糖質制限で低血糖になる?~健康的にダイエットできるってホント?


糖質制限 低血糖 について

 

「糖質制限ダイエットをすると、低血糖になる可能性があるのでは?」
そのような疑問を持っている人が少なくありませんよね。

低血糖とは血液中の糖分が少なくなることです。

それで、食事から糖分を一切摂取しなかったら、
糖分が不足するので低血糖になるのではないか?
という疑問が出てきて当然だと思います。

201312021

 

そこで、ここでは糖質制限ダイエットをすると、
低血糖になる恐れがあるのか検証します。

 

低血糖とは?

 

まず、低血糖について簡単に説明します。

 

血液中に糖質が足りない状態を低血糖と言います。

血液中の糖の量は常に一定に保たれるように機能しています。

食事をした後などは、血液中の糖の量は増えますが、
インスリンが分泌されて血液中の糖の量を減らします。

そして、糖が適切な量になったらインスリンが分泌されなくなります。

逆に血液中の糖が不足したら、肝臓から糖が血液中に放出されます。

このようにして血液中の糖分を一定に保っているのです。

 

しかし、血液中の糖が少ないのにもかかわらず、
薬などの影響によってインスリンが分泌され続けることがあります。

そうなると、血液中の糖が少ないのにもかかわらず、さらに減らします。

また、肝臓が正常に機能しないと、
血液中の糖が不足しているのに糖が放出されなくなります。

そうなると、低血糖といわれる状態になります。

 

低血糖は、インスリンの過剰分泌や肝臓の異常が
原因であることが多いですが、
食事制限が原因で低血糖になることもあります。

血液中の糖を作り出すのには食べ物で栄養を摂る必要があります。

それで、体内で糖を作り出すための栄養素が不足すると、
血液中の糖分が不足していても糖を放出することができません。

それで、低血糖になってしまうのです。

 

低血糖になると、強い疲労感、めまい、思うように体を動かせない、
といった症状があらわれます。

さらにひどくなると、けいれんや意識消失といった
危険な症状があらわれることがあります。

 

糖質制限が原因で低血糖になるのか?

 

さて、今まで説明してきたとおり血液中の糖分は、
食事によって摂った栄養から作られます。

その主な栄養素は、炭水化物(糖質)です。

ここまでの説明だと、糖質を一切取らない糖質制限ダイエットを実践すると、
血液中の糖質を作ることができなくなるので、
低血糖になる、と考えることができますよね。

 

しかし、血液中の糖質の原料は炭水化物だけではありません。

実は、脂質やたんぱく質からも糖質を作ることができます。

つまり、糖質を一切取らなくても脂質とたんぱく質さえしっかり摂取していれば、
低血糖になる心配はない、ということになります。

糖質制限ダイエットでは、糖質の代わりにたんぱく質や脂質を摂っていれば
健康的だ、と言われています。

それは、たんぱく質や脂質が不足した糖質の代わりになるからです。

 

糖質制限ダイエットは低血糖にならないから健康的?

 

じゃあ、糖質制限ダイエットで低血糖になる心配がないのであれば、
健康的に痩せることができる、という事になるのでしょうか?

 

実は糖質制限ダイエットは健康的に良くない、という指摘は多いです。

糖質が不足するので、たんぱく質や脂質から糖質を作り出しますが、
糖質を作り出すのは肝臓です。

つまり、肝臓に負担がかかってしまうので、
肝臓が悪くなり、脂肪肝になる可能性が高くなるのでは
と指摘されています。

また、糖質を制限することで長期的に見てどのような害があるのか、
まだはっきりしていない、という指摘もあります。

 

それに対して、糖質制限ダイエットを推進する人たちは、
海外で糖質制限が健康的だという事が立証されているから、
全く問題はない、と主張しています。

また、日本でも糖尿病の方が糖質制限食を食べ続けた場合、
全く問題がない、という事が分かってきました。

しかし、海外で健康的だという事が立証されても、
日本人は健康的だという事にはなりません。

日本人と外国人は食習慣が違います。

ですから、体質なども違います。

それなのに、外国で健康的だということが立証されたからといって、
日本人も健康的だという事はできません。

代表的な例が医薬品やサプリメントです。

アメリカで普通に飲まれていて副作用の心配のない医薬品を、
日本人が飲んだら死亡した、という事が起こっています。

ですから、海外で問題ないと立証されても日本人にもそれが当てはまる、
という事はできないのです。

また、日本人で糖尿病の方が糖質制限食を食べて問題がなくても、
それが糖尿病でない人も問題がないとは言い切れないです。

糖尿病の方はインシュリンの分泌を促進する薬を飲むことで、
糖尿病の悪化を防いでいますが、
糖尿病ではない人がインシュリンの分泌を抑える薬を飲んだら、
低血糖になる可能性が高く、不健康です。

ですから、糖尿病の方の食生活が糖尿病ではない人にも健康的だ、
という事にはならないのです。

 

という事は、糖質制限ダイエットが
日本人にとって健康的なのかはよくわからないけど、
健康を害する恐れはある、という事になります。

であれば、健康を害する恐れがあるのであれば、
やめておいたほうがいいのではないか、と私は思います。

 

栄養バランスのとれた食事を食べていれば健康的だ、という事は、
ハッキリわかっているので、
極端に糖質を減らすことはせず、栄養バランスのとれた食事を摂りながら
ダイエットをしたほうが健康的といえるでしょう。

 

必要な栄養を摂りながらも
摂取カロリーを抑ることができるダイエット法があります。

それは「酵素ダイエット」です。

多くの人が「酵素ダイエット」で、健康的に痩せることができていますよ。

 

酵素ダイエットの体験談をまとめたサイトがあります。

興味のある方はそちらをご覧ください。

参考サイト:酵素ダイエット体験談

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*