肥満 体臭


肥満 体臭 について

a0002_002160

肥満だと標準体型の人と比べると
体臭がきつくなると言われています。

では、なぜ肥満だと体臭がきつくなると
言われているのでしょうか?

また、肥満の方が体臭を抑える簡単な方法はないのでしょうか?

 

肥満だと汗をかきやすいので体臭がきつくなる!

 

まず、肥満だと汗をかきやすくなります。

肥満だと皮下脂肪が厚くなりますよね。

皮下脂肪は体内の熱が体外に放出するのを防ぐ、
断熱材と同じ働きがあります。

それで、皮下脂肪が厚いと体温が上がりやすいので、
汗をかきやすくなるのです

時間がたつと、その汗は雑菌や皮脂と混ざり合います。

それで、においを発するので体臭がきつくなります

 

通常、汗そのものは無臭ですが、
雑菌や皮脂と混ざり合う事でにおいを発します。

ただし、わきの下や股間、胸などから出る汗は、
汗そのものが臭いので、
汗をかくだけで体臭を発します。

 

皮脂が過剰に分泌されて体臭がきつくなる

 

肥満の方は、糖分や脂質をたくさん食べる傾向にあります。

糖分や脂質をたくさん食べると、皮脂が過剰に分泌されます。

皮脂は皮膚を外の細菌などから守りますので、
ある程度は必要です。

しかし、必要以上に皮脂が分泌されてしまうと、
臭いを発してしまうのです

 

肥満の方の体臭対策

 

皮脂の臭いは、食べ物によってにおいがきつくなります。

お肉(牛・豚・鶏)をたくさん食べると
皮脂の臭いがきつくなります

お肉には飽和脂肪酸というものがたくさん含まれています。

この飽和脂肪酸は細菌のエサになるので、
細菌が繁殖しやすくなり、においがきつくなります。

これに対して、魚には不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。

不飽和脂肪酸は細菌のエサにはならないので、
皮脂の臭いがかなり緩和されます。

ですから、お肉を減らし魚を増やせば、
皮脂からの体臭を緩和することが可能になります

ただし、臭いが緩和されるだけであって、
においが消えるわけではありません。

皮脂そのものにもにおいがあるので、無臭にはなりません

 

また、皮脂が過剰に出る原因は、
脂肪の食べ過ぎと皮膚の洗いすぎです。

皮膚を必要以上にキレイにしてしまうと、
皮膚を守るのに必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

そうなると、体は皮脂が不足と認識するので、
必要以上に皮脂を分泌してしまうのです。

ですから、体を洗うときは
石鹸を付けたビニールのタオルでごしごしこするのはやめて、
石鹸の泡を体に優しくつけるだけにしましょう

それだけで十分きれいになります。

皮膚を過剰に洗いすぎないようにするだけでも、
かなり皮脂を抑えることができますよ

 

また、汗がたくさん出ることも体臭の原因になります。

マメにシャワーを浴びることができる環境にあれば、
浴びたほうが良いでしょう

ただし、石鹸を使うのは1日に1回から2回にしておいて、
後はお湯だけで洗い流す程度で汗は流れます。

しかし、ほとんどの方はシャワーを頻繁に
浴びることが出来ないと思います。

汗をかいたらマメにふくようにするだけでも、
かなり体臭を緩和できますよ

 

肥満だと体臭がきつくなる原因は、
肥満そのものではなくて、
肥満によって汗をかきやすくなったり
皮脂が過剰に分泌されるからです。

ですから、肥満を解消する前であっても
ある程度は体臭を抑えることが可能になりますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*