杜仲茶 ダイエット効果


杜仲茶 ダイエット効果 について

 

杜仲茶にはダイエット効果がある!
という事が、テレビなどでも時々紹介されていますよね。

ダイエットに効果的だというお茶はたくさんありますが、
杜仲茶は他のお茶とどのような違いがあるのでしょうか?

そして、杜仲茶を飲むだけで痩せることができるのでしょうか?

 

杜仲茶のダイエット効果!

 

杜仲茶に含まれるダイエット効果のある成分で
注目されている成分は2つあります。

「ゲニポシド酸」と「アスペルロシド」です。

 

 ゲニポシド酸

ゲニポシド酸には肝臓の機能を向上する働きがあります。

肝臓は脂質や脂質を分解する働きがありますが、
肝臓が脂質や脂質を分解しないと燃焼させることができません。

それで、肝臓の機能を向上することで脂質分解を促せば、
脂肪や脂質が燃えやすくなるのでダイエット効果が期待できます。

実際に動物実験で、ゲニポシド酸には
内臓脂肪や血液中の脂質が減少したことが
確認できた、と報告されています。

 

 アスペルロシド

アスペルロシドには胆汁酸の働きをサポートする作用があります。

アスペルロシドは古い胆汁酸を外に排出する働きがあります。

すると、新しい胆汁酸が分泌されます。

胆汁酸は新しいほうが働きが活発になります。

胆汁酸には脂肪燃焼を促進する働きがあります。

脂肪燃焼に関わる体内器官は、
肝臓、筋肉、褐色脂肪細胞の3つです。

胆汁酸はその3つに働きかけて脂肪燃焼を促す働きがあります。

ですから、アスペルロシドが古い胆汁酸を排出すれば、
新しい胆汁酸が分泌されて脂肪燃焼が促されるので、
ダイエット効果が期待できるのです。

 

杜仲茶にはイリドイド類が含まれているので
ダイエットに効果的だと言われることがあります。

ちなみに、「ゲニポシド酸」と「アスペルロシド」は
両方ともイリドイド類になります。

同じ仲間になりますし、両方ともダイエット効果が期待できますが、
働きは違いますよ。

 

その他、杜仲茶にはビタミン、ミネラル類が
豊富に含まれています。

それらもダイエットのサポートになりますよ。

 

杜仲茶のダイエット効果を期待して飲む際の注意点

 

杜仲茶にダイエット効果が期待できる理由は、
脂肪燃焼が促進されるからです。

ちなみに、脂肪をエネルギーに変える必要がなければ、
どれだけ促進したところで燃焼しません。

 

例えば、薪を燃やすときにガソリンや灯油をかけると
燃えやすくなりますよね。

しかし、肝心の火がなければ、
どれだけガソリンや灯油をかけても
全く燃えませんよね。

 

この例でいうと、ガソリンや灯油が杜仲茶、
薪が体脂肪、火が運動になります。

つまり、いくら杜仲茶を飲んだところで、
運動量がゼロなら体脂肪は燃えません。

 

それで、杜仲茶は新たに運動をしなくても
日常生活の動きで脂肪燃焼量が増える、と言われています。

ただし、あまりにも運動量が少ない場合は、
ダイエット効果が期待できないことも考えられますよ。

 

また、ダイエットの基本は、
「消費カロリー>摂取カロリー」なら痩せるということです。

杜仲茶を飲んでいるからといって、
摂取カロリーが増えたら太ると考えたほうがいいですよ。

 

【ふくちゃのがぶ飲み長野杜仲茶|3g×50包】長野県産杜仲茶【トチュウ茶|杜ちゅう茶】胆汁酸ダイエット

新品価格
¥1,380から
(2015/3/11 17:44時点)

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*