宿便 ダイエット


宿便 ダイエット について

 

「宿便を出すとダイエットできる!」
という事を聞いたことはないですか?

宿便を出したら痩せることができた、という人はたくさんいます。

resize.php1312

 

とはいっても宿便ってなかなか出すことができないですよね。

 

そこで、ここでは宿便を出すことのダイエット効果と
宿便の出し方について紹介します。

 

宿便とは?

 

宿便について、2つの解釈があります。

 

一つは、腸にへばりついた便のことを宿便と解釈されることがあります。

腸に便がへばりついていると、
食べ物から摂取した栄養を吸収できないので太りやすくなる、
それで、宿便を出すと栄養を吸収できるようになるので痩せやすくなる、
という事なんです。

しかし、腸の壁に宿便がへばりつくことはありません

腸は常に動いています。

ですから、腸の壁に便がへばりつかないんです。

万が一へばりついたとしても、すぐにはがれます。

 

時々「宿便は存在しない」と言われることがあります。

これは、腸の壁にへばりついている便は存在しない、
ということです。

「宿便は存在しない」という人の説明をよく見ると、
「腸に便がへばりつかない」と説明しています。

 

腸の壁にへばりついた便のことを宿便と言うのであれば、
宿便は存在しません。

 

もう一つ、便秘で腸に長時間ためられた便のことを宿便という事があります。

腸に便がためられると便から毒素が発生して、
その毒素が全身に運ばれてしまい、
代謝が下がるので太りやすくなる、という事になります。

ちなみに、ほとんどの辞書には「宿便」とは、
「便秘のため、長い間腸の中にたまっていた大便」(引用;大辞林)
と定義されています。

便秘になれば、腸に便が溜まってしまうのは周知の事実ですよね。

 

腸の壁に便がへばりつくことはありませんので、
ここでは宿便を「便秘で腸に長時間ためられた便」とします。

 

「便秘でなくても、宿便がたまると太りやすくなる!」
という宣伝文句を時々見かけますが、
ここでは便秘ではない人の宿便の出し方は説明しません。

腸の壁には便がへばりつかないので、
便秘ではない人は宿便はたまっていません。

ですから、便秘ではない人は宿便を出すことができません。

ないものを出すのはどう考えたって無理ですよね。

 

宿便を出すことのダイエット効果

 

宿便を出すこととは便秘を解消する、という事になりますね。

便秘を解消することのダイエット効果は以前説明しましたので
そちらをご覧ください。

参考記事:便秘を解消してダイエット!~簡単に痩せるための第一歩

 

「宿便を出せば2~3kg痩せることができるけど、
出るものが出たら体重が減らなくなる!
出るものが出たらその分体重が減って当たり前だ!」
という事を時々聞きます。

確かに、出すものを出したらその分体重が減ります。

ですから、宿便がたくさんたまっている人なら、
宿便を出すだけで2~3kg痩せることができるでしょう。

しかし、宿便を出した後は体重の減り方はゆっくりになりますが、
順調に痩せることのできている人が多いです。

個人差はありますが、
宿便が出た後、1ヶ月で1~2kgくらい痩せることのできている人が多いです。

 

出すものを出したら一度に大きく体重が減りますが、
その後は体重の減り方が緩やかになりますので、
宿便を出したら体重が減らないように感じてしまいます。

しかし、常に宿便をためないようにしていけば、
少しずつですが体重を減らすことができますよ。

 

ちなみに、太っている原因で一番多いのが「食べ過ぎ」です。

食べ過ぎると腸に負担がかかりますので便秘になりやすくなり、
宿便が溜まりやすくなります。

ですから、太っている人の多くは宿便を出すようにしただけで、
少しずつ体重が減っていますよ。

 

宿便を出してダイエットするには?

 

宿便がたまる原因は人によって違いがあります。

ただ、大半の人は腸が動かなくなったことが原因で
宿便がたまる、と言われています。

宿便がたまっている人の8割が、
腸が動かなくなったことが原因だとされています。

 

腸が動かなくなる原因は、
食べ過ぎなどによって腸に負担がかかっていたり、
脂肪などの食べ過ぎで腸内環境が悪化していたり、
食物繊維が不足していたりなど、
食事に原因がある場合がほとんどです。

腹筋が弱いせいで便秘になる、と言われることがありますが、
そう思われていた人でも食事に気を付けるようにしただけで
便秘を解消できている人が多いです。

腹筋が弱いと便秘になりやすいのは確かなんでしょうが、
それでも食事を変えるだけで便秘は解消できています。

 

宿便を出すのに一番効果的なのは、食物繊維を摂取することです。

 

乳酸菌を摂取すればいい、と思う人は多いのではないでしょうか?

しかし、乳酸菌で宿便を出すことのできる人は、
便秘初期の人です。

乳酸菌で腸内環境が良くなれば、
腸は正常に動くようになるので宿便を出すことができます。

しかし、長期間便秘の人が乳酸菌を摂取しても、
腸内環境はよくはならないです。

乳酸菌を摂取すれば多少は悪玉菌が減るかもしれませんが、
すぐに悪玉菌が増えてしまいます。

長期間便秘だと乳酸菌を摂取しても善玉菌が減らないほど
腸内環境は悪化しています。

 

食物繊維は腸に直接作用して正常に動かしますので、
どれだけ腸内環境が悪化しても宿便を出すことができます。

そして食物繊維は善玉菌のエサになりますので、
腸内で善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことができます。

ですから、腸内環境を良くすることもできるんです。

 

宿便を出すお茶を以前紹介しました。

食物繊維が豊富なので宿便を出すのに効果的です。

興味のある方は参考にしてください。

参考記事:宿便を出すお茶~副作用の心配がなく安全に宿便を出すには?

 

ただし、すべての人が食物繊維で宿便を出すことができるわけではありません。

ストレスが原因で宿便がたまっている場合は、
食物繊維を摂取しても宿便を出すことはできないでしょう。

便秘の解消法は以前の記事をご覧ください。

参考記事:便秘を解消してダイエット!~簡単に痩せるための第一歩

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*