じゃがいも 太る


じゃがいも 太る について

 

「じゃがいもにはデンプンがたくさん含まれているから太りやすい!」
そう思っている人は多いのではないでしょうか?

糖質・炭水化物を減らすダイエット法が話題になっている影響もあって、
ダイエットをしている人は糖質をなるべく避ける、という人は多いですよね。

それで、じゃがいもにはデンプン(糖質)がたくさん含まれているので、
太りやすいからなるべく食べないようにしている、という人は多いですね。

a0002_005486

 

では、じゃがいもは本当に太りやすい食材なのか、検証します。

 

じゃがいもは太るってホント?

 

じゃがいもにはデンプンが豊富に含まれています。

デンプンは炭水化物とおなじように体内でブドウ糖に分解されます。

ですから、デンプンも炭水化物も体内で同じような働きをします。

それで、デンプンは炭水化物と同じように太りやすい、
という事になってしまうわけですね。

 

確かに、デンプンは腸から吸収されたら他の糖質と働きは同じです。

しかし、じゃがいものデンプンの一部は
レジスタントスターチという難消化性デンプンです。

レジスタントスターチは胃や小腸では消化されずに大腸まで届きます。

そして、大腸で善玉菌のエサになります。

ですから、腸の調子を整える働きがありますので、
レジスタントスターチにはダイエット効果が期待できます。

 

そして、レジスタントスターチはゆっくり時間をかけて消化されますので、
血糖値が急上昇しにくいです。

血糖値が急上昇すると、消化吸収された糖質が脂肪に変わりやすくなるので
太りやすくなります。

という事は、血糖値が急上昇しにくいレジスタントは
他の糖類に比べると太りにくい、という事ができます。

 

ですから、じゃがいもにはレジスタントスターチが含まれているので、
糖質が含まれる他の食材よりも太りにくい、という事ができます。

 

また、じゃがいもに含まれるたんぱく質は消化される過程で
ペプチドができます。

じゃがいもからできるペプチドは、
脳の満腹中枢を刺激しますので満腹感が感じやすくなります

ですから、食べる量を減らしやすくなりますので、
ダイエットをサポートする働きがあります。

 

その他、じゃがいもにはビタミンC、カリウムなど、
ダイエット効果の期待できる成分が含まれていますよ。

 

ちなみに、ビタミンCは熱で壊れやすい、と言われていますよね。

じゃがいもに含まれているビタミンCはデンプンにくるまれているため、
熱を加えても壊れにくい、と言われています。

 

以上のことから、じゃがいもは他の糖質を含む食材よりも太りにくい
という事が言えますね。

 

じゃがいもをより太らない食材にするために

 

じゃがいものデンプンの一部はレジスタントスターチといって太りにくいデンプンです。

レジスタントスターチは、調理法によって量が変わります。

じゃがいもを温めた後に冷ますとレジスタントスターチが増える
と言われています。

という事は、じゃがいもをゆでた後に冷やすポテトサラダは
レジスタントが多いので、より太りにくいと言えますね。

 

じゃがいもを食べる時の注意点

 

じゃがいもは、お米や小麦など他の糖質を含む食材よりも太りにくい、
という事ができます。

だからといって、ダイエット効果があるとまでは言えません

じゃがいものデンプンの一部は消化されにくいですが、
大半が普通のデンプンとおなじように普通に消化されてしまいます。

ですから、太る原因になる、と考えておいたほうがいいですよ。

 

じゃがいもには、
レジスタントスターチ、カリウム、ビタミンCといった
ダイエット効果が期待できる成分が含まれていたり、
あるいは満腹中枢を刺激してダイエットをサポートする働きのある
成分が含まれていたりします。

ただし、それ以上にデンプンがたくさん含まれているので、
じゃがいも全体で考えたらダイエット効果があるとまでは言えない、
という事になります。

 

ご飯(白米)のかわりにじゃがいもを食べるなど、
糖質を含む食材を食べる代わりにじゃがいもを食べれば
ダイエット効果が期待できるかもしれません。

しかし、野菜サラダをポテトサラダにしても
ダイエット効果は期待できず太りやすくなる
と考えたほうがいいですよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*