梨のカロリーで太る?梨にダイエット効果があるのか検証!


梨 カロリー 太る について

 

秋になると、梨がおいしくなりますよね。

それで、ついつい食べ過ぎると、体重が気になりますよね。

 

では、梨のカロリーで太ってしまうのでしょうか?

検証してみました。

fruit_nashi

 

梨のカロリーで太る?

 

梨のカロリーは中サイズ1玉(250g)で約110kcalです。

ただし、梨の種類はたくさんありますが、
種類によってカロリーが若干違います。

甘い梨ほどカロリーが高くなります。

ただしそんなに大きな違いはありませんけどね。

 

それで、フルーツには果糖という糖分が含まれていますので、
それが太る原因になります。

ただ、果糖と同時にビタミン、ミネラルも豊富に含まれていますので、
適量食べればダイエット効果が期待できる、と言われています。

 

しかし、梨には、果糖が含まれているものの、
ビタミン、ミネラル類の含まれている量が少ない
です。

梨100gあたりに含まれるビタミンCの量は3mgです。
レモン100gあたりに含まれるビタミンCの量は約100mgです。
生キャベツ100g当たりに含まれるビタミンCの量は約40mgです。

ですから、比較するとかなり少ないのがわかりますよね。

キャベツに含まれるビタミンCの1/10以下の量しか、
梨には含まれていません。

ですから、梨には少量しかビタミンCが含まれていない、
というのがわかるのではないでしょうか?

その他のビタミン、ミネラル類も梨には少量しか含まれていません。

 

梨の注目成分は「アスパラギン酸」です。

アスパラギン酸は免疫力を高めたり、
疲労回復をサポートしたりする働きもあります。

あと、体内のアンモニア(毒素)を体外に排出する働きもあります。

という事は、疲れにくくなり、消費カロリーを増やすことができたりすると、
ダイエット効果が期待できますよね。

ただ、ダイエット効果としてはあまりにも間接的すぎますよね。

ですから、ダイエット効果が期待できる成分とは言えないでしょう。

 

という事は、梨には
ダイエット効果が期待できる成分が少量しか含まれていないので、

梨のカロリーがそのまま太ることに直結する、と考えていいです。

 

ダイエット中の梨のメリット

 

梨にはダイエット効果の期待できる成分が少量しか含まれていません。

では、ダイエット中の人にとってはデメリットしかない、といえば、
そんなこともないんです。

梨の成分はほとんど水分です。

それで、カロリーが高くなくても満腹感を得られやすいです。

 

先ほど説明した通り、梨1玉で約110kcalです。

ちなみにバターロール1個で約110kcalです
(商品によって若干の違いがあります)。

バターロール1個と梨1玉を比べると、
どちらが満腹感を得やすいですか?

ほとんどの人が、梨1玉と答えるでしょう。

 

ですから、梨はカロリーの割には満腹感が得られやすい食べ物
という事ができます。

ということは、間食でお菓子を食べるのをやめて梨にすれば、
摂取カロリーを抑えやすくなります。

ですから、梨にもダイエット中の人にも全くメリットがないわけではありません。

 

それで、梨が食べたくなった時、
おやつでお菓子を食べる代わりに梨を食べたりすると、
太りにくくはなるかもしれませんよ。

 

 

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*