顔のむくみを取るのに効果的な食べ物~食事を変えてむくみ解消できる?


顔のむくみを取る 食べ物 について

 

「顔のむくみがひどいんだけど、どうしたらいいんだろう?」
と、あなたは悩んでいませんか?

朝、起きたときに顔がむくんでいるのは仕方がないにしても、
お昼になっても夕方になってもむくみが取れないと、
どうにかしてむくみを取りたい!と思いますよね。

 

そこで、ここでは顔がむくむ原因と、
むくみを取る効果の期待できる食べ物を紹介します。

a0001_016467

 

顔のむくみが取れない原因

 

朝起きたときは、ほとんどの人が顔がむくんでいます。

それは、寝ているときは顔の血液の流れが悪くなるからです。

 

起きているときは重力の影響で血液が心臓に戻りやすくなります。

しかし、寝ていると重力の影響が少なくなりますので、
血液が心臓に戻りにくくなります。

そうなると、血液が顔に滞ってしまいますので、
むくみやすくなるのです。

 

それで、起きてしばらくすると通常であれば
顔のむくみを解消することができます。

 

しかし、顔の血液の流れが起きている時も悪いと、
むくみを解消することができなくなります。

 

むくみというのは、細胞の余分な水分がたまっている状態です。

細胞の余分な水分を運び出すのは血液です。

その血液の流れが悪くなると、
水分を運び出すことができなくなるのでむくんでしまうのです。

 

顔の血液の流れが悪くなる主な原因は肩こりや首のこりです。

肩や首の筋肉がかたくなるとこります。

そして、筋肉がかたくなると血液を押し流す力が
弱くなるので流れが悪くなります。

それで、顔まで血液を送ることができなくなるのです。

という事は、肩こりや首のこりを解消すれば、
顔の血液の流れが良くなるのでむくみを解消できる、
という事になりますよね。

ただし、日常生活に支障が出ないほどのこりであれば、
血液の流れを良くすればむくみを解消することはできますよ。

もちろん、肩や首のこりを解消するのは大切ですよ。

 

肩や首はこっていないけど顔がむくんでいる場合、
全身がむくんでいる可能性が高いです。

何らかの影響で全身の血液の流れが悪くなれば、
顔だけではなく全身がむくみます。

この場合も、血液の流れを良くすれば、
顔を含めて全身のむくみを解消することができます

 

 

ここでは、血液の流れを良くして顔のむくみを解消する
のに効果的な食べ物を紹介します。

 

顔のむくみを解消するのに効果的な食べ物

 

顔のむくみを解消するには、
血液の流れを良くする食べ物が効果的です。

血液の流れを良くする食べ物の代表格といえば
青魚ではないでしょうか?

青魚に含まれるDHAやEPAには
血液をサラサラにする働きがあります。

ですから、血液をの流れを良くして、
顔のむくみを解消する効果が期待できます。

 

また、にんにく、玉ねぎ、長ネギなどのネギ類
血液の流れを良くするのに効果的です。

そして、ショウガなど体を温める食べ物も、
血液の流れを良くするのに効果的です。

 

血液の流れを良くするには、
牛、豚、鶏などの動物性の脂質や体を冷やす食べ物を避け、
青魚やネギ類、体を温める食べ物を食べるといいですよ。

そうすれば、顔のむくみを解消することが期待できます。

 

あと、水分補給も忘れずに行うべきです。

水分が不足すると、水分を体内に溜めようとするので、
逆にむくみやすくなる、と言われています。

また、水分が不足すると血液がドロドロになって、
流れが悪くなるのでむくみやすくなります。

ですから、むくみの原因は水分の摂り過ぎだと思って、
水分を控えると、逆にむくみがひどくなりますよ。

 

食べ物ではむくみを解消できない場合の対処法

 

肩や首のこりがひどいと、
血液の流れを良くする食べ物を食べても、
なかなか顔のむくみを解消できないことがあります。

日常生活に支障が出るほどこりがひどい場合は、
血液の流れを良くしても顔のむくみを解消できないでしょう。

そういう場合は、肩や首のこりを解消すべきです。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください