秋 太る 原因 太らない方法


秋 太る 原因 太らない方法 について

 

「秋になると、ついつい食べ過ぎちゃって太っちゃう~!」
と、あなたは悩んでいませんか?

「食欲の秋」と言われているように、
秋になるとついつい食べ過ぎてしまう事が多いですよね。

なかには
「食欲の秋だから、太ってもしょうがない!」
と、諦める人も少なくないですよね。

text_akino_mikaku

 

ところで、なぜ秋になると食欲がわいてくるのか考えたことってありませんか?

秋になるとおいしい食べ物が旬を迎えるから、
と考える人も多いのではないでしょうか?

確かに秋になると、様々な食べ物が旬を迎えますので、
それでついついたくさん食べてしまいがちです。

しかし、実はそれだけではないんです。

この、食欲の秋の原因がしっかりわかると、
秋に太る原因がわかり、太らないようにする方法も分かってきます。

 

そこで、ここでは秋に食欲がわいて太る原因と、
太らないようにする方法を説明していきます。

 

秋に食欲がわいて太る原因とは?

 

秋に食欲がわいて太る原因は以下の通りです。

 

 胃腸の調子が回復

夏は暑さで胃腸の調子が悪くなり、食欲が落ちてしまいがちです。

しかし、秋になって気温が下がるにつれて胃腸の調子が戻ります。

それで、食欲がわいてきてしまうのです。

また、夏に減った体重や失った体力を取り戻そうとするので、
他の季節よりもより食欲がわいてきます。

 

 冬に向かって脂肪をため込む

人間の体は冬の寒さに備えて脂肪を蓄えようとします。

脂肪が断熱材の働きをしますので、寒さから体を守ってくれます。

それで、体内に脂肪をため込むために、
脳が「もっとたくさん食べなさい!」と命令を出します。

これが空腹感です。

ですから、食欲がわいてきてしまうのです。

 

 気温の低下

気温が低下すると、体温を維持するために熱を作り出します。

体内で熱を作り出すときにはエネルギーが必要です。

それで、熱を作り出そうとするエネルギーを摂取するために
脳が「もっとたくさん食べなさい!」と命令を出します。

ですから、食欲がわいてくるのです。

 

 夏の運動不足

夏は暑いので運動を控えたり、外出を控えたりしがちです。

そうすると、筋肉が衰える傾向があります。

筋肉が減ると代謝が下がりますので太りやすくなります。

普段からあまり運動をしないのであれば
筋肉があまり衰えないので太る原因になりにくいですが、
普段運動をするのに、夏になると運動量が減った場合は、
太る原因になります。

 

 夜更かし

「読書の秋」と言われる通り、
秋の夜長は読書などに適していますよね。

それで、ついつい夜更かしをしてしまいがちです。

それで、睡眠時間が短くなったら太ります。

 

秋に太らないようにするために

 

秋に食欲がわいてくるのは、必要なエネルギーを摂取するためです。

「胃腸の調子が良くなる」「脂肪をため込む」「気温の低下」は
まさに必要なエネルギーを補うためですよね。

必要なエネルギーだけを摂っていれば、
夏に痩せた分がそのままリバウンドすることはあっても、
それ以上は太らないです

しかし、どうしても必要以上に食べ物を食べてしまいがちです。

その主な理由は2つ、
・満腹感を感じるのに時間がかかる
・血糖値が急上昇する
ということです。

必要なエネルギーを摂っても、
満腹感を感じるまで10分以上かかります。

ですから、満腹感を感じるまで食べ続けると、
必要以上に食べ過ぎてしまいます。

また、たくさん食べると血糖値が急上昇します。

急上昇したものは急下降します。

血糖値が急下降したら、強い空腹感を感じてしまいます。

ですから、必要以上に食べてしまうのです。

この2つを防ぐには、ゆっくりよく噛んで食べるといいです。

ゆっくりよく噛んで食べると、
満腹感を感じるまで必要以上に食べるのを防ぐことができます。

また、血糖値の急上昇も防ぐことができます。

ですから、必要以上に食べなくなりますので、
夏に痩せた分リバウンドはしても、それ以上は太りにくくなります。

また、食事の時に食物繊維から食べると、
血糖値の急上昇を抑えることができますよ。

 

また、秋は太りやすい季節と言われていますが、
同時に痩せやすい季節と言われることもあります。

その理由が分かれば、秋に太るのを防ぐ一助にはなります。

秋は痩せやすい季節と言われる理由は以下の3つです。

 

 よく眠れるようになる

夏は寝苦しくて睡眠の質が悪くなる人が多いですよね。

また、夏の暑さで自律神経が乱れることも睡眠不足の原因になります。

秋になると、寝苦しくなくなりますよね。

そして、夏に乱れた自律神経が整います。

ですから、眠りやすくなります。

睡眠の質を高くしてしっかりと眠れば、痩せやすくなります

 

 気温の低下

気温が低下すると、熱を作り出すためにエネルギーが必要なので
食欲が増します。

これを考えようによっては、
代謝が高くなるので痩せやすくなる、と捉えることができます。

夏に比べて代謝が高くなることを上手に利用することで、
太るのを防ぐことができます

 

 運動に適した季節

「スポーツの秋」と言われているように、
秋は運動をしやすい季節になります。

また、紅葉など自然が美しくなる季節ですので、
ウォーキングなどが楽しい季節ですよね。

ですから、適度にスポーツをすれば太るのを防ぐことができますよ。

 

以上のことをしっかり理解して実践すれば、
秋に太るのを防ぐことができるでしょう。

ただし、冬に備えて脂肪を蓄えやすくなりますが、
これは簡単に防ぐことはできません。

ただ、必要な脂肪を付けないのは不健康ですので、
寒さを防ぐのに必要な脂肪くらいは付いてもいいのではないかと思いますよ!

 

秋に太ってしまった時におススメのダイエット法

 

「食欲の秋」で食べ過ぎてしまって体重が増えたとき、
すぐに対処すればすぐに元の体重に戻ります。

食べ過ぎた後は血液中に脂肪分が増えます。

炭水化物や糖質もエネルギーとして使われないと
脂肪分に変わって血液中にとどまります。

そして、しばらくすると脂肪細胞にためられます。

それで、血液中の脂肪分が脂肪細胞にため込まれるまで、
数日~1週間くらい時間がかかります。

血液中の脂肪分が脂肪細胞にため込まれる前なら
燃焼しやすいですが
脂肪細胞に溜められてしまうと燃焼しにくくなります

ですから、食べ過ぎて体重が増えたら、
早めに血液中の脂肪分を減らして
脂肪細胞に溜められないようにすることが大切になります。

 

1日くらい食べる量を大幅に減らせば、
血液中の脂肪分をエネルギーに変え、脂肪分を減らしますから
すぐに元の体重に戻すことができますよ。

いつも通り食べ続けたら、脂肪細胞に脂肪分がため込まれてしまうので、
なかなか体重が減らなくなります。

 

そこでおススメなのが「断食」です。

食べ過ぎた2~3日後にでも1日断食すれば、
即効で元の体重に戻ることができるんですよ。

 

「断食」はつらいイメージがあるかもしれませんが、
実際に実践すると、そんなにもツラくはありません。

私が1日断食をした時の体験談を以前書きました。

興味のある方はそちらの記事をご覧ください。

参考記事:断食体験談~1日断食のダイエット効果は?

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*