ココナッツオイルで太った!?その原因と正しいダイエット法とは?


ココナッツオイル 太る について

 

「ココナッツオイルにはダイエット効果があると聞いたけど、
摂り始めてから太ってしまったんだけど…」
と、あなたは悩んでいませんか?

ココナッツオイルはダイエット効果が期待できる、
と以前説明しました。

参考記事:ココナッツオイルのダイエット効果~オイルで痩せることができる?

しかし、ココナッツオイルを摂取したら太った、
という人もなかにはいますよね。

 

そこで、ここではココナッツオイルを摂ったら太った原因と
ダイエットに効果的なココナッツオイルの活用法を説明します。

coconut-1125_640

 

ココナッツオイルで太る原因は?

 

まず、ココナッツオイルにはなぜダイエット効果があるのか、
というところから説明します。

ココナッツオイルはエネルギーに変わりやすく、
体内にためられにくいからダイエット効果が期待できます。

通常の植物性油はエネルギーに変わりにくく、
体内にため込まれやすいので太りやすくなります。

 

摂取したものがすぐにエネルギーに変われば
体内にたまりにくいですから太りにくくなりますよね。

そして、摂取したもの全てがエネルギーに変われば、
あとは体脂肪をエネルギーに変えていきますので、
体脂肪が減ってダイエット効果が期待できますよね。

 

 

しかし、仮に運動量がゼロでエネルギーを作る必要がなければ、
どれだけエネルギーに変わりやすいからといっても
わざわざエネルギーに変えることはありません。

エネルギーに変える必要のないものは、
いくらエネルギーに変わりやすいものであっても
体内にためられてしまうんです。

 

という事は、ココナッツオイルを摂りすぎると太ります

例えば、ココナッツオイルを20g摂ったとして、
そのうち10gしかエネルギーに変えることができなければ、
残りの10g分は体内にためられてしまうのです。

ですから、ココナッツオイルの摂りすぎは太ります。

あと、ココナッツオイルを取っているからといって、
今まで続けていた運動などをやめたりして
消費カロリーが減ったら太りますね。

 

ココナッツオイルは大さじ1杯(12g)で111kcalです。

噂によるとミランダカーは1日に大さじ4杯のココナッツオイルを
摂っているということです。

という事は、ココナッツオイルで444kcal摂っていることになります。

この444kcalは太る要因になります。

 

エネルギーに変わりやすいという事は、
単純な話、消費カロリーが増えやすいということです。

今までの食事にプラスココナッツオイルを大さじ4杯摂って、
消費カロリーが100kcal増えたとします。

そうしたら333kcal分は太るという事になります。

 

ダイエットの基本は、
摂取カロリー<消費カロリーなら痩せる、
ということです。

ココナッツオイルによって消費カロリーが増えたとしても
それ以上に摂取カロリーが増えたら太りますよ。

 

ココナッツオイルのダイエットに効果的な摂り方

 

ココナッツオイルは今まで摂っていたオイルの代わりに摂ると
ダイエット効果が期待できます

例えば、今までサラダにドレッシングをかけていたのであれば、
それをココナッツオイルに変えると
ドレッシングに含まれていたオイルをココナッツオイルに変えること
になりますのでダイエット効果が期待できます。

また、今までパンに塗っていたマーガリンをココナッツオイルに変えると
マーガリンのオイルをココナッツオイルに変えることになるので
ダイエット効果を期待することができます。

 

今まで通りの食事にプラス、
ココナッツオイルをコーヒーなどに入れて飲むなどしたら、
ココナッツオイルのカロリー分は太る、と考えたほうがいいですよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*