パワーウォーキングの方法とダイエット効果


パワーウォーキング 方法 効果 について

a1180_004861

ダイエットとしてウォーキングをしている人は多いようですね。

ウォーキングをするのもいいと思いますが、
どうせウォーキングをするなら、
よりダイエット効果を高くしたいと思いませんか?

パワーウォーキングは、普通に歩くのと比べると、
ダイエットなどの効果が高くなります。

では、パワーウォーキングとはどういったものなのでしょうか?

そして、どうして効果が高くなるのでしょうか?

 

パワーウォーキングの方法

 

パワーウォーキングは、
ウォーキングとジョギングの中間のようなものと
考えるとわかりやすいと思います。

 

パワーウォーキングの方法

・腕をしっかり振って、かかとから着地する

・普段の1.5倍ほど早く歩く

・目標心拍数を維持する

・坂道や階段があれば、積極的に歩く

 

腕は後ろまで思いっきり振るようにします。

また、かかとから着地する様にすると、
ふくらはぎの筋肉が血液を押し上げるので、
心臓への負担が軽くなります。
また、ふくらはぎの筋肉の運動量がUPします。

そして、目標心拍数を維持することで、
心拍数を上げすぎないので心臓に負担がかからず、
有酸素運動を維持できるので体脂肪が燃焼しやすくなります。

目標心拍数は、最大心拍数(=220-年齢)の60%~75%です。

上限=220-年齢×0.75
下限=220-年齢×0.6

つまり、30歳であれば、

上限=220-30(歳)×0.75=142.5
下限=220-30(歳)×0.6=114

となりますので、
心拍数が114~142.5の範囲内でウォーキングします。

パワーウォーキング中の心拍数を測るには、
心拍計測機能付きの腕時計などが便利だと思います。

安いものであれば2,000円前後で売っています。

[テルバ]TELVA 腕時計 心拍計測機能付 デジタル メンズウォッチ TEV-2513-BK ブラック メンズ []

新品価格
¥1,800から
(2013/9/19 10:47時点)



1回30分以上、週に2~3日行うと良いでしょう。

 

「心拍数を維持する」「かかとから着地する」
この2点は特に大切なポイントになりますので、
十分に意識しておく必要があります。

 

パワーウォーキングのダイエット効果

 

パワーウォーキングは、普通のウォーキングに比べて
脂肪が燃焼する効果が高くなります。

 

また、エネルギーの使われ方が良くなるので、
基礎代謝が上がります。

血行も良くなりますので、
このことも基礎代謝UPにつながりますね。

基礎代謝を上げることで、痩せやすい体になることができますので、
ダイエット効果が期待できます。

 

また、体を動かすことで気分転換できるので、
ストレス解消にもつながります。

ストレスは太る原因になります。

 

パワーウォーキングのダイエット以外の効果

 

パワーウォーキングは、
心臓病で倒れたにもかかわらず、その後奇跡的に回復し、
ニューヨークマラソンを完走したガウター氏が、
心臓病の闘病生活とリハビリの経験から考案されたものです。

それで、心臓病などの術後のケアとリハビリに、
パワーウォーキングの効果が高く評価されています。

 

また、体脂肪を燃焼したり、血液の流れを良くできるので、
生活習慣病の予防や体質改善の効果も期待できます。

 

そして、血液の流れが良くなることで、
血液中の糖分や脂肪が減少し、インシュリンの働きが活性化され、
自律神経のバランスも向上させることができます。

 

おわりに

 

普段、ウォーキングをしている方であれば、
パワーウォーキングは実践しやすいと思います。

ちょっと歩き方を変えるだけで、
ちょっとはつらくなりますが、ダイエット効果などが大きくなります。

ですから、普段ウォーキングしているのであれば、
ちょっとだけツラくなるだけなので、
簡単ダイエットへつながっていくことでしょう。

普段ウォーキングをしないのであれば、
初めはちょっとツラいと思うかもしれません。

しかし、有酸素運動でダイエットしようと考えるのであれば、
パワーウォーキングが一番効率が良くて簡単ではないか、
と思います。

 

ただし、パワーウォーキングをしているからといって、
食べる量が増えると、太ると考えたほうがいいでしょう。

食事のことも気を付ける必要がありますね。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*