ダイエットに効果的な水の飲み方


ダイエットに効果的な水の飲み方 について

 

「1日1.5ℓの水を飲むと、美容にも健康にも良い!」
と言われていますよね。

それで、毎日ミネラルウォーターを飲んでいる人は多いですね。

 

しかし、水の飲み方次第で体重に影響が出ることを
知っていましたか?

水の飲み方次第で体重が増えることも減ることもあるんです。

a0002_006359

 

そこで、ここではダイエットに効果的な水の飲み方を説明します。

 

ダイエットに効果的な水の飲み方

 

ダイエットに効果的な水の飲み方は以下の通りです。

 

 体温以上の温度の水を飲む

冷たい水は腸に負担がかかります。

ですから、冷たい水を飲みすぎると腸の調子が悪くなります。

そうなると、便秘になりやすくなりますので太る原因となります。

37℃以上の水を飲みようにしましょう。

ただし、腸の調子を良くするにはある程度の刺激が必要です。

朝に冷たい水をコップ1杯飲むと、腸を刺激するので
便秘解消効果が期待できます。

ただし、刺激しすぎると腸の調子が悪くなるので、
冷たい水は朝起きたときに2杯(400ml)を限度とし、
それ以上は体温より高い温度の水を飲むようにするといいですよ。

 

あと、冷たい水を飲むと体が冷えます。

体が冷えは体重が増えやすくなりますので、
体を冷やさないようにするためにも
体温以上の温度の水を飲むといいです。

体温以上の温度の水も体を冷やしますが、
体温以下の冷たい水と比べる体を冷やさないです。

 

 体を温めるものを食べる

水には体を冷やす働きがあります。

お湯を飲んでも体を冷やします。

お湯の熱はすぐに体外に放出され体温と同じ温度になりますが、
お湯が体温と同じ温度になったら体を冷やします。

ですから、普段から体を温める食べ物を食べるようにするといいでしょう。

 

 できればミネラルウォーターを

ミネラルウォーターにはミネラルが含まれています。

ミネラルには脂肪を燃焼するのをサポートする働きがあります。

ですから、水道水よりもミネラルウォーターのほうが
ダイエット効果が高い、と言えますよ。

 

水分不足は太りやすくなり?

 

水分が不足すると健康や美容に悪い、と言われていますよね。

そして、太りやすくもなります。

 

まず、水分が不足すると血液がドロドロになるので、
血液の流れが悪くなって太りやすくなります。

そして、水分が不足すると便に水分を与えることができず、
かたくなって排出できなくなるので便秘になりますくなります。

便秘になると太りやすくなります。

 

ですから、水分不足にならないようにすべきです。

 

1日に必要な水分量は、約1.5ℓです。

これだけの水分を一気に飲むのではなくて
こまめに飲むようにしましょう。

 

ただし、水を飲みすぎると膀胱(ぼうこう)に負担がかかるので
良くないと言われています。

1日に5ℓ以上の水分を摂取するのはよくない、と言われています。

通常、食事で1日1ℓ~1.5ℓの水を摂取しますので、
飲む水の量は1日3.5ℓを限度としたほうがいいでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*