夏太り 原因 対策


夏太り 原因 対策 について

 

「夏になるとなぜか太ってしまうんだけど…」
と、悩んでいませんか?

夏は痩せる季節だというイメージが強いですよね。

夏の暑さで胃腸が弱ってしまって食欲がなくなりがちなので、
痩せる傾向にあります。

natsubate_girl

 

しかし、夏になると太る人だっているんです。

特に現代は冷房が普及しているせいもあって、
夏に太る人が一昔前に比べると増えたのではないか、
と言われています。

 

そこで、ここでは夏に太る原因とその対策について説明します。

 

夏に太る原因

 

夏に太る主な原因は以下の3つです。

 

 栄養の偏り

夏になると、さっぱりしたものを食べたくなるせいか、
冷麦やそうめんばかり食べる人が少なくないですよね。

冷麦やそうめんばかり食べていて他のものを食べないと、
炭水化物以外の栄養を摂ることができなくなります。

炭水化物の摂りすぎは太りやすくなりますし、
ビタミン、ミネラル、たんぱく質などが不足しても太りやすくなります

ですから、冷麦やそうめんばかり食べると太りやすくなるのです。

また、アイスクリームやかき氷をたくさん食べると、
糖分の摂りすぎで太りやすくなりますよ。

ジュースの飲みすぎも糖分の摂りすぎで太りやすくなりますよ。

 

 体の冷え

冷房の効きすぎている部屋などに長時間いると、体を冷やしてしまいます。

体が冷えると血液の流れが悪くなったりするなどして、
代謝が下がります

それで、太りやすくなるんです。

節電で冷房がガンガンに効いているところは以前より少なくなったとはいえ、
まだまだたくさんありますよね。

 

 睡眠不足・質の低下

夜、暑いと寝ぐるしくなりますよね。

それで、睡眠不足になったり、睡眠の質が低下したりします。

睡眠不足や睡眠の質が低下したりすると、
代謝が下がりますので太りやすくなります

 

夏に太った時の対策

 

夏になると睡眠不足や睡眠の質が低下する場合は、
部屋を涼しくして眠ることが大切です。

冷房もつけずに部屋を閉め切って寝るのは、
睡眠の妨げになるだけではなく、
脱水症状や熱中症を起こす可能性もあって危険です。

窓を開けて寝るのは防犯の関係から考えても難しいと思いますので、
寝ている間は冷房をつけっぱなしにしたほうがいいです。

節電が求められていますが、
脱水症状を起こして体調を崩してまで節電する必要はない、と思います。

寝るときは日中よりも2℃くらい設定温度を高くし、
冷房の風が直接体に当たらないようにすれば、
寝ている間に体を冷やしてしまう、という心配はないでしょう。

 

あと、日中は冷房で体を冷やさないようにすることも大切です。

自宅の冷房は、寒さを少しでも感じたら
すぐに設定温度を上げたほうがいいでしょう。

また、職場や公共の場などでは
設定温度を変えるのは難しいですよね。

ですから、はおれるものを1枚用意し、
冷房が効きすぎているところでは着るようにするといいでしょう。

 

また、栄養が偏っている場合は、
栄養バランスのとれた食事を心がける必要があります。

サラダであれば暑い夏でも食べられないことはないと思いますので、
そうめんや冷麦の量を減らして野菜サラダを食べるようにするといいですよ。

 

栄養が偏りやすく、そして体が冷えやすい夏に
おススメのダイエット法があります。

それは「酵素ダイエット」です。

酵素ダイエットの時に飲む酵素ドリンクは、
非常にたくさんの野菜や野草を発酵して作られています。

ですから、非常に豊富です。

また、酵素ドリンクには体を温める働きがあります。

ですから、夏太り解消におススメです。

 

酵素ダイエットの体験談をまとめたサイトがあります。

興味のある方は参考にしてください。

参考サイト:酵素ダイエット体験談

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*