ヤーコンのダイエット効果~今注目のスーパーフードの効果は?


ヤーコン ダイエット効果 について

 

最近、「ヤーコン」というスーパーフードが注目されています。

生活習慣病の予防になり、非常に健康的だという事で
大きく注目されているんですが、
ダイエット効果があることでも知られています。

見た目はさつまいもに似ていますが、
味も効能も全く違う食べ物なんですよ。

 

そこで、ここではヤーコンのダイエット効果について説明します。

 

ヤーコンのダイエット効果

 

ヤーコンのダイエット効果は以下の通りです。

 

 フラクトオリゴ糖

ヤーコンで一番注目の成分といえばフラクトオリゴ糖です。

フラクトオリゴ糖はトクホにもよく使われている、
非常に注目されている成分なんです。

 

フラクトオリゴ糖は腸内のビフィズス菌を
増やす働きがあります。

それで、ビフィズス菌が増えれば
便秘解消の効果を期待することができます。

便秘だと代謝が下がるのでダイエットの大敵です。

それで、フラクトオリゴ糖によって便秘を解消できれば、
ダイエット効果を期待することができます。

 

 クロロゲン酸(ポリフェノール)

ヤーコンにはクロロゲン酸が豊富に含まれています。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種です。

クロロゲン酸には活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素によって体内の細胞が傷つけられ、
体内器官の働きが鈍ってしまうので代謝が下がります。

また、活性酸素によって血液の流れが悪くなりますので、
これも代謝が下がる原因になりますよね。

ですから、ポリフェノールによって活性酸素が取り除かれれば、
代謝が高くなるのでダイエット効果を期待することができます。

 

また、ヤーコンに含まれるクロロゲン酸には、
血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

血糖値が急上昇した後は急降下しますが、
この時に強い空腹感を感じてしまいます。

それで、血糖値の急上昇を抑えれば、
血糖値が急降下するのを防ぐことができるので、
空腹感を抑えることができます。

それで、食べる量を減らしやすくなりますので、
ダイエット効果を期待することができますよ。

 

 水溶性食物繊維

ヤーコンには、難消化性の水溶性食物繊維が含まれています。

難消化性とは消化されにくいという意味です。

それで、糖質の吸収スピードを緩やかにするので、
血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

また、水溶性食物繊維には腸内環境を
整える働きがあります。

ヤーコンは、フラクトオリゴ糖と食物繊維のWの働きで、
腸の調子を整えてくれるんですよ。

 

ヤーコンをダイエット目的で取る時の注意点

 

ヤーコンが注目されている理由は、
クロロゲン酸が大量に含まれているからです。

クロロゲン酸はコーヒーやさつまいもにも含まれていますが、
ヤーコンにはそれらとは比にならないほどたくさん含まれています。

しかし、クロロゲン酸を摂りすぎると
おなかがゆるくなる恐れがあります。

ですから、ヤーコンを食べておなかがゆるくなったら、
食べる量を減らすべきです。

 

また、ヤーコンの主な働きは整腸作用です。

つまり、便秘解消の高い効果を期待できるので、
ダイエット効果を期待することができます。

 

ただ、ヤーコンを食べているからといって、
食事やおやつでいつも以上に食べてしまったら、
太る恐れがあります。

いくらヤーコンを取っているからといって、
食べる量が増えたら太ると考えたほうがいいですよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください