桃 効果 ダイエット


桃 効果 ダイエット について

 

「桃にはダイエットに効果的な成分が豊富に含まれている!」
という事を聞いたことがないでしょうか?

桃は中国では昔から「不老長寿の仙果」なんて言われるほど、
健康的な果物とされてきました。

そして、ダイエットにうれしい成分も豊富に含まれています。

 

「桃は甘いからカロリーが高くて太りそう!」
なんて思われがちですが、
実はカロリーは低く(1個200gで約80kcal)、
そしてダイエットに効果的な成分が豊富です。

a0731_000678

 

では、桃のダイエットに効果的な成分を説明します。

 

桃に含まれるダイエットに効果的な成分

 

桃に含まれるダイエットに効果的な成分は以下の通りです。

 

 ナイアシン

ナイアシンは水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB群の仲間です。

糖質、脂質、たんぱく質から
エネルギーを作り出すのをサポートする働きがあります。

つまり、ナイアシンを摂取することで糖質や脂質が燃えやすくなりますので、
ダイエット効果が期待できる成分です。

 

 ペクチン(水溶性食物繊維)

桃には水溶性食物繊維の一種であるペクチンが豊富に含まれています。

ですから、便秘解消効果が期待できますので、
ダイエットにもつながっていきます。

便秘解消には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を
バランスよく摂取する必要があります。

しかし、水溶性食物繊維は不足しがちです。

そこで、桃を食べることで水溶性食物繊維の不足を補うことができたら、
便秘解消効果が期待できます。

 

 カテキン

桃にはカテキンが豊富に含まれています。

茶カテキンには脂肪燃焼を促進する効果がある、という事は
テレビCMの影響もあって知っている人も多いと思います。

桃に含まれているカテキンも茶カテキンと同様に
脂肪燃焼を促進する効果が期待できます。

 

 カリウム

桃にはカリウムが豊富に含まれています。

カリウムはナトリウム(塩の主成分)を体外に排出する働きがあります。

ナトリウムはむくみの原因になりますので、
カリウムを摂取してナトリウムを体外に排出すれば
むくみ解消の効果が期待できます。

 

ダイエット効果を期待して桃を食べる時の注意点

 

桃にはクエン酸が含まれています。

クエン酸にはダイエット効果がある、と一時期話題になりましたが、
最近の研究で、クエン酸にはダイエット効果がないのではないか?
と言われるようになりました。

ですから、ここではクエン酸は
ダイエット効果が期待できないものと考えます。

 

また、食事を桃に置き換えるなど、桃ばかりを食べると
栄養が偏って健康的ではありません。

普段の食事で必要な栄養をしっかり摂取したうえで、
桃を上手に活用するようにすれば、
健康的なダイエットのサポートになるでしょう。

 

そして、桃を食べているからといって
安心してしまって食べる量が増えると太ると考えたほうがいいです。

桃にダイエット効果が期待できる成分が豊富に含まれているからといって、
1日の摂取カロリーが増えたら太る、と考えたほうがいいです。

桃の食べ過ぎも同じです。

桃が低カロリーでダイエットに効果的な成分が含まれているからといって、
1日に10個や20個食べたら太るでしょう。

おやつや夜食でせんべいやポテトチップスなどを食べているのであれば、
これをも桃に変えると、カロリーは減り痩身効果のある栄養を摂取できるので、
ダイエット効果が期待できるでしょう。

 

基本的に「摂取カロリー<消費カロリー」にならないと痩せないです。

桃を食べ、1日の総カロリーが増えないようにすれば、
ダイエット効果が期待できるでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*