食べても太らない体質になるには~痩せの大食いになれるのか?


食べても太らない体質になるには について

 

「たくさん食べても太らない体質になりたい!」
と、あなたは思ったことがありませんか?

あなたの周りにはたくさん食べても太らない人が
1人や2人はいるのではないでしょうか?

そして、そういう人を見ると、
「私も食べても太らない体質になりたい!」
と思ってしまいますよね。

 

「太る体質は生まれつきだからしょうがない!」
なんて、あなたは思っていませんか?

確かに生まれつき太らない体質の人もいるでしょう。

しかし、そうでなかったとしても、
食べても太らない体質になることはできるんです。

たとえ、生まれつき太りにくい体質だったとしても、
太らない体質になることは可能なんです。

syokuji_woman

 

では、食べても太らない体質になるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

食べても太らない体質になるための基礎知識

 

ダイエットの基本ですが、大原則として
「摂取カロリー<消費カロリー」になると痩せる、
ということですね。

そして、食べても太らない、ということは
食べた以上にエネルギー消費が多い、という事になりますね。

摂取カロリーが多くてもそれ以上に消費カロリーが多ければ痩せます

また、痩せている人が摂取カロリー=消費カロリーの状態を
維持できれば太らないですよね。

 

そしてもう一つ、消費カロリーは大きく二つに分けることができます。

生活活動代謝と基礎代謝です。

生活活動代謝とは、
日常生活での活動や運動などをして消費するエネルギーのことです。

基礎代謝とは、寝ててもぼっとしていても消費されるカロリーです。

呼吸をするのにも心臓を動かすのにもエネルギーを消費しますが、
そういった人間の意志とは関係なく消費されるエネルギーを
基礎代謝といいます。

そして、正確にはあと食べ物を消費するエネルギーがありますが、
ここでは便宜上、基礎代謝と考えます。

 

それで、食べても太らない体質とは基礎代謝が高い体質のことです。

基礎代謝が高ければ高いほど食べたものは体内にためられず
エネルギーに変えられるわけですね。

という事は、食べても太らない体質になるには、
基礎代謝を高くすればいい、という事になります。

 

基礎代謝を高くして食べても太らない体質になるには?

 

基礎代謝を高くするには、まず便秘を解消する必要があります。

 

便秘で腸内に便がたまると、便から毒素が発生するようになります。

その毒素が血液のよって全身に運ばれます。

毒素が全身に運ばれると、体内器官が正常に働かなくなるので、
基礎代謝が下がってしまうのです。

 

便秘の原因の8割は、腸が動かなくなることです。

食べ過ぎて腸が弱ったり、あるいは食物繊維が不足したりすると、
腸が正常に働かなくなります。

それで、食べる量を減らさず便秘を解消するには、
食物繊維をたくさん食べると同時に、
腸の周りの筋肉を鍛えるといいです。

腸の周りの筋肉を鍛えると便を排出する力がありますので、
少々食べすぎても便秘にはなりません。

女性は男性に比べると便秘になりやすいですが、
その理由の一つに、女性のほうが腹筋が弱いというのがあります。

ですから、腸の周りの筋肉を鍛えることで、
便秘を解消することができます

 

そして、基礎代謝を高くするには血液の流れを良くする必要があります。

血液の流れが悪くなると、体を動かすのに必要な栄養素が届けられなくなり、
体内器官を正常に働かせることができなくなるので、基礎代謝が下がります。

食べる量を減らさずに血液の流れを良くするには、筋肉を鍛えると良いです。

筋肉を鍛えると、血液を流す力が強くなりますので、
血液の流れを良くすることができます。

ちなみに、年齢を重ねると血液の流れが悪くなる傾向がありますが、
その理由の一つに、筋肉の衰えがあります。

ですから、筋肉を鍛えることで血液の流れを良くすることができます。

そしてもう一つ、体のゆがみを矯正することで
血液の流れが良くなります。

体がゆがんでいると血管が押しつぶされてしまいますよね。

そうすると、ホースを足で踏むと水の出が悪くなるように、
血管が押しつぶされると血液の流れが悪くなります。

体のゆがみを矯正するには、骨を支えている筋肉を鍛える必要があります

 

腸周辺の筋肉や骨を支える筋肉などは、
体の内側にあることから「インナーマッスル」と言われています。

つまり、インナーマッスルを鍛えることで、
便秘を解消でき、体のゆがみを解消でき、
そして血液の流れも良くすることができるので、
痩せやすい体になることができるんです。

 

インナーマッスルを鍛えるのは、そんなにツラくはありません。

一般的に筋肉と言うと、
皮膚直下の筋肉「アウターマッスル」のことを指しますが、
アウターマッスルは日常生活である程度は鍛えられます。

そして、筋肉はある程度鍛えられると、
それ以上鍛えるのが大変になります。

しかし、インナーマッスルは日常生活ではなかなか鍛えられません。

鍛えられていない筋肉を鍛えるのは、
ある程度鍛えられている筋肉に比べると簡単に鍛えることができます。

 

そして、筋肉が付いていること自体、消費カロリーを増やします。

筋肉が1kg増えると、消費カロリーが1日30kcal~70kcal増える、
と言われています(個人差があります)。

ですから、食べても太らない体質になるには、
インナーマッスルを鍛えるといいんです。

 

インナーマッスルのダイエット効果と鍛え方は
以前紹介しました。

興味のある方はそちらをご覧ください。

参考記事:インナーマッスルのダイエット効果と鍛え方~簡単に脂肪が燃える体質へ!

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*