ビールを飲むと太る本当の原因とは?~ビール自体太る原因ではない?


ビール 太る 原因 について

 

「ビールを飲むと太るのはビール自体が原因ではない!」
という事を聞いたことはありませんか?

ビールは決して低カロリーではないけど、
代謝を高くする成分が含まれているので、
ビールに含まれているカロリーが消費される、
ということですよね。

ビールを飲むと体が温かくなりますよね。

体が温かくなるとカロリーが消費されます。

それで、ビールに含まれているカロリー分は
消費されてしまう、という事なんです。

beer_woman

 

それで、ビールを飲む人はおつまみをたくさん食べるから、
太ってしまう、なんて言われることがありますよね。

 

それを聞いた私は、
「ビール好きな人とたくさん食べる人と太り方が違うけど…!?」
と疑問を持ってしまいました。

食べ過ぎで太っている人は体全体に脂肪が付いていますよね。

それに対してビール好きな人はお腹が出ますよね。

ということは、ビールはビール腹の原因になるのでは?
だから、ビールは太る原因になるのでは?
と、私は考えてしまいました。

おつまみが太る原因であれば、
食べ過ぎの人と太る原因が同じですから、
同じような太り方をするはずですよね。

でも実際のところは違うわけですから、
太る原因が違うはずだと考えられますよね。

だから、ビールそのものも太る原因になるのでは、
と考えてしまいました。

 

そこで、ここではビールが
本当に太る原因とはならないのか検証します。

 

ビール自体太る原因にはならないってホント?

 

まずは結論から、
ビール自体、太る原因になります

ビールの太る原因はいくつもありますが、
ここでは2つ紹介します。

 

 食べたものをエネルギーに変えることができない

肝臓はアルコールを処理する働きがありますが、
それと同時に糖質や脂質を分解する働きもあります。

それで、糖質や脂質は肝臓で分解されないと、
エネルギーに変わることができません。

それで、アルコールを飲むと
肝臓は糖質や脂質を分解するのをやめて
アルコールを先に分解するようになるのです。

 

そうすると、糖質や脂質は分解されずエネルギーに変わらないので、
体内に蓄積されてしまうのです。

ビールを飲み過ぎた次の日は体がだるいですよね。

それは、エネルギーが作られないことが原因の一つになります
(もうひとつの原因はアセトアルデヒドという物質が作られるから)。

肝臓で分解されなかった糖質や脂質は
内臓脂肪になりやすいので、
内臓がたくさんあるお腹周りに脂肪が付いてしまうのです。

 

 体脂肪を作るのを促す

アルコールを飲むと体脂肪を生成する物質が分泌されてしまいます。

ですから、体脂肪が付きやすくなりますので、
太りやすくなるのです。

 

その他、腸の調子が悪くなって消化吸収ができなくなるので、
未消化の糖質、脂質が腸周辺の体脂肪として溜められる、
という事もあります。

ビールは腸を刺激するので腸の調子が悪くなりがちです。

あと、脱水症状による代謝の低下、
アルコール処理で酵素が大量に消費されることによる酵素不足、
なども太る原因となり得ます。

また、アルコールはさまざまな体内器官に悪影響を与えますので、
そのことも太る原因になり得る、と考えられます。

 

実際に、毎日大量にビールを飲んでいた人が、
病気で1週間ビールを飲まなかっただけでおなかがへこんだ、
など、ビールをやめたらおなかがへこんで痩せた、
という人は非常にたくさんいますよ。

食べる量や運動量が変わっていないのにビールをやめただけで痩せた、
という人はたくさんいます。

それなのにビール腹の原因はビールではない、
といわれる理由が私にはよくわからないです。

 

ビールは太る原因になりますので、
痩せたいと思うならビールは控えめにしたほうがいいですよ。

 

ちなみに、1日500ml(ロング缶1缶)だと太りにくい、
と言われています。

飲むのであれば、せいぜいそれくらいにしておいたほうがいいです。

アルコールの性質上、
500mlで止めるのは非常に難しいですけどね。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください