夜勤で太りやすい食事の時間 太りにくい食事の時間


夜勤 太りやすい 食事 時間 について

 

「夜勤になってから太ってしまったけどなんとかしたい!」
と、あなたは悩んでいませんか?

夜勤は太りやすくなります。

それは、睡眠の質が悪くなるためと、
成長ホルモンが分泌されにくくなるためです。

a0001_016473

 

人間は朝起きて夜寝るように作られています。

それなのに、夜起きて朝寝ていたら
人間が持っているリズムに逆らうわけですから
質の良い睡眠ができなくなってしまうのです。

そうなると代謝が低くなりますので太りやすくなります。

 

また、成長ホルモンが活発に分泌されると
代謝が高くなって痩せやすくなります。

それで、成長ホルモンが分泌されるのは、
夜の10時~2時の4時間です。

この時間に寝ていないと成長ホルモンが
分泌されにくくなるので代謝が落ちます。

ですから太りやすくなってしまうのです。

 

ただ、仕事で夜中に起きていないといけないので、
こればっかりはどうしようもないと思います。

 

そして、夜勤の方が太りやすくなる理由がもう一つあります。

それは食事時間です。

食事時間によって、太りやすくなったりもします。

そこで、ここでは夜勤の方のための
太りやすい食事の時間、太りにくい食事の時間を紹介します。

 

夜勤で太りやすい食事の時間・太りにくい食事の時間

 

まず、食べたものを体内にため込みやすい時間、
ため込みにくい時間を説明します。

 

食べたものを体内にため込みにくい時間は
お昼の2時~3時です。

この時間にどれだけ食べても太らない、
なんて言われています。

もちろん限度はありますけどね。

 

逆に食べたものをため込みやすい時間は、
夜の10時から2時です。

 

それで、PM3:00からPM10:00までは、
徐々に食べたものをため込みやすくなります。

ですから、夕食はできるだけ早くしたほうが
太りにくくなるわけですね。

そしてAM2:00~PM2:00までは、
徐々に食べたものをため込みにくくなります。

 

という事は、夜の10時~2時に食べるのを避けていれば、
少しは太りにくくなる、という事になります。

そして、食べる時間が夜の10時~2時から
離れれば離れるほど太りにくくなる、という事になります。

つまり、夜中の3時よりかは4時に食事をしたほうが
太りにくくなる、という事になります。

 

それで、勤務時間などは人それぞれですので一概には言えませんが、
夕方過ぎに仕事が始まって朝方仕事が終わるというパターンが多いのでは
ないかと思います。

それで、仕事の前と仕事の後に食事をして
勤務中は何も食べないようにすれば、
かなり太りにくくなります。

 

ただし、それだとおなかが空いて耐えられないと思います。

しかも、食事ができる時間が夜中の10時~2時くらいに
なってしまってそれ以外は食事ができない、
という方も多いのではないでしょうか?

 

もし、夜中の10時前と2時以降に軽く食べる時間があるのであれば、
軽い食事を2回の分けて食べたほうがいいです。

食事休憩が1時間ほどあって、
それ以外に10分程度の短い休憩を取ることができるのであれば、
短い休憩中に軽い食事を何回かに分けて食べるようにするのです。

 

例えば、夜の8時~朝の5時が勤務時間だとします。

そして、食事休憩が夜中の12時、
それ以降に10分の休憩が2回あるとします。

そうしたら、10分の休憩のときに
おにぎりを1個ずつ、計2個食べるようにすればいいわけです。

おにぎり1個なら2~3分もあれば食べることができると思います。

 

そのようにして何とか工夫して夜中の10時から2時まで
何も食べないようにすれば、少しでも太りにくくなることができますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください