太陽の光を浴びるとダイエット効果があるってホント?


太陽の光 浴びる ダイエット効果 について

 

朝起きてから太陽の光を浴びるのは、
非常に健康的だと言われています。

そして、ダイエット効果も期待できるんです。

 

そこで、ここでは朝起きてから太陽の光を浴びると
ダイエット効果を期待できる理由を説明します。

a0830_000434

 

朝起きてから太陽の光を浴びるとダイエット効果がある理由とは?

 

太陽の光を浴びると、
脳内に「セロトニン」という物質が作られます。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれていますが、
精神を安定させて幸せな気分にしてくれる脳内物質です。

 

それで、脳内にセロトニンが作られると、
満腹中枢が敏感になり、
食事の量が少なくても満腹感を感じやすくなります。

そうなると、食べる量を減らしやすくなりますので、
ダイエット効果が期待できますよね。

 

また、セロトニンが多いとストレスに強くなります。

ストレスは太る大きな原因になります。

食べることで脳が幸福感を得ようとするからです。

それで、セロトニンを増やしてストレスに強くなると、
食べ過ぎを防止することができます。

 

また、ストレスによって血液の流れが悪くなり、
代謝が低くなりますので太りやすくなります。

そこで、セロトニンが増えると、
代謝が下がりにくくなるので
ダイエット効果を期待することができます。

 

そして、セロトニンが不足すると睡眠の質が悪くなります。

精神が安定せずイライラしてしまうので、
寝つきが悪くなってしまうのです。

それで、セロトニンの分泌量を増やすと、
睡眠の質が高まります。

そうなると、代謝が高くなりますので、
ダイエット効果が期待できるのです。

 

太陽の光を浴びることで作られるセロトニンには、
ダイエット効果のあるさまざまな働きをしてくれます

 

また、朝に太陽の光を浴びると、
体内時計がリセットされます。

1日1回体内時計をリセットしないと狂い出します。

普通の時計が時々時間をなおさないと狂ってしまうように、
体内時計も1日1回なおさないと狂ってしまうのです。

そうすると、夜になっても体はお昼だと認識するようになります。

そうなると、夜に眠れなくなってしまいます。

それで、睡眠の質が低下して代謝が下がるので、
太りやすくなってしまいます。

朝に太陽の光を浴びて体内時計をリセットすれば、
睡眠の質を高くすることができ代謝を高くできますので、
ダイエット効果を期待することができるのです。

 

午前中は太陽の光を浴びず、午後から太陽の光を浴びても
セロトニンが分泌されますのでダイエット効果が期待できます。

ただし、それでは体内時計がリセットされませんので、
ダイエット効果が半減してしまいます。

ですから、ダイエット効果を高くするためにも
朝起きてから太陽を浴びたほうがいいですよ。

15分程度浴びると効果的だと言われています。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください