肥満 病気 リスク 肥満解消


肥満 病気 リスク 肥満解消 について

 

「肥満だと病気になりリスクが高くなる!」
という事は聞いたことがないでしょうか?

肥満は万病の元と言われています。

実際に肥満ではない人と比べると
病気になる確率が何倍も高くなるんです。

では、肥満だとどのような病気になりやすいのでしょうか?

また、病気になるリスクを減らすための肥満解消は、
どうすればいいのでしょうか?

a0001_009107

 

肥満が原因になる病気

 

肥満が原因で起こる病気の代表例は、
糖尿病・高血圧・動脈硬化・脂質異常症などです。

狭心症や心筋梗塞なども肥満が原因で引き起こされる、
と言われることがありますが、
それは、肥満が原因で動脈硬化になり、
そして動脈硬化が原因で狭心症や心筋梗塞になります。

広く考えれば、肥満は血管系の病気の原因になりますね。

 

また、肥満だと心臓への負担が大きくなりますので、
心臓の病気の原因にもなります。

脂肪肝や肝硬変など肝臓の病気も、
肥満が原因でなることがあります。

その他、胆石、睡眠時無呼吸症候群、変形性膝関節症なども
肥満が原因で引き起こされることがあります。

 

肥満だと実に様々な病気になるリスクが高くなる、
また、命に係わる病気のリスクも高まる、
という事ができますね。

病気のリスクを少しでも低くするには、肥満を解消することが大切です。

 

肥満の原因

 

肥満の原因は「摂取カロリー>消費カロリー」の状態が続いていること
一番大きいです。

運動不足や食べ過ぎだと、「摂取カロリー>消費カロリー」になりますよね。

それ以外に、代謝が下がることで
「摂取カロリー>消費カロリー」になります。

睡眠不足、ストレス、栄養の偏り、タバコ、アルコールなどは、
代謝が下がる代表例ですね。

また、生まれつき代謝が低い人もいます。

 

肥満の原因は脂質の摂りすぎだと思い、
肥満解消のためにひたすら脂質の摂る量を減らす人がいますよね。

確かに脂質の摂りすぎは肥満の原因になります。

しかしそれだけではありません。

糖質(炭水化物など)の摂りすぎも肥満の原因になります。

糖質は体内でエネルギーに代わりますが、
消費エネルギーが少なく糖質があまると、
脂肪に変わり体内にためられてしまいます。

ですから、糖質の摂りすぎも肥満の原因になります。

厳密に言えばたんぱく質の摂りすぎも肥満の原因になります。

ただ、現実を考えるとたんぱく質不足の人が多いので、
たんぱく質があまって体脂肪に変わることは少ない、
と考えていいでしょう。

 

とにかく、エネルギーがあまったら体脂肪になるので太り、
その状態が続くと肥満になってしまう、という事になります。

 

肥満を解消して健康的になるポイント

 

肥満を解消するには、
「摂取カロリー>消費カロリー」にする必要があります。

そうなるには食べる量を減らし、運動量を増やす必要がありますね。

栄養バランスのとれた食事を腹八分目食べて、
適度に運動することが健康的に一番理想的なダイエットだと
言われています。

そのような生活を送れば、
徐々に体重が減っていき、肥満を解消することができるでしょう。

 

しかし、実際には栄養バランスの取れた食事を腹八分目までにし
そして適度な運動をすることは、
現代社会においては非常に難しいですよね。

でも難しいからと言って何もしなければ、
病気になるリスクが高くなります。

 

食べる量を減らし運動量を増やすことが難しいのであれば、
サプリメントを飲むのも一つの手です。

 

健康的に肥満解消するのにおススメのサプリメントがあります。

それは「コレスリム」です。

 

「コレスリム」には、
脂肪燃焼を促進する成分(「Lカルチニン」「コーヒークロロゲン酸」など)、
糖質の吸収を抑える働きのある「ギムネマ・シルベスタ」、
痩せやすい体になるのをサポートする「酵素」、
食欲を抑える働きのある「カツオ煎じパウダー」
健康にもダイエットにも効果的な「亜麻仁油」、
など、ダイエットに効果的だとされる成分が贅沢に配合されているんです。

これほどダイエット効果が期待できる成分が配合されているサプリメントは
他にはなかなかないでしょう。

 

「コレスリム」のよくばり成分が、
肥満解消を強力にサポートしてくれることでしょう。

 

▼「コレスリム」詳しくは公式ページへ▼
「コレスリム」公式ページはこちら

 



簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*