夏に冷たい飲み物を飲むと太る!?その原因と対処法!


夏 冷たい飲み物 太る について

 

「夏になるとなぜだか知らないけど太ってしまうんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?

夏になると痩せる、というイメージを持っている人は多いと思いますが、
実は、夏になると太る、と悩む人って多いんです。

夏になると、
薄着になったり、あるいは水着を着たりする機会があると思います。

それなのに、太ってしまうのってイヤですよね!

metabolic_woman

 

夏に太るのは、冷たい飲み物を飲み過ぎているからかもしれません。

清涼飲料水は糖分がたくさん含まれていますから
飲み過ぎると太る、というのはわかると思います。

しかし、それだけではなく、冷たい水やお茶を飲み過ぎても
太りやすくなるんです。

 

「水をたくさん飲むと痩せやすくなるって聞いたのに~!?」
なんて、あなたは思いませんでしたか?

確かに水をたくさん飲むと痩せやすくなります。

しかし、水は飲み方次第では太りやすくなることもあるんです。

 

そこで、ここでは夏に冷たい飲み物を飲み過ぎると
太りやすくなる原因と対処法を紹介します。

 

夏に冷たい飲み物を飲むと太る原因

 

夏に冷たい飲み物を飲むと太る主な原因は以下の2つです。

 

 腸に負担

冷たい飲み物は腸に負担がかかります。

それで、腸の調子が悪くなると、腸内環境が悪化します。

食べ物をきちんと消化することができなくなると、
腸内に未消化の食べ物が溜まってしまい、
そこから毒素が発生するようになります。

その毒素が体中を駆け巡ると代謝が下がりますので、
太りやすくなります。

 

 内臓の冷え

冷たい飲み物を飲むと内臓が冷えます。

すると、血液の流れが悪くなるので
内臓が正常に働かなくなります。

そうすると、代謝が下がりますので太りやすくなります。

また内臓が冷えると、冷えから守るために脂肪をつけようとします。

ですから、内臓脂肪が増えやすくなりますよ。

 

夏に冷たいものを飲み過ぎて太らないようにするための対策

 

夏に冷たいものを飲み過ぎて太らないようにするには、
冷たいものを飲まないようにすればいいです。

水やお茶はできるだけ体温(37℃)以上の温度にして
飲むようにするといいですよ。

また、飲み物だけではなく、かき氷やアイスクリームなど
冷たい食べ物もできるだけ避けるようにしたほうがいいです。

 

ただ、暑い日に生ぬるい水を飲むのもちょっと嫌ですよね。

ですから、せめて外出したときは冷たいものを飲むけど、
それ以外は体温以上にして飲むようにするなど、
冷たいものを飲む回数を減らすように心がけるといいでしょう。

本当は外出した時も体温以上にして飲んだほうが
いいのは間違いないことですよ!

 

そして、体内を温めるものを
積極的に食べるようにするといいですよ。

ショウガなどを摂るといいですよね。

 

また、消化が悪い食べ物はできるだけ避けて、
なるべく消化の良いものを食べるようにすると、
腸への負担が減りますよ。

 

夏は体を冷やす食べ物が増えます。

かき氷など冷たい食べ物だけではなく、
夏の野菜や果物も体を冷やすものが多いです。

そこにさらに冷たい飲み物で体を冷やしてしまったら、
内臓がかなり冷えます。

そして、腸にも負担がかかりやすくなります。

 

夏は内臓を冷やさないようにし、
そして腸に負担がかからないようにすることで、
太りにくくなりますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください