代謝とは


代謝とは について

 

ダイエットに関する本や雑誌の記事、ネットでの記事などを見ていると、
代謝」というのが頻繁に出てきますよね。

そして、代謝にも、基礎代謝とか新陳代謝とか、
いくつかの種類がありますよね。

この「代謝」は、簡単ダイエットのためには、
かなり重要なキーワードになります。

では、そもそも「代謝」とはいったい何なのか、
説明していきたいと思います。

 

そもそも代謝とは?

 

代謝とは、食べたものを変化して体が使えるようにすることです
(人間の体の代謝に限る)

糖質や脂肪をエネルギーに変えることや
たんぱく質を筋肉や細胞などに変えることなど
食べ物を変化して体が使えるようにすること全てを
代謝といいます。

 

代謝は大きく2つに分けられます。

それは「新陳代謝」と「エネルギー代謝(実質代謝)」です。

 

「新陳代謝」は、細胞が新しく生まれ変わることです。

人間の細胞はある一定の期間で新しく生まれ変わります。

美容に関する記事を見ていると、
「ターンオーバー」という言葉が出てきますよね。

「肌のターンオーバー」は、肌(表皮)の細胞が新しく生まれ、
古い肌細胞が垢としてはがれ落ちることですよね。

同じように、人間の体のすべての細胞は
ある一定の期間で新しく生まれ変わります。

このような、細胞の生まれ変わりのことを新陳代謝といいます。

 

それに対して「エネルギー代謝」は、
糖質や脂質などをエネルギーに変えることです。

私たちが体を動かすことができるのは、
糖質や脂質などをエネルギーに変えているからですね。

そして、内臓を動かしたり維持したり、熱を出すのにも、
エネルギーが必要です。

このように、食べ物からエネルギーを作り出すことを
エネルギー代謝といいます。

 

それで、ダイエットの記事で「代謝が上がる」という言葉を
よく見かけると思いますが、
これは、ほとんどエネルギー代謝のことを指しています。

ダイエットで重要なのは「エネルギー代謝」です

新陳代謝が悪くなると太りやすくなる、と言われることがあります。

それは、新陳代謝が悪くなることで体内に異常が起こり、
エネルギー代謝が下がるので、太りやすくなる、という事になります。

結局は、エネルギー代謝が下がったせいで太る、という事になります。

「細胞を作り出すのにエネルギーが必要だから…」
と言われることがありますが、
結局はエネルギー代謝のことになりますよね。

ダイエットでは、エネルギー代謝をいかにして上げるのかが
重要なポイントになります

 

エネルギー代謝の種類

 

エネルギー代謝は大きく2つに分けることができます。

それは「基礎代謝」と「運動代謝」です。

「基礎代謝」は、寝ててもボーっとしていても
消費されるエネルギーのことです。

寝ていても、呼吸はしていますし、
心臓などの体内の内臓は動いていますよね。

呼吸をしたり心臓などを動かしたりするのにも
エネルギーを消費します。

このように、何もしなくても消費されるエネルギーを
基礎代謝といいます。

 

「運動代謝」は、体を動かすことによって
消費されるエネルギーのことです。

ジョギングを30分して消費カロリーは○○○kcal、
ウォーキングだと○○○kcal、
という感じのものをよく見聞きすると思いますが、
これらが運動代謝です。

 

ダイエットと代謝の関係

 

「無理な食事制限をすると太りやすい体になる」
「痩せやすい体になるには…」
という文句を見聞きすることがあると思います。

痩せやす体というのは、
基礎代謝が高い状態になっていることです。

逆に太りやすい体というのは、
基礎代謝が低い状態になっていることです。

 

ダイエットでは、運動代謝を高めると同時に、
基礎代謝を上げることも重要になってきます。

 

基礎代謝を高めて痩せやすい体になるには?

 

運動代謝を高くする方法は、
ジョギングやウォーキングをするなど、
恐らくほとんどの方が知っていることだと思いますので、
説明を省きます。

カギは、脂肪の燃焼しやすくすることです。

 

では、基礎代謝を高くするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

基礎代謝を高くするには、
まず、胃腸の調子を良くして消化不良を起こさないようにします。

消化されなかった食べ物は腸の中で腐り、
毒素を発生して、その毒素が全身を駆け回るようになりますので、
糖質や脂質がエネルギーに変わりにくくなります。

 

次に、血液の流れを良くすると、基礎代謝が高くなります。

血液の流れが良くなると、体温が上がります。

熱を発生するのにもエネルギーが消費されますので、
体温の上昇で痩せやすくなります。

そして、血液の流れが良くなると、
栄養が体の隅々まで届けられるので、
体内の各器官が正常に働き、エネルギー消費量が増えます。

 

また、栄養バランスの良い食事を食べる、
という事も基礎代謝UPにつながります。

特にビタミンやミネラルが不足すると、
糖質や脂質をエネルギーに変えることができなくなります。

 

そして、筋肉を付けると、基礎代謝が上がります。

筋肉をつけると、エネルギー消費量が増えるホルモンの
分泌量が増えますので、痩せやすくなります。

また、筋肉量が多い人は、少ない人に比べて
同じ運動量でもエネルギー消費量が多くなります。

ようは、燃費が悪くなる、という事ですね。

あと、筋肉を維持するのにもエネルギーを消費します。

筋肉1kgを維持するのに必要なエネルギーは1日約13kcalなので、
これ自体は体重にほとんど影響を与えませんけどね。

 

基礎代謝を上げる主な方法はこの4つですが、
これら以外にも様々な方法があります。

胃腸の調子を整える、血流を良くする、筋肉をつける、
これらの具体的な方法は説明するときりがないので、
このサイトで少しずつ紹介していきます。

また、その他の基礎代謝を上げる方法も
このサイトで少しずつ紹介していきます。

 

基礎代謝を高くすることは、
簡単ダイエットには欠かせないものになります。

最低限意識はしておくといいでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*