レプチンを増やす食品!~ダイエットのカギを握るホルモンの増やし方!


レプチン 増やす 食品 について

 

最近、レプチンを増やすと痩せやすくなる、
という事で話題になっていますよね。

レプチンとは痩せるホルモンと言われています。

非常に簡単に言うと、
食べ過ぎを防止する働きと脂肪燃焼を促す働きをします。

そんなホルモンが増えれば、
ダイエットがかなり簡単になると思いませんか?

 

そこで、ここではレプチンを増やす食品について紹介します。

201312021

 

レプチンを増やす食品とは?

 

レプチンの原料はたんぱく質になります。

ですから、良質なたんぱく質を
積極的に摂るようにするといいですよ。

ただ、「たんぱく質=肉」と思ってしまい、
肉を食べる量を増やしてしまうと
レプチンが働かなくなるかもしれません。

それは、肉類には脂肪分がたくさん含まれているからです。

レプチンはいくら原料となるたんぱく質がたくさんあっても、
体脂肪が増えると働きが鈍くなる、という性質があります。

ですから、低脂肪高タンパク質の食品を摂るといいですよ。

その食品は、大豆製品、魚類です。

魚には脂肪が含まれていますが体脂肪になりにくいので
レプチンを増やすためにも積極的に食べたほうがいいですよ。

 

あと、レプチンを生成するのに亜鉛が必要になります。

ですから、亜鉛が含まれている食品を積極的に食べるといいでしょう。

亜鉛がたくさん含まれる食品は、
牡蠣(かき)、ウナギ、牛もも肉、大豆、納豆、などです。

これらの食品にはたんぱく質も豊富に含まれているので、
レプチンを増やすために積極的に摂ったほうがいいですよ。

ただ、牛もも肉は脂肪も多いので、
あまり積極的におススメはできないですね。

 

レプチンを食べる食品だけ食べていれば増える?

 

では、食べ物だけでレプチンを増やすことができるのかといえば、
実はそういうわけではありません。

レプチンの原料が揃っていても、
それを体内で生成してくれなければレプチンは増えません。

また、レプチンが増えても正常に働かないと、
ダイエット効果が期待できません。

 

レプチンを増やし、正常に働くためのポイントを
非常に簡単に説明します。

 

まず、睡眠不足、ストレスはレプチンを減らします。

ですから、ストレスは発散し睡眠を十分にとることが大切です。

 

あと、レプチンが働くのは
食事を始めてから20分後と言われています。

それで、早食いだとレプチンが働いて満腹感を感じる前に
たくさん食べすぎてしまいます。

しっかり噛んでゆっくり食べれば、
たくさん食べる前にレプチンが働いて満腹感を感じやすくなります。

 

ダイエットでレプチンを活用する際の注意点

 

ダイエットでレプチンの分泌量を増やし、
正常に働くようになることで痩せやすくなります。

ただ、それだけでは痩せません。

また別の要因が働くことによって太ることもあります。

そのいい例が別腹ですね。

満腹感を感じていても、甘いものが食べたくなりますが、
これはレプチンが正常に働いていても起こる現象です。

ですから、レプチンの分泌を増やすことも大切ですが、
過剰に期待しないようにすることも大切ですよ。

 

あと、以前サバ缶に痩せるホルモンの分泌を促す成分が含まれている、
と話題になりましたよね。

サバ缶に含まれているのは「GLP-1」というホルモンの
分泌を促す成分(EPA)です。

GLP-1はレプチンとは違うホルモンになりますよ。

 

レプチンのトランスレーショナルサイエンス―メタボリックシンドロームの治療戦略 (メタボリックシンドロームシリーズ)

新品価格
¥5,400から
(2015/4/15 18:30時点)

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください