食事制限 皮下脂肪


食事制限 皮下脂肪 について

 

「なかなか落ちない皮下脂肪をなんとかしたい!」
と、あなたは悩んでいませんか?

皮下脂肪は簡単にはつかないですが、
一度ついてしまうとなかなか落とすことができません。

しかし、何とかしたいと思って食事制限をする人も多いですが、
それでもなかなか落とすことができませんよね。

そこで、さらに食事を減らしてしまう人もいると思います。

しかし、どれだけ食事を減らしても皮下脂肪が落ちない、
なんていうことになってしまう人が多いと思います。

a0001_017414

 

では、食事制限をしても皮下脂肪を落とすことはできないのでしょうか?

また、皮下脂肪を落とすのに効果的な方法はないのでしょうか?

 

食事制限をしても皮下脂肪は落ちない?

 

皮下脂肪を落とすには、
「摂取カロリー<消費カロリー」にする必要があります。

 

私達が動くためには、食べた炭水化物や脂肪分などを
エネルギーに変える必要があります。

ただし、食事の量が多いと炭水化物などがあまります。

あまった炭水化物や脂肪などは体脂肪に変えられ
体内にためられます。

皮下脂肪はそのようにしてためられた体脂肪のことです。

 

逆に、食べる量が少なかったり運動量が多かったりして
炭水化物などが不足すると、
体内にためられた体脂肪をエネルギーに変えていきます。

それ以外の方法で体脂肪を減らす方法は、
手術以外にはありません。

つまり、皮下脂肪はエネルギーに変えないと落とすことができません。

ですから、「摂取カロリー<消費カロリー」の状態にして、
食べ物だけではエネルギーを作り出すことができず、
体脂肪をエネルギーに変えないといけない状態にしないといけないんです。

 

しかし、皮下脂肪はすぐには減りません。

体脂肪は、内臓周りに付く内臓脂肪と皮膚の直下に付く皮下脂肪の
2種類に分けることができます。

それで、体脂肪は内臓脂肪から落ちていきます。

内臓脂肪がある程度落ちてから皮下脂肪が落ちていくのです。

ですから、皮下脂肪が落ちるまでには時間がかかります。

 

それで、内臓脂肪がある程度落ちて皮下脂肪が落ちるようになるまで
頑張って食事制限をすると、
運が悪いと内臓脂肪が落ちなくなります。

それは、代謝が下がるからです。

 

食事制限によって代謝に必要な栄養が不足すると、
代謝が下がるので体脂肪が落ちなくなります。

炭水化物や脂肪をエネルギーに変えるには、
ビタミンB類をはじめ様々な栄養が必要になります。

そういった栄養が不足すると、炭水化物などがエネルギーに変わらないので
体脂肪としてためられてしまいます。

ですから、体脂肪が減らないどころか
体脂肪が増えてしまう事にもなってしまうのです。

あるいは、体温を維持したり体内器官を動かすのにも
さまざまな栄養が必要です。

そういった栄養が不足すると、
体内で消費されるエネルギーが減りますので、
炭水化物などが余ってしまい太りやすくなります。

 

代謝が下がるという事は、消費カロリーが減るということですね。

そこで、食べる量を減らして摂取カロリーを1日100kcal減らしたとします。

しかし、代謝に必要な栄養素まで減らしてしまって、
消費カロリーが200kcal減ってしまったとします。

そうなったら、「摂取カロリー<消費カロリー」にしたつもりなのが
代謝が下がったおかげで「摂取カロリー>消費カロリー」になってしまいます。

それでは、どれだけ頑張っても皮下脂肪は減らず、
増えていく一方ですね。

 

つまり、食事制限で代謝に必要な栄養まで減らしてしまうと、
皮下脂肪は減らず、逆に増えることだってあり得るのです

 

あと、食事制限をすると、体がエネルギーの消費量を減らすので、
痩せなくなると言われています。

人間の体は食糧不足に敏感にできていて、
食べる量が減ると「食糧危機だ!」と体が認識してしまうので、
エネルギー消費量を減らす、ということです。

体がエネルギー消費量を減らすためにすることは、
筋肉を減らすことです。

筋肉は付いているだけでエネルギー消費量を増やしてしまいます。

という事は、筋肉を減らせばエネルギー消費量を減らすことができますよね。

しかし、筋肉が減っても命に係わることはありませんし、
病気になることも少ないですよね。

ですから、体に悪い影響を及ぼさず消費エネルギーを減らすために、
筋肉を減らす、という事なんです。

1ヶ月に今の体重の5%以上減らしてしまうと、
体が消費エネルギーを減らそうと働いてしまう、と言われています。

 

つまり、急激に体重を減らしてしまうと代謝まで下がってしまうので、
皮下脂肪が減らなくなってしまう、という事になります。

 

食事制限をすると代謝が下がるので皮下脂肪が減らない、
と言われることがあります。

しかし、食べ過ぎている場合は、
食べる量を適正量まで減らさないと皮下脂肪は減りません。

運動をしても増やすことのできるエネルギー量はそんなに多くはありません。

ですから、食べ過ぎをやめないと皮下脂肪を減らすのは難しいです。

食事制限そのものが皮下脂肪を落とすのに効果がないのではなく、
食事制限の方法を間違えると皮下脂肪が減らない、と考えるべきです。

 

皮下脂肪を落とすには?

 

今説明したように、皮下脂肪を減らすには、
バランスのとれた栄養を摂り、急激に体重が減らないようにしながら、
「摂取カロリー<消費カロリー」の状態にする必要があります

ですから、食事制限をして皮下脂肪を減らそうと思ったら、
栄養バランスには細心の注意を払いながら、
無理のない範囲で食事を減らす必要があります。

 

でも、これって実践するとわかると思いますが、かなり難しいです。

少ない量のおかずをたくさんの種類食べないといけなくなります。

完全に自炊していれば、それぞれのおかずの作る量を減らせばいいですが、
スーパーなどで売っている惣菜は量の調節が難しいので、
そういうものに頼っていると品目を変えずに量を減らすというのは難しいです。

ですから、栄養バランスを取りながら摂取カロリーを減らすのは、
実際にはかなり難しくなります。

 

必要な栄養を摂りながらも摂取カロリーを減らせるダイエット法があります。

それは「酵素ダイエット」です。

 

酵素ダイエットは、1日1食を酵素ドリンクに置き換えるダイエット法です。

酵素ドリンクは多くの野草や野菜を発酵して作られています。

ですから、栄養が非常に豊富に含まれています。

それなのに、かなりカロリーが低いです。

ですから、摂取カロリーを減らしても代謝は下がらず、
逆に代謝が高くなりますので、非常に効率的にダイエットできるのです。

もちろん、皮下脂肪を落とすのにも非常に効果的ですよ。

 

酵素ダイエットの体験談をまとめたサイトがあります。

興味のある方は参考にしてください。

参考サイト:酵素ダイエット体験談

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*