女性の中年太りを解消するには?40代から痩せる2つのポイント!


女性 中年太り 解消 について

 

「40代になってから太りやすくなってしまったんだけど、
なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

40代になると、食べる量は増えていないのに
なぜか太ってしまう、なんてことがありますよね。

 

そこで、ここでは中年太りの女性特有の現象から
痩せるためのポイントを説明します。

metabolic_woman

 

女性が中年太りする原因

 

まず、中年太りの男女共通の原因から説明します。

中年太りの大きな原因は基礎代謝の低下です。

基礎代謝とは寝ててもボーっとしてても
消費されるカロリーの事です。

それで、歳を重ねて中年になると体が衰えますよね。

そして、体内器官も衰えてきます。

すると、体内器官の働きが鈍くなりますので、
消費カロリーが減ってしまいます。

体内器官は寝ててもボーっとしていても働いてエネルギーを消費しますが、
その消費エネルギー量が減ってしまうんです。

ですから、太りやすくなってしまうのです。

 

そして、40代の女性特有の太る原因があるんです。

 

女性は男性と比べると筋肉が減りやすいです。

筋肉が付いていると血液の流れが良くなるなど、
基礎代謝が高くなります。

しかし、女性は30代に入ると筋肉が減りやすくなり、
40代にもなると体重に大きな影響を及ぼすほど筋肉が減ってしまうんです。

ですから、40代になると、
女性は男性よりも太りやすくなるのです。

 

それは、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことです。

女性ホルモンの一種、エストロゲンには
体脂肪の燃焼を促す働きがあります。

しかし、45歳を超えたあたりから多くの女性が更年期を迎えますが、
それによってエストロゲンの分泌が減ってしまいます。

すると、体脂肪が燃えにくくなってしまうのです。

 

女性の中年太りを解消する2つのポイント

 

ここまでの説明で、女性の中年太りの主な原因は、
筋肉の減少と女性ホルモンの分泌量の低下、
ということはわかっていただけましたか?

ということは、この2つを解消すれば、
女性の中年太りを解消することができる、
という事になりますよね。

 

そこで、ここではこの2つを解消するための簡単なポイントを紹介します。

 

 筋肉低下を防ぐポイント

筋肉低下を防ぐには、筋トレをするといいという事になりますよね。

ただ、それはなかなかツラいと思います。

そこで、1つだけ意識しておいたほうがいいのが、
たんぱく質をたくさん摂るということです。

たんぱく質は筋肉の原料になります。

それで、たんぱく質を摂っていれば、
少しでも筋肉が減少するのを防ぐことができます。

ですから、たんぱく質をしっかりと摂る事だけは
忘れないようにしたほうがいいです。

 

 

 女性ホルモン エストロゲンの減少を補うポイント

女性ホルモン、エストロゲンの減少を補うには、
大豆製品を積極的に食べるといいです。

大豆には大豆イソフラボンが含まれていますが、
大豆イソフラボンはエストロゲンと同じような働きをします。

豆腐や納豆などの大豆製品をなるべくたくさん食べるといいでしょう。

 

ちなみに大豆にはたんぱく質も含まれていますので、
筋肉減少を防ぐのにもおススメです。

ただし、大豆だけから充分なたんぱく質を補うのは難しいので、
魚類や肉類も食べてバランスの良い食事を心がける必要がありますよ。

 

さて、筋肉にはアウターマッスル(一般的に筋肉といわれるもの)と
インナーマッスル(体の内側にある筋肉)の2つがあります。

それで、インナーマッスルを鍛えて基礎代謝を高くして
痩せることのできる方法を以前説明しました。

アウターマッスルよりもインナーマッスルのほうが
簡単に鍛えることができるのでおススメです。

興味のある方はそちらをご覧ください。

 インナーマッスルのダイエット効果と鍛え方~簡単に脂肪が燃える体質へ!

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*