宿便 出す お茶


宿便 出す お茶 について

 

「宿便を出すお茶はたくさんあるけど、どれが効果的なのだろう?」
と、悩んだことはありませんか?

ドラッグストアに行っても、薬局に行っても、
宿便を出すというお茶はたくさん売られていますよね。

たくさんあると、どれが効果的なのか迷ってしまいますよね。

a0006_000902

 

そして、もう一つ気になるのが副作用です。

宿便を出すお茶を飲んだら下痢になった、という人は、
実はかなり多いんです。

 

そこで、ここでは宿便を出すお茶はどれが効果的なのか、
そして、安全なのはどれか、解説します。

 

宿便とは?

 

テレビなどを見ていると、医者などが時々
「宿便というのは存在しない。」
と言っていることがありますよね。

確かに「宿便」という言葉は医学用語ではありません。

また、宿便について誤った解釈をされていることもあるので、
宿便というのは存在しない、と言われてしまっているのです。

そこで、まずは宿便とは何か、という事を説明します。

 

宿便とは、
「排出されないで大腸や腸内に長い間たまっている大便」(「kotobank」より)
のことです。

つまり、便秘によって長い間腸にたまっている便のことを宿便と言います

 

よく、宿便とは大腸の壁にへばりついた便、という説明を見かけます。

下水管の壁にヘドロがへばりつくように、
大腸の壁に便がへばりついているのが宿便で、
そういう状態になると腸から栄養を吸収できないので不健康だ、
という説明を見かけます。

しかし、大腸の壁に便がへばりつくことはありません

大腸は常に動いていますので、
仮に大腸の壁に便が付いたとしてもすぐにとれます。

 

テレビで医者が「宿便というのは存在しない」と言っているのは、
大腸にへばりついた便のことを宿便と言っているのでしょう。

実際に、そのように言う医者は、
「大腸の壁には便がへばりつかない」と解説していることが多いです。

 

以上のことから、宿便を出す、という事は、
便秘を解消して腸にたまっている大便を排出すること
と理解して問題ありません。

 

宿便を出すお茶の選び方

 

今までの説明で、
宿便を出すお茶とは、便秘を解消するお茶
という事はお分かりいただけますか?

それで、宿便を出すお茶を飲んで効果がなかった、
という人は少ないです。

宿便を出すお茶を飲んでも効果を実感できなかった人は、
体が下剤に慣れてしまって排便を促す成分を摂っても効果が出なくなった、
という人が多いです。

それ以外にもあまりにもひどい便秘だと、
便秘を解消するお茶を飲んでも効果がないでしょう。

 

ですから、重度の便秘でもない限り、
宿便を出すお茶を飲めば効果は実感できるでしょう。

 

それよりも問題なのが、
宿便を出すお茶を飲んだら効果がありすぎて下痢になった、
ということが頻発していることです。

実は、宿便を出すお茶には、下剤に含まれている成分と
同じ成分が含まれているものが多いです。

宿便を出すお茶として有名なのが「センナ茶」ですが、
センナ茶には下剤と同じ成分が入っている、ということを
知っている人は多いと思います。

また、キャンドルブッシュ(別名:ゴールデンキャンドル)にも
下剤と同じ成分が入っている、という事が指摘されています。

そして、キダチアロエにも、下剤と同じ成分が入っています。

 

宿便を出すお茶には
センナ、キャンドルブッシュ、キダチアロエ
のいずれか、またはすべてが配合されているものが多いですが、
それらは下剤と変わりません。

下剤は強引に腸を動かします。

そうすると、体は強引に腸を動かそうとする成分を
体にとって害のあるものと判断します。

体が害のあるものに対しては免疫機能が働いてしまいます。

それで、腸を強引に動かすものを摂っても、
体が一切反応しなくなってしまうのです。

ですから、下剤を飲んでも効果がなくなってしまうのです。

 

センナ、キャンドルブッシュ、キダチアロエの含まれている
お茶を飲み続けたら、宿便が出なくなってしまいます

ですから、そういうお茶は飲まないほうがいいです。

 

あと、カテキンなどのポリフェノールが便秘解消に効果的だ、
と言われることがあります。

しかし、ポリフェノールには便秘解消の作用をするのと同時に、
便秘を悪化する作用もあります。

腸の運動を促す働きはありますので便秘解消に効果的です。

しかし、腸内の水分の分泌を抑制してしまうので、
便に水分を含ませることができず固くなってしまいます。

そうなったら、便秘になりやすくなります。

プーアル茶は、ポリフェノールが含まれているから
便秘解消に効果的だと言われています。

しかし、場合によっては便秘が悪化することもあり得るのです。

 

以上の成分が入っていない宿便を出すお茶は、
ほとんどが食物繊維入りのお茶になります。

食物繊維は基本的に副作用がありませんし、
宿便のがたまる一番大きな原因は、食物繊維です。

ですから、宿便を解消するには、
食物繊維が豊富なお茶がおススメです。

 

ただし、食物繊維の摂りすぎには注意が必要です。

食物繊維には不溶性と水溶性の2種類あります。

それで、特に注意が必要なのが不溶性食物繊維です。

摂りすぎると、便に含まれている水分を吸収してしまいます。

それで便がかたくなったら、便秘になりやすくなります。

もう一つ、水溶性食物繊維は逆に便に水分を与えますので、
便秘が悪化する事は考えられません。

水溶性食物繊維は、多く摂りすぎると下痢になる恐れがあります。

といったことを考えると、
便秘がひどくなる恐れのない水溶性食物繊維の含まれている
お茶がおススメになります。

水溶性食物繊維が主成分のお茶でおススメなのは
するっと抹茶」です。

「するっと抹茶」は、無添加、ノンカフェインという事もあって、
安全性はかなり高いです。

それなのに、腸にたまった宿便を出すことができた、
という人が非常に多いんですよ!

 

「するっと抹茶」の体験談をまとめたサイトがあります。

興味のある方は参考にしてください。

参考サイト:安全な便秘お茶「するっと抹茶」の体験談

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*