食べる順番ダイエット 痩せない


食べる順番ダイエット 痩せない について

 

「食べる順番ダイエットをしてるけど、なかなか痩せない!」
と、悩んでいませんか?

食べる順番を変えるだけで痩せることができる
というのが「食べる順番ダイエット」です。

食べる量を減らさなくても、運動をしなくても
食べる順番を変えるだけで痩せることができるなら、
そんな簡単なダイエット法はないですよね。

seikatsu_syukan_woman_bad

 

でも、ちょっと待ってください。

本当に食べる量を減らさなくても、運動量を増やさなくても
食べる順番を変えるだけで痩せることができると思いますか?

実は、それでは痩せることができないんです。

 

「食べる順番ダイエット」は、方法さえ正しければ、
ダイエット効果が期待できます。

しかし、方法を間違えると痩せることはできません。

逆に太ることさえあるのです。

 

では、なぜ「食べる順番ダイエット」にはダイエット効果が期待できるのに、
実践してもなかなか痩せることができないのでしょうか?

 

「食べる順番ダイエット」の痩せる理論

 

「食べる順番ダイエット」は、
食物繊維(野菜)⇒たんぱく質(肉類)⇒炭水化物(ごはんなどの主食)の
順番に食べる方法ですね。

炭水化物の前に食物繊維を食べると、
炭水化物が腸から吸収されるスピードがゆっくりになります。

それで、血糖値の上昇が緩やかになります。

血糖値が急上昇したら、
血糖値を元に戻すために糖質を脂質に変えていき、
体脂肪として体内に溜めていきます。

血糖値の上昇が緩やかになると、
糖質が脂質に変わりにくくなるので、
体内に体脂肪がためられにくくなります

ですから、ダイエット効果が期待できる、という事になります。

 

また、炭水化物の吸収スピードが遅くなるという事は、
長時間糖質が吸収し続けられる、という事になります。

という事は、血糖値が低くならない状態が続きます。

ちなみに、空腹感と血糖値は深い関係にあります。

血糖値が高いと満腹感を感じ、血糖値が低いと空腹感を感じます。

炭水化物の吸収スピードが遅くなると、
血糖値が低くならない状態が続くので、
長時間空腹感を感じなくなります

そうなると食べる量を減らしやすくなるので、
ダイエット効果が期待できる、という事になるのです。

 

食べる順番ダイエットで痩せない理由とは?

 

食物繊維を先に食べることで、血液中の糖質が脂質に変わりにくくなります。

しかし、糖質はエネルギーに変えられず余ってしまったら、
そのうち体脂肪として体内に溜められてしまいます。

糖質の吸収スピードが遅くなると脂肪に変わりにくくなる、というのは、
脂肪に変わる時間が遅くなる、と表現したほうが正確かもしれません。

糖質と脂質を比べると、糖質のほうがエネルギーに変わりやすいです。

ですから、糖質が脂質に変わる時間が長くなると、
糖質がエネルギーに変わりやすくなります。

しかし、糖質の量が同じなら作り出されるエネルギー量は同じです。

糖質の吸収スピードがゆっくりになっても、
エネルギーを作り出すのに必要な糖質の量は変わらないです。

 

例えば炭水化物を300kcal摂取したとします。

運動によって消費したエネルギーを200kcalとします。

エネルギーとして使われなかった残りの100kcal分の炭水化物は、
体脂肪として体内にためられます。

炭水化物の吸収スピードが遅くなっても、
あまった炭水化物は体内にためられます。

 

糖質が脂肪に変わりにくくエネルギーに変わりやすいというのは、
エネルギーを作り出しやすい状態にある、という事です。

例えば、普段であればジョギングを5kmが限界のところを、
糖質がエネルギーに変わりやすくなるために、6km、7km頑張ることができる、
ということです。

つまり、普段よりも疲れにくくなるので、
運動量を増やしエネルギー消費量を増やしやすくなる、という事です。

 

もう一つ、糖質の吸収スピードが遅くなると、
長時間空腹感を感じにくくなるので食事量を減らしやすくなります。

お腹が減っていなくても決められた時間になったら、
毎回同じ量の食事を食べる、という事であれば、
長時間空腹感を感じなくてもダイエット効果は期待できません。

 

という事は、糖質の吸収スピードが遅くなっても、
食事量や運動量に変化がなければ、
つまり摂取エネルギーや消費エネルギーに全く変化がなければ、
ダイエット効果が全くない、という事になります。

 

「食べる順番ダイエット」は、
空腹感が感じにくくなって摂取エネルギーを減らしやすく、
エネルギー消費量を増やしやすくなるので、
ダイエット効果が期待できるのです。

食べる量を変えなくても運動量を変えなくても痩せることができる、
というダイエット方法ではありません。

 

「食べる順番ダイエット」がテレビで紹介されるとき、
「食べる量を減らしやすくなる(間食を減らしやすくなる)」
「エネルギー消費量が増えやすくなる(運動量を増やしやすくなる)」
という説明はされています(私が見ている限り)。

しかし、「食べる順番を変えるだけ」という事が強調されるので、
「食べる量を減らさなくても運動しなくても痩せることができる」と
どうしても誤解しがちです。

「食べる順番ダイエット」は非常に効果的なダイエット法です。

他にもきちんと実践すれば効果はあるのに、
誤解されていることで多くの人が効果を実感できない
ダイエット法はあります。

「食べる順番ダイエット」はその典型例だと思います。

 

ダイエットに効果的な方法は?

 

「食べる順番ダイエット」は、
消費カロリーを増やしやすく摂取カロリーを減らしやすくなるので、
ダイエット効果が期待できる、というものです。

「食べる順番ダイエット」を実践して、
消費カロリーを増やしたり摂取カロリーを減らしたりできなければ、
ダイエット効果は期待できません。

 

つまり、ダイエットは結局のところ
消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らさないと
効果が期待できない、という事になります。

ただ、それは言うのは簡単ですが実践するのは非常に難しいですよね。

 

消費カロリーを比較的簡単に減らすことのできるダイエット方法があります。

それは「酵素ダイエット」です。

酵素ダイエットは1日1食酵素ドリンクに置き換えることで、
大幅に摂取カロリーを減らすことができるダイエット法です。

食事を酵素ドリンクに置き換えてもそんなに空腹感は感じないので、
比較的簡単に摂取カロリーを減らすことができるんです。

 

酵素ダイエットの体験談をまとめたサイトがあります。

興味のある方はそちらをご覧ください。

参考サイト:酵素ダイエット体験談

 

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*