空腹 イライラ 原因 解消法


空腹 イライラ 原因 解消法 について

 

「ダイエット中に食べる量を減らすと空腹でイライラする!」
と、あなたは悩んでいませんか?

そして、耐えられなくなってついつい食べる量が増えてしまう、
なんてなってしまいますよね。

そうすると、結局痩せることができない、という事になってしまいます。

 

空腹でのイライラで悩む人は本当に多く、
それが原因で痩せることができない人って多いですよね。

また、イライラが続くとストレスがたまって太りやすくなる、
という人も少なくありません。

onaka_heru_woman

 

そこで、ここでは空腹でイライラする原因と、
イライラを解消する方法を紹介します。

 

空腹でイライラする原因

 

空腹でイライラするのは、血液中の糖の濃度が低くなるからです。

 

炭水化物・糖質などを食べたて腸から吸収されると、
血液中の糖の濃度が高くなります。

しかし、時間とともに糖の濃度が下がります(糖尿病の方を除く)。

そして、血液中の糖が足りなくなると、
脳の空腹中枢に「糖が足りません」という信号が送られます。

そうすると、空腹中枢が「糖補充してください」と命令を出すわけです。

その命令が「空腹感」になります。

 

そして、空腹中枢に信号を送るのと同時に、
脳の怒りやイライラといった感情を司る「扁桃体」というところにも
「糖が足りません」という信号が送られてしまうのです。

そして、偏桃体からも「糖を補充してください」と命令を出すわけです。

この偏桃体から出される命令が「イライラ」です。

 

ですから、空腹でイライラするのは、
脳が「糖分が不足しているから補充してください!」と
命令を出しているからです。

 

あともう一つ知っておくべきことは、
血液中の糖の濃度が急激に高くなると、その後急激に低くなります。

そうなると、空腹のイライラが強くなります。

逆に、血液中の糖の濃度の上昇が緩やかだと、
その後の血糖値の下降も緩やかになります。

そうなると、空腹のイライラが緩和されます。

 

空腹のイライラを抑えるには?

 

空腹のイライラを少しでも抑えるには、
食事の糖質(炭水化物等)が腸から吸収されるスピードを
ゆっくりにすればいいです。

それには、糖質の前に食物繊維を食べるといいです。

食物繊維が腸で糖質の吸収されるのを邪魔してくれるので、
吸収スピードが遅くなります。

食物繊維は主に野菜に含まれていますよね。

ですから、ご飯(白米)、パン、麺類などを食べる前に野菜類を食べると
糖質の吸収スピードが遅くなるので、空腹のイライラを抑えることができます

 

空腹でイライラを感じたときの対処法

 

空腹でイライラしたときは、
糖質を摂取する以外にイライラを抑えることはできない、
と考えていいです。

何かに熱中することで気分を紛らわせることができますが、
それでも限界はあります。

ですから、なにかをしてイライラをまぎらわすことは大切ですが、
紛らすことができない時は糖質を摂取したほうがいいです。

 

おススメなのが「イモ類」です。

さつまいもやじゃがいもには食物繊維が含まれています。

ですから、少し食べれば長時間空腹を抑えることができます。

ただし、イライラがおさまるまで時間がかかります。

そういう時は、フルーツを少し食べるといいです。

フルーツの糖質は腸からの吸収スピードが早いので、
比較的短時間で空腹によるイライラを抑えることができます。

そして、フルーツを食べた後にイモ類を食べれば、
長時間イライラを抑えることができます。

ちなみに、じゃがいも100g(中サイズ1個くらい)で約76kcal
オレンジ100g(中サイズ1/2個くらい)で約40kcalですから、
2つ合わせても116kcalです。

そんなにカロリーが高いわけでもありません。

 

 

ただし、ポテトチップスなどを食べるのはおススメできません。

ポテトチップスは油分が多い分、カロリーが高いです。

某メーカーのポテトチップスのうす味は1袋(60g)で330kcalです。

 

ただ、イモ類とフルーツを食べるのはちょっと手間がかかりますよね。

仕事中にじゃがいもとオレンジを食べるのは難しいと思います。

仕事中などに空腹でイライラしたら、飴玉を舐めるといいでしょう。

飴に含まれる糖分は吸収が早い、と考えていいですが、
ゆっくり舐めれば幾分かはましです。

そして、飴のカロリーはそんなに高くはありません。

飴玉1個で20kcal前後です
(商品によって違いますので、確認してください)。

ただし、飴玉1個でイライラを抑えることはできないでしょう。

2~3個くらい舐めてやっとイライラを抑えることができますよ。

 

ちなみに、牛乳を飲むとイライラを抑えることができる、
と言われていますよね。

これは、カルシウムが不足するとイライラするのですが、
その時に不足したカルシウムを補えばイライラを抑えることできる、
と考えられているからです。

つまり、イライラの原因がカルシウム不足の場合に、
牛乳を飲むことでイライラを抑えることができます。

牛乳を飲んでも糖質不足が原因のイライラを抑えることはできない、
と考えていいですよ。

カルシウム以外の各種ミネラルやビタミンが不足しても、
イライラを感じることがあります。

もし、糖質を補ってもイライラを抑えることができない場合は、
ミネラルやビタミンが不足しているかもしれません。

栄養バランスの取れた食事を心がけることは、
ダイエット中のイライラを抑えるうえでも非常に大切ですよ。

 

「ダイエット中なのに糖質を補ってしまったら痩せなくなるのでは?」
と思いませんでしたか?

そうです!

「摂取カロリー<消費カロリー」にならないと体重は減らないので、
摂取カロリーを増やしたら痩せにくくなりますよね。

ですから、イライラしないように、
糖質の吸収スピードをゆっくりにするよう心がけるべきです。

そのうえでどうしてもイライラする時は、
糖質を補充するようにしましょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*