低い

なすはほとんど水分ですので、カロリーが低いです。

Sサイズのなす(約70g)でわずか16kcalしかありません。

ですから、高カロリーの食品の代わりになすを食べると、
カロリーを減らすことができるのでダイエット効果を期待できます。

 

 食物繊維

なすは野菜のなかでも食物繊維が多い方です。

食物繊維は便秘解消に効果的です。

便秘だと代謝が下がりますので太りやすくなります。

そこで、なすを食べることで水分と一緒に食物繊維を摂れば、
便秘解消につながりダイエット効果にもつながっていきます。

ちなみに食物繊維をしっかり摂っても、
水分不足だと効果は半減します。

そう考えると、なすは便秘解消にも効果的だと言えますね。

 

 ビタミンB群

なすにはビタミンB1、B2、B6などが含まれています。

それで、ビタミンB群は代謝に必要なものです。

代謝を高くすれば痩せやすくなりますので、
なすでビタミンB群を摂ればダイエット効果を期待することができます。

 

 ナスリン(ポリフェノール)

なすにはナスリンというポリフェノールが含まれています。

ナスリンは活性酸素を除去する力が強いと言われています。

それで、活性酸素が体内に増えると代謝が下がりますので
太りやすくなります。

ですから、ナスリンを摂る事で活性酸素を減らせば、
代謝が高くなってダイエット効果が期待できます。

 

なすの太る大きな要因

 

なすは体を冷やす野菜です。

野菜の中には体を冷やすものが多いですが、
その中でも体を冷やす作用はかなり強い、と言われています。

体を冷やすと代謝が下がりますので太りやすくなります。

なすを食べる時には、
ショウガなど体を温めるものも一緒に食べるといいですよ。

 

焼きなすはショウガと一緒に食べることがあると思いますが、
これは体を冷やさないための先人の知恵かもしれませんね。

 

ダイエット中のなすを食べる時の注意点

 

なすは他の野菜と比べてもかなりカロリーが低いです。

だからといって、調理方法によってはカロリーが高くなります

 

特にてんぷらはカロリーがかなり高くなります。

Sサイズのなす(約70g)を天ぷらにすると、
約95kcalになってしまいます。

天ぷらにする前は16kcalしかなかったのに、
天ぷらにすると95kcalにまで高くなるんです。

 

ですから、なすの食べ方に注意が必要ですよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*