睡眠時間が短いと痩せることができるってホント?


睡眠 短い 痩せる について

 

睡眠時間が短いと活動している時間が長くなって、
消費されるエネルギーが多くなるから痩せるのでは?
と思ったことってありませんか?

なんだか忙しくて睡眠時間が短い人って
痩せているようなイメージがあるせいか、
睡眠時間を短くすると痩せるのでは?
なんて考えてしまいますよね。

 

そこで、ここでは睡眠時間を短くすると
痩せることができるのか、説明します。

mark_tenki_moon

 

睡眠時間を短くすると痩せることができるってホント?

 

睡眠時間が短くなった次の日、
体がだるくてあまり体を動かしたくなくなった、
なんていう経験はありませんか?

ということは消費カロリーが自然と減ってしまいますよね。

また、睡眠不足で頭がぼーっとしたら、
脳の消費エネルギーが減りますよね。

それだけ考えても、
実は睡眠不足は消費エネルギーが減りがちなので太りやすい
と考えることができますよね。

 

実は、睡眠不足だと太る原因はそれだけではないんです。

他にもたくさんあるんです。

睡眠時間が短いと太りやすくなる主な原因は以下の通りです。

 

 食欲が増す

睡眠不足になると、
脳の食欲をコントロールする機能が正常に働かなくなります。

つまり、たくさん食べても満腹感を感じにくくなるのです。

ですから、ついついたくさん食べすぎてしまいがちになるので
太りやすくなります。

 

 成長ホルモンの分泌量が減る

成長ホルモンは睡眠中に作られます。

それで、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量が減ります。

成長ホルモンは代謝を高くする働きがあります。

つまり、睡眠不足になって成長ホルモンが分泌されなくなると、
代謝が下がるので太りやすくなります。

 

 自律神経が乱れる

睡眠不足になると自律神経が乱れます。

自律神経には様々な働きがありますが、
エネルギー消費にも大きくかかわっています。

つまり、自律神経が乱れると
エネルギーがあまり消費されなくなるので
太りやすくなります。

あと、自律神経が乱れると便秘になりやすくなります。

便秘はダイエットの大敵です。

 

睡眠は日中に疲弊した体を休ませメンテナンスする時間です。

それで、睡眠時間が短いと体をメンテナンスできません。

そうなると、体のあらゆる機能が低下してしまいます。

すると、代謝が下がってしまいます。

そして、体脂肪を燃やす機能なども低下するので、
体脂肪が燃えにくくなってしまいます。

だから、太りやすくなります。

 

以上のことから、睡眠時間が短いと痩せることはなく、
太りやすくなります

 

忙しくて睡眠時間が短いと痩せこけているイメージがあると思いますが、
それは睡眠不足による太る要因以上に
痩せる要因のほうが多くなっている、という事だと思います。

どれだけおなかが空いても食事をする時間がないほど忙しければ、
痩せこけてしまうのでしょう。

睡眠時間が短く、そして忙しさのストレスのせいで
精神的におかしくなって食欲がなくなれば、
痩せこけてしまうでしょう。

痩せたり太ったりするのは様々な要因が絡むので、
睡眠時間だけでは痩せるか太るかが決まるわけではありません。

ただ、睡眠時間が短いのは、
太りやすくなる大きな要因の1つになりますよ。

痩せたいと思ったら、睡眠をしっかり取りましょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*