1日1食ダイエット 効果 方法


1日1食ダイエット 効果 方法 について

 

最近、「1日1食ダイエット」が話題になっていますね。

健康的な生活を送るのであれば1日3食摂取したほうが良い、
とずっと言われ続けていただけに、
1日1食のほうが健康的だしダイエット効果もある、
なんて聞くと意外な感じがしますよね。

そして、1日3食しっかり食べたほうが健康的だ、という意見と、
1日1食だけのほうが健康的だ、という意見と
真っ二つに割れているような感じですよね。

テレビなどで医者が議論しているのを時々見ることもあると思います。

 

意見はいろいろあると思いますが、
ここでは1日1食ダイエットの効果と方法を説明します。

また、1日3食しっかり食べるのに比べて本当に健康的なのか、
検証していきます。

 

1日1食ダイエットの効果

 

1日1食ダイエットの効果は以下の通りです。

 

 食べ過ぎを解消できる

現代の日本は食べものに困ることはあまりありませんよね。

そんな食べ物が豊富にある状態で1日3食も食べていたら、
食べ過ぎになってしまう、ということです。

現代の日本であれば、1日1食でも十分に栄養を摂取することができるので、
そのほうが食べ過ぎを防ぐことができ
健康的に痩せることができる、ということです。

 

 胃腸に優しい

1日1食しか食べないのであれば、
食べない時間が24時間できる、という事になりますよね。

そうすると、胃腸への負担がかからなくなるので、
胃腸の調子が良くなる、ということです。

胃腸の体重や体調への影響はけっこう大きいので、
1日1食にして胃腸の調子が良くなれば、
健康的にダイエットできるでしょう。

 

 サーチュイン遺伝子の活性化

1日1食にすると、体が食糧危機だと認識してしまうので、
サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が活性化する、と言われています。

サーチュイン遺伝子が活性化されると、
健康的で長生きできるようになるだけではなく、
美肌などアンティエイジング効果などが期待できる、
ということです。

ただし、1日1食にしたら本当にサーチュイン遺伝子が活性化されるのか、
まだはっきりとわかっていないそうです。

ただ、美肌効果や健康効果を実感している人が多いので、
アンチエイジング効果を期待していいのではないか、という気がします。

 

食事の回数を減らすと太りやすいのでは?

 

「お相撲さんは1日2食しか食べないのは、そのほうが太りやすいからだ!」
という事を聞いたことはないでしょうか?

1日2食にすると、体がエネルギーをため込むようになるので
太りやすいと言われていますよね。

 

これは、実はウソです。

 

ただ、全面的にウソだという事ができるのかといえば
そういうわけではありません。

人間は1度に消化できる量に限界があります。

それで、限界を超えた分は腸周辺に脂肪としてためられます。

そして、腸周辺にためられた脂肪はなかなか使われません。

ですから、1日のカロリーが同じ場合、食事の回数を減らすと
1回の食事が増えて消化の限度を超えて食べる可能性が高いので、
腸周辺に脂肪が付きやすくなって太りやすくなる、
という事は言えます。

しかし、1回の食事のカロリーが変わらなければ、
腸周辺にためられる脂肪の量は変わらないので、
太りやすくならない、と考えていいです。

 

単純に、食事の回数にかかわらず、
1日の摂取カロリーが増えたら太る、減ったら痩せる、
と考えても大きな支障はないでしょう。

 

お相撲さんが太っているのは、
単純に1日の摂取カロリーが多いからです。

実はお相撲さんは間食をするので、
実際には1日3食食べている、なんていううわさもありますけどね。

 

1日1食ダイエットの方法

 

1日1食ダイエットの方法は、
いつ食べても構わないのでとにかく1日1食だけにします。

それ以外は何も口にしてはいけない、という事ではなくて、
フルーツやはちみつ、黒砂糖などを
おなかが空いたときに口にしても大丈夫です。

 

ただ、いくつかのポイントがありますので、以下にまとめます。

 

 できれば夕方に食事をする

寝ているときに栄養がゼロだと、
お肌が作られなかったり、体内の細胞が作られなかったりします。

また、成長ホルモンは寝ているときに作られますが、
栄養が不足すると作られなくなります。

そうなると、太りやすくなりますし不健康です。

ですから、寝ているときに栄養不足にならないためにも
できれば夕方に食事をしたほうがいい。

 

 良質のたんぱく質を摂る

1日1食にするとたんぱく質が不足する傾向があります。

ですから、魚、大豆など良質なたんぱく質を含む食品を
多めに食べたほうがいいです。

 

 野菜や果物を摂る

1日1食にするとビタミン、ミネラルも不足しやすいです。

ですから、野菜、果物も多めに摂取したほうがいいです。

 

1日1食ダイエットで本当に痩せることができる?

 

私は1日1食ダイエットはあまり積極的におススメするつもりはありません。

1日1食まで減らさなくても、
1日3食腹八分目まで食べるようにして間食をやめるだけで、
標準体重くらいまでは体重を減らすことができます。

1回の食事を腹八分目で止めることができない人が、
1日1食まで減らすことができるのかといえば、
それはかなり難しいでしょう

実際に1日1食ダイエットをした人の多くは挫折しています。

 

普段食べすぎていない人が
健康のために1日1食にするのはまだ簡単だと思います。

しかし、太っている人の多くは食べ過ぎています。

それなのにいきなり1日1食にしても耐えられないでしょう。

 

1日1食ダイエットは不健康だ、という意見もありますので、
本当に健康的に痩せることができるのか疑問もあります。

1日1食で必要な栄養を摂取できるのか疑問も残りますしね。

その他、様々な点から考えても
本当に健康的に痩せることができるのか疑問は残ります。

 

ただ、その前に耐えられない人が多いと思います。

もし、1日1食に耐えることができるのであれば、
すでに1回の食事量を減らすことができているはずですから、
ダイエットで悩むことはないはずだと思うんですけどね。

挫折せずできそうなことから始めていったほうがいいと思います。

 

ちなみに、1日1食にするよりも、1回の食事を腹八分目にするよりも、
朝食のカロリーを大幅に減らして残りの2食をしっかり食べたほうが
簡単に痩せることができます。

私は今まであらゆるダイエット法を実践しても痩せませんでしたが、
朝食を「酵素ドリンク」に置き換えることで大幅に痩せることができました。

1日断食を4回しましたが、それ以外は朝食を酵素ドリンクに置き換えたことで、
3ヶ月半で16.7kg痩せることができましたよ。

私のダイエット体験談は別のページにまとめましたので、
興味のある方は参考にしてください。

参考記事:私が3ヶ月半で16.7kg痩せたダイエット法とは?

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*