お腹のたるみをなくす方法


お腹のたるみをなくす 方法 について

 

「最近、お腹がたるんできたけど、なんとかならないかなぁ?」
なんて、悩んでいませんか?

まるで浮き輪を付けているかのようなお腹のたるみ、
なんとかしたい!と思っている人は多いですよね。

 

そこで、ここではお腹のたるみを簡単になくす方法を紹介します。

waist_woman_thin

 

お腹のたるみの原因

 

お腹のたるみをとるには、まずはおなかがたるむ原因を知る必要があります。

 

お腹のたるみの原因は、お腹周りの皮下脂肪です。

お腹周りに脂肪が増えるとおなかがたるんでくるのは
想像できますよね。

 

お腹周りに皮下脂肪が付くのは、
食べ過ぎや運動不足のほかに、お腹周りの筋肉の衰えがあります。

 

筋肉はついているだけでエネルギーを消費します。

という事は、筋肉が衰えているところはエネルギーを消費しません。

筋肉を維持するのに必要なエネルギーは脂肪からも作られますが
筋肉が衰えている周辺の脂肪は筋肉を維持するために使われません。

ですから脂肪が減らず、つきやすくなるのです。

 

日常生活では、腹筋はなかなか使われません。

脚の筋肉は歩いたり立っていたりすれば使いますよね。

腕の筋肉も手を動かせば使います。

ただし、腹筋は起き上がるときなどしか使わないです。

使わない筋肉はどんどん衰えていきます。

ですから、腹筋の筋肉は衰えやすいのです。

ですから、お腹がたるんでしまうのです。

 

お腹のたるみをなくす簡単な方法は?

 

お腹のたるみをなくすには、
まず体脂肪が付かないようにする必要があります。

体脂肪は、「消費カロリー<摂取カロリー」になるとつきます。

逆に「消費カロリー>摂取カロリー」になると体脂肪が減ります。

ですから、まずは「消費カロリー>摂取カロリー」にして、
体脂肪を減らしていく必要があります

 

そのうえで、お腹周りの筋肉を鍛える必要があります

お腹周りの筋肉を鍛えれば、脂肪は付きにくくなりますので、
お腹のたるみを解消することができるのです。

お腹周りの筋肉を鍛えるには腹筋を鍛えればいい、
と思う人は多いのではないでしょうか?

確かに腹筋を鍛えればお腹のたるみを解消できるでしょう。

しかし、腹筋を鍛える運動をしてお腹のたるみを解消できた人って
かなり少ないと思います。

腹筋は簡単に鍛えることはできないです。

1日150回腹筋運動を繰り返したけど、腹筋に筋肉がつかなかった、
なんていう話もあるくらいです。

 

お腹周りの筋肉は腹筋だけではありません。

腹筋よりも、もっと簡単に鍛えることができる筋肉があるんです。

それは「インナーマッスル」です。

インナーマッスルは誰でもできる簡単なことをするだけで、
すぐに鍛えることができるんです。

しかも、体の内側の筋肉を鍛えますので、
腹筋が割れたり、見た目筋肉質になる心配がありません。

そして、インナーマッスルを鍛えることで、代謝を高くすることができます。

つまり、消費カロリーを増やすことができるわけですね。

 

という事は、インナーマッスルを鍛えることで脂肪が付きにくくなり、
そして、消費カロリーを増やすことができる、
つまり、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にしやすくなる
という事になります。

 

運動が苦手な人でも簡単にインナーマッスルを鍛えることの
できる方法は以前説明しました。

興味のある方は参考にしてください。

参考記事:インナーマッスルのダイエット効果と鍛え方~簡単に脂肪が燃える体質へ!

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*